( ^ω^)ξ゚゚)ξずっといっしょ のようです
1 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:01:55.34 ID:9S837p6w0
過去ログ
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1213020322/

(続編を報告してくれた方、ありがとうございました。)

関連記事( ^ω^)ξ゚゚)ξずっといっしょ のようです その1


5 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:07:36.36 ID:bcfJ3ac5O

ktkr
11 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:11:45.98 ID:PFMFCrXj0
来てる!

12 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:12:17.50 ID:G6e30WeY0
うっはwww連続遭遇wwwwこりゃ運がいい
19 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:15:32.01 ID:JVF++3xC0
続きktkr!
+(0゚・∀・) + ワクテカ +

2 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:03:02.25 ID:9S837p6w0
夜が明けて、朝になっても二人はほとんどしゃべりません。
二人で食べる朝ごはんが、こんなに楽しくないのは初めてのことでした。

ブーンは無言で食器をかたづけ、身支度をはじめます。

(  ω )≪いってきますお……≫

ξ゚゚)ξ≪……≫

ブーンはさびしそうに、漁に出かけました。
そんなブーンを目で追いながらも
ツンは何も話しかけることができませんでした。

ξ゚゚)ξ≪……行っちゃった≫

ツンは水をいれたやきものの杯を握りしめながら
出て行くときにブーンが閉めた、戸をずっとながめていました。

3 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:05:04.87 ID:9S837p6w0
握りしめたやきものの杯から、ざらざらとした感触が
ツンの手に伝わりました。

ξ゚゚)ξ(……土○は○人なのよ、確かに。
       でも、あいつのせいじゃないのよね)

ツンは水を飲み干すと
空になった、やきものの杯を見つめました。

ξ゚゚)ξ(……あたしがこんなとこに流れ着いたのも、
       あいつが土○なのも、ぜんぶあいつのせいじゃないのに)

ふと、イギリスで使っていた銀のお皿の冷たい感触を思い出しました。
不器用なやきものからは、それとは逆のぬくもりが伝わってきます。

ξ゚゚)ξ(もし、逆の立場だったらどうだったんだろ?
       あいつがイギリスに流れ着いてきたら、
       あたしはあいつに、やさしくしてあげられたかな?)

6 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:08:11.40 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪……また、海でも見ようかな≫

いつものように、ツンは海岸へと向かいました。
いつもの海岸の、いつも座るところに腰かけました。

でも、なぜかいつものようにはパパやママの姿は浮かんできません。

ξ゚゚)ξ(たしかにイギリスには早く帰りたいわよ。
       こんな野蛮な島にいるのは、もーうんざりだもの。
       でも、だからって、あいつを傷つけていいわけじゃない)

ツンは、海岸の砂を手にとりました。
砂はさらさらと、ツンの指と指のあいだからこぼれていきます。

ξ゚゚)ξ(夕方、あいつが帰ってきたら
      そこだけは、ちゃんと謝らないとね)
      
ツンはこぼれる砂を見つめています。

ξ゚゚)ξ(……あいつに頭を下げるなんて
       なんだかちょっと悔しいけど)

砂が全部こぼれおちたあとも、ツンはまだ自分の手を見つめていました。

7 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:09:38.40 ID:9S837p6w0
夕日が沈み、あたりはどっぷりと暗くなりました。

ξ゚゚)ξ(……そろそろ、帰ろう)

ツンはブーンの家で、彼の帰りを待つことにしました。

ξ゚゚)ξ≪……遅いわね≫

いつもなら、ブーンはだいたい暗くなる前に帰ってきます。
ふだん漁にいく小船には、たいまつを載せてはいないからです。

ここまで帰りが遅くなったのは、はじめてのことでした。

ξ゚゚)ξ(……あいつ、どうしたのかな?)

だんだん、おなかがすいてきました。
それでもブーンは帰ってきません。

ξ#゚゚)ξ≪……もう!何なの、あいつ?
        やっぱり謝るのやめた!!≫

待って、待って、待ちすぎて。
ツンは何だか眠くなってきました。

ξ--)ξ≪何よ……いつになったら…帰って…くるのよ……
        こんなに…人を……待た…せて……
        謝らなきゃ…許して…あげないんだから……≫

とうとうツンは寝てしまいました。

9 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:10:58.98 ID:9S837p6w0
ξつ-)ξ≪……あれ、もう朝?≫

小鳥たちの鳴き声で、ツンは目を覚ましました。
いつもなら、朝ごはんを作り終えたブーンがツンをやさしく起こします。
ツンが一人で起きたのは、この島に来てはじめてのことでした。

ξ゚゚)ξ(あたし……あのまま寝ちゃったんだ)

あわててツンは家の中を見回しましたが、
寝る前とまったく変わりはありませんでした。

そう、ブーンはあのまま帰ってこなかったのです。

ξ゚゚)ξ(……あいつ、どうしちゃったんだろう)

昨日の朝ごはんをブーンといっしょに食べたっきり、
ツンは何も食べていませんでした。

おなかはぺこぺこでしたが、なにも食べる気にはなれません。

何かあてがあるわけではありませんでしたが
家の中でひとりでいても何だかいらいらするので
ツンは外に出て行きました。

13 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:12:41.98 ID:9S837p6w0
外に出て、村をうろうろしていると
ちょうど村の男たちが漁に出かけるところでした。

前から、顔のよく似た二人の男が歩いてきました。

( ,,゚Д゚) 「今日もいい天気〜。いっぱい魚取るぞゴルァ」

ミli-Д-彡「ギコは朝から元気すぎるって。
       普通、朝はつらいから……」

( ,,゚Д゚) 「お前も所帯持ちなんだから、もっと頑張らなきゃいかんぞゴルァ」

ミ,,゚Д゚彡「ん〜、まあ頑張るつもりはあるけど。
      でも、つらいもんはつらいから……」

( ,,゚Д゚) 「まあ、そりゃそうなんだけどよ……」

ミ,,゚Д゚彡「だろ?」

( ,,゚Д゚) 「でもよ、口に出すとかえって辛くなるだけじゃねえか。
     俺もさ、しぃに美味いもん食わせてやりてえんだよ。
     お互い、気合入れてこうぜゴルァ!!!」

ミli-Д-彡「まあ、海に出たらちゃんと気合入れるから。
       今のうちだけでいいから、ぼーっとさせてほしいから……」

15 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:13:53.20 ID:9S837p6w0
ツンは二人組の男に話しかけてみました。

ξ゚゚)ξ≪あの、ちょっといいかしら?≫

ミ,,;゚Д゚彡「うぉ!異人だ!!」

( ,,゚Д゚) 「異人くらいでびびるなよ……あれだろ?
     最近この島に流れ着いたとか聞いたぞ。
     確かブーンの家でいっしょに暮らしてるって話だ」   

ξ゚゚)ξ(イ……ジン?何のことかしら)

( ,,゚Д゚) ≪おう、あんた、あれだよな?
      最近流れ着いたとかいう南蛮の人だろ?≫

ξ゚゚)ξ≪そうよ、あんたたちもこの島の人よね?≫

ミ,,;゚Д゚彡≪あ、ああ。そうだけど≫

ξ゚゚)ξ≪ねえ、ブーン知らない?≫

( ,,゚Д゚) ≪え?あんたブーンと暮らしてるんだろ?
      確かしぃにそう聞いたぞゴルァ≫

ξ )ξ≪昨日から……帰ってこないのよ≫

ミ,,゚Д゚彡≪あ〜、昨日今日は見てないから……≫

( ,,゚Д゚) ≪あいつはけっこう遠くまで漁にいくからな……
      他の奴にも、見たかどうか聞いておいてやるぞゴルァ≫

20 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:15:38.35 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪面倒かけるわね≫

( ,,゚Д゚) ≪いいってことよ。何か聞いたら、しぃに話しておくから≫

ξ゚゚)ξ≪しぃ?≫

( ,,゚Д゚) ≪この前あんたに服渡した姉妹いたろ?
      つつましくてかわいらしい方が姉のしぃ、バカっぽいのが妹のつー≫

ξ#゚゚)ξ(……あいつらか)

ミ,,゚Д゚彡≪しぃちゃんはこいつの彼女だから≫

(,,*゚Д゚) ≪あ、あー……まあ、な。
       おっと、忘れてた。あんた、名前は?≫

ξ゚゚)ξ≪ツンって呼んでちょうだい≫

( ,,゚Д゚) ≪俺はギコ、こいつはフサギコってんだ。≫

ミ,,゚Д゚彡≪顔は似てるけど、別に兄弟じゃないから。
       血のつながりは全然ないから≫

( ,,゚Д゚) ≪そんなに似てるか?≫

ξ゚゚)ξ(……そっくりね)

ミ,,゚Д゚彡≪しいて言えばギコは髪が薄いからww≫

(,,#゚Д゚)≪お前が剛毛すぎなんだよゴルァ!!≫

22 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:16:56.82 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪……ギコにフサギコね。覚えたわ、よろしく。
       あ、ちょっと聞いてもいい?≫

( ,,゚Д゚) ≪おう≫

ξ゚゚)ξ≪「イジン」ってどういう意味?≫

ミ,,;゚Д゚彡≪……≫

( ,,゚Д゚) ≪……まあ、気にすんな≫

ξ゚゚)ξ≪隠すことないわよ、言ってちょうだい≫

( ,,゚Д゚) ≪……見慣れない姿のよそもの、ってことだ。
      だからどうなんだ、って言えばどうでもいいことだな≫

ミ,,;゚Д゚彡≪……ごめんなさい≫

ξ゚゚)ξ≪なるほどね。別に謝ることないわ。
       じゃあ、何かわかったらよろしく≫

( ,,゚Д゚) ≪おう、まかせとけ≫

ミ,,゚Д゚彡≪ちゃんとみんなに聞いておくから!
       たぶん心配しなくて大丈夫だから≫

そういい残して、ギコとフサギコは海へと向かいました。

25 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:19:45.85 ID:9S837p6w0
二人が行ってしまうのを目で追いながら
ツンは、ぽつりとつぶやきました。

ξ゚゚)ξ≪……イジン、か≫

ひとり残されたツンは、あてもなく歩きはじめました。

ξ゚゚)ξ(イギリス人のあたしから見ればあいつらは土○。
       でも、あいつらから見ればあたしはイジン。
       そう、ここではよそから来たのは私の方だもの)

ふらふらと、ふらふらと
ツンは見慣れない方へと歩いていきます。

ξ゚゚)ξ(でも、ブーンは違った。
       ここでは何もできないイジンのあたしのために
       いろいろ面倒をみてくれた)

いつも行く海辺とは逆の方向へ、知らない道を進んでいきます。

ξ゚゚)ξ(もし、私を見つけたのがブーンじゃなかったら
       あんな風に驚かれて、ほっとかれて……
       そのまま死んでたのかもしれない)

26 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:20:52.60 ID:9S837p6w0
今までは遠くからながめていただけの、お花畑に足をふみいれました。

ξ゚゚)ξ(あのペニサスっておばさんもそう。
       ここに流れ着いた見慣れない姿の私に
       まるでママみたいに優しくしてくれた)

美しい花々に気付くことなく、ツンはどんどん歩いていきます。

ξ゚゚)ξ(ほんとだったら、イジンのあたしが
       あのまま追い出されてもおかしくなかった。
       そしたら、やっぱりあたしは生きていけなかった)

気がつくと、ツンのすぐ目の前には森がありました。


――夜に森に入ったら、バチが当たっても仕方ないお――


ξ;゚゚)ξ(昼間は……だいじょうぶなはずよね?)

ツンはおそるおそる、中へと入っていきました。

29 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:22:33.19 ID:9S837p6w0
森の中は思ったよりも明るく、
木々はくだものや実をたくさんつけていました。

ξ゚゚)ξ(あ、このくだものは見たことあるわね)

この前、ペニサスの家でごちそうになったくだものが
木にぶらさがっていました。

ξ゚゚)ξ≪へえ……こんな風になってるんだ≫

ツンはくだものを1つもいでみました。
手にしたみずみずしいくだものをかじると、
新鮮な味と香りが口の中いっぱいにひろがりました。

ξ゚゚)ξ(あれ?この前食べたときの方がおいしかったな。
       こっちの方が新鮮なのに、何でだろう?)

おなかはもうぺこぺこなのに、なぜか食べる気がしませんでした。

ツンは食べかけのくだものをポケットに入れると、
さらに先に進んでいきました。

33 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:24:46.59 ID:9S837p6w0
奥へ、奥へと進んでいくと
ツンの目の前に、それはそれは大きな樹がありました。

ξ゚゚)ξ≪これが……神さまの樹?≫

思わずツンは見あげましたが、
首をいっぱいに上げても樹のてっぺんは見えません。
それくらい、大きな大きな樹でした。

ξ;゚゚)ξ≪……≫

ツンは、神さまの樹のまわりをぐるりと一周してみました。
途中で根っこに足を引っかけて、もう少しでころぶところでした。

神さまの樹に手をついて、ツンはその根っこを見つめます。

ξ゚゚)ξ(……ずっと昔、ここに誰かが大事なものを
       埋めて祈ったりしたのかもね)

遠い昔の、会ったこともない誰かの祈りに思いをはせて
ツンは、何だかしんみりした気持ちになりました。

ξ゚゚)ξ≪……行こう≫

祈る気もないのにこんな所に来て、
何だか悪いことをしたような気になってきます。
ツンはそのまま、森から出ていきました。

36 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:26:58.92 ID:9S837p6w0
いつものように海をながめる気にもなれず
ツンはまっすぐ家に帰ってきました。

うちの中でじっと座っていると
ふと、ポケットの中に入れたくだもののことを思い出しました。

ξ゚゚)ξ≪……食べちゃわないとね≫

そう言って、ツンはくだものをかじりました。

ξ゚゚)ξ(やっぱり、あのときの方がおいしかったな……)

あのとき、ペニサスの家で食べたくだものは
おいしく食べられるよう、井戸の水でよく冷やされてました。

ξ゚゚)ξ≪ううん。冷えてるかどうかなんて、そんなことが大事なんじゃない。
       おいしく食べられるように、あの人はわざわざ冷やしてくれた。
       きっとそういう心づかいがうれしかったのよ≫

あまり気はすすみませんが、残すのももったいないので
口の中のものをむりに飲みこみます。

ξ゚゚)ξ(……やっぱり、みんなで仲良く食べたから
       あのときはおいしかったのかな)

暗くなるまで、ツンはぼうっと考え事をしていました。

39 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:29:23.86 ID:9S837p6w0
次の日も、そのまた次の日も、ブーンは帰ってきませんでした。
夜になって、たくわえてあったお米を
ツンは見よう見まねで炊いて食べていました。

ひとりっきりの食事です。

ξ )ξ(ねえブーン、もう……会えないの?)

噛めばほのかに甘いはずのお米が、
どういうわけか苦い味がしました。

ξ )ξ(あ……)

ツンはポケットからロザリオを取り出し、見つめました。

ξ゚゚)ξ(あたし……あいつのことばっかり考えてる。
      お父様やお母様の待つイギリスに帰ることより、
      あいつに会いたいってことで頭がいっぱい)

ふとツンの目から、涙がこぼれ落ちました。

ξ;;)ξ(あたし……家族よりもイギリスよりも
       いつのまにか土○のあいつが大事になってる)

こぼれ落ちた涙のしずくがロザリオをぬらします。

ξ;;)ξ(嫌……もう会えないなんて嫌よ……)

いてもたってもいられなくなって、ツンは家の外に飛び出しました。

42 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:31:49.02 ID:9S837p6w0
外に出たツンがふと夜空を見上げると、
大きな大きなお月様がツンを見下ろしています。

ξ゚゚)ξ≪……あ、満月≫

思わずツンが森の方を見ると、
大きなかがり火があたりを照らしていました。

――満月の夜に神さまのところに集まって、みんなでお祈りしたり
   お酒のんだりしながら一晩大騒ぎしてすごすんだお――

ξ゚゚)ξ≪今日はお祈りする日、か……≫

――樹の神さまの根元に、自分の大事なものを埋めます。
   そして一心に神さまにお祈りをするのです。
   そうすれば、きっと神さまはその願いを叶えてくれるでしょう――

ξ゚゚)ξ≪……≫

ツンは一度家の中にもどってペニサスがくれた服にきがえました。
そして、さっきまで着ていた南蛮の服やロザリオを持って
もういちど、外にとびだしました。

44 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:32:52.29 ID:9S837p6w0
村のみんなと会わないように、遠回りしてこっそりと歩いて
森の入り口に着きました。

月明かりと、遠くのかがり火だけをたよりに
ツンは森の中に入っていきます。

昼間来たときの記憶を思い出しながら
真っ暗な森の中を、ゆっくり、ゆっくりと進んでいきました。

ふと、ツンの頭の中をペニサスの言葉がよぎります。

――私も、実際に願いが叶った人を見たことはありませんね。
   欲望のままに森に入って、死んだ人はいましたが――

ξ;゚゚)ξ≪……≫

ツンはいったん立ち止まってうつむきました。

ξ゚゚)ξ(でも、そんなこと気にしてられない。
       こうでもしなきゃ、あいつは戻ってこないんだから)

顔をあげて、もう一度歩きだしました。
足取りはゆっくりでしたが、胸をはって歩いていきます。

46 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:33:46.92 ID:9S837p6w0
とうとう、あの大きな大きな神さまの樹にたどりつきました。
ツンは樹の前に立つと、神さまに語りかけました。

ξ゚゚)ξ≪神さま、お願いです。ブーンに会わせてください。≫

大きな青い瞳から、涙がこぼれ落ちました。

ξ;;)ξ≪流れ着いた私に残ったものをすべて捧げます。
        『イギリス人としての私』をお受け取りください≫

ツンはロザリオや洋服など、この島に流れ着いたときに
身に着けていたものをすべて、大きな樹木の根元に埋めていきます。

ξ;;)ξ≪もうイギリスに帰りたいなんて言いません。
        この島の娘になりますから、どうかブーンを……≫

すべてを埋めたあと、ツンは目を閉じて祈りはじめました。

ξ‐‐)ξ(ブーンと二人、ずっといっしょにいたいんです。
       それが私の願いです。神さま、どうか叶えてください)

風がふいたのでしょうか、神さまの樹の上のほうから
さらさらと、葉っぱがゆれる音がしました。

ツンには、それが神さまからの合図にきこえました。

ξ;;)ξ≪ありがとう……ございます≫

そう言って、ツンは家へと帰っていきました。

48 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:34:54.18 ID:9S837p6w0
ξつ‐)ξ≪うーん……≫

ブーンの作る朝ごはんのにおいでもなく、小鳥の鳴き声でもなく
ざあざあという雨音で、ツンは目を覚ましました。

とびらからそっと外をのぞくと、ものすごいどしゃぶりです。

ξ;゚゚)ξ≪……すごい雨ね≫

これはもう、外に出るどころではありません。
ツンは、家の中でじっとしていることにしました。

とうとう風も強くなってきました。
きっと、海では嵐になってることでしょう。

ξ;゚゚)ξ(あいつ、大丈夫かな……)

ふと、風でさらさらと葉っぱが鳴る音を思い出しました。

ξ゚ー゚)ξ(ちゃあんと、約束したんだから。
      神さまがブーンを守ってくれるわね)

ごうごうと吹く風に、ちょっとだけおびえながら
ツンは神さまを信じることにしました。

49 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:36:23.55 ID:PFMFCrXj0
支援

50 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:36:46.04 ID:rIxsS1yAO
彼女の縁



she 縁なんつってwwwww










俺にもそんな縁下さい……

51 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:37:12.35 ID:9S837p6w0
こうして、ツンはブーンの帰りを待ち続ける日々を送りました。









.

55 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:39:36.75 ID:9S837p6w0
そんな、ある日のことです。

いつものようにブーンの帰りを待ち、夜になってツンが眠りについたあと
なんだか物音が聞こえてきました。

ξつ‐)ξ≪うーん……≫

( ;^ω^)≪あ、もしかして起こしちゃったかお?スマンコ≫

ξ゚゚)ξ≪!!≫

( ;^ω^)≪……えーっと≫

ξ;;)ξ≪ブーン!ブーン!!≫

ツンは泣きながら、ブーンにしがみつきました。

ξ;;)ξ≪……心配……したんだから……
        もう……逢え……ない……かと……≫

ツンはブーンの胸ですすり泣きました。
そのあとは、もう言葉になりません。

( *^ω^)≪……≫

ブーンはぎゅっ、とツンを抱きしめました。
ツンが落ち着いて泣き止むまで、ずうっと。

59 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:40:46.33 ID:PFMFCrXj0
デレ来たね

61 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:41:20.17 ID:ycAukvMuO
ブーン(´;ω;`)

62 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:41:34.88 ID:9S837p6w0
涙でブーンの胸をすっかり湿らせたころ、
ようやくツンは落ちつきました。

ξ゚゚)ξ≪ねえ、今までどこにいたの?何してたの?≫

( ;^ω^)≪まあ、確かに黙って出かけたのは悪かったお。
       でも、まさかこんなことになるとは思ってなかったんだお≫

ξ゚゚)ξ≪?≫

( ;^ω^)≪ちなみに、話すとけっこう長くなるお≫

ξ゚ー゚)ξ≪いいわよ、ゆっくりで≫

ツンは顔を上げて、ブーンを見つめました。

66 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:43:53.39 ID:9S837p6w0
( ^ω^)≪あの夜、ツンにああ言われて……≫

ξ )ξ≪……ごめんね≫

( ^ω^)≪いや、それはもう別にいいんだお。
       こっちこそ、反省しなきゃいけないんだお≫

ξ゚゚)ξ≪何が?≫

( ^ω^)≪ツンをイギリスに帰してくれるような、いい南蛮人。
       正直、まじめに探してたとは言えないお≫

ξ゚゚)ξ≪……≫

( ^ω^)≪ツンがイギリスに帰りたいのは当然だお。
       でも、ブーンは帰ってほしくなかったんだお≫

そう言うと、ブーンはツンをぎゅっと抱きしめました。

ξ*゚゚)ξ≪……≫

( ^ω^)≪二人でずっといっしょに暮らしたい、
       それが本音だったのは確かだお。
       でも、それはブーンのわがままだお≫

ξ゚゚)ξ≪あたしこそ、わがまま言ってごめんね。
       ブーンはなんにも悪いことしてないのに。
       あたしが帰れないのはブーンのせいじゃないのに≫

ツンもぎゅっと抱き返します。

71 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:46:01.43 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪ほんとだったら、イジンのあたしなんか
       ほっとかれても追い出されてもおかしくなかったのに≫

( ^ω^)≪それはないお!!≫

ξ゚゚)ξ≪なんで?≫

( *^ω^)≪ツンのことを見捨てるわけなんかないお。
       こんなに、かわいいのに≫

ξ////)ξ≪も、もうっ!いきなり何言い出すのよ!!≫

( *^ω^)≪いきなりなんかじゃないお。
       ずーっと、ツンのことが大好きだったお≫

ξ////)ξ≪ブ、ブーン……≫

ブーンはツンのちいさなあごに手をかけると、
ちょっとだけ上に向けました。

( *^ω^)≪……ツン、ちょっと目をつぶってほしいお≫

ξ////)ξ≪……うん≫

目を閉じたツンのくちびるに、ブーンもそっとくちびるを重ねました。

( *^ω^)(くちびるウマー)

73 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/14(土) 23:47:19.02 ID:UjpHabr3O
ブーンかわいいよブーン

75 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:47:48.43 ID:9S837p6w0
ξ*゚゚)ξ≪……ねえ、ブーン?≫

( ^ω^)≪?≫

ξ*゚゚)ξ≪ずっと、いっしょだよ?≫

( ^ω^)≪でも、イギリスに……≫

ξ゚ー゚)ξ≪もう、いいの。あたしはここで、ブーンと暮らすんだから≫

( *^ω^)≪……じゃあ、ずーっといっしょだお≫

二人は、そのままずっと抱き合っていました。

( *^ω^)≪……≫

ξ*゚ー゚)ξ≪……≫

80 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:50:01.50 ID:9S837p6w0
( *^ω^)≪……≫

ξ#゚゚)ξ≪……≫

ふと、ツンがその細くてきれいな眉毛をつりあげて、ものすごく怖い顔をしました。

ξ#゚゚)ξ≪ こ の 手 は な あ に ?≫

いつのまにかブーンの右手が、ツンのお尻のあたりをうろうろしていました。
ツンは、その手を思いっきりつねります。

( ;ω;)≪あ痛っ!痛い、痛いお!!≫

ξ#゚゚)ξ≪まったく……≫

( ;ω;)≪……≫

ξ*゚゚)ξ(がっつきすぎなんだから、もう……)

( ;ω;)≪ごめんおごめんお。ツン、怒ったかお?≫

ξ゚ー゚)ξ≪……≫

ツンは指先で、そっとブーンの涙をぬぐいます。
そしてもう一度ぎゅっ、とブーンを抱きしめると
今度は自分の方から、ブーンのほおに口づけをしました。

( *^ω^)≪……≫

ξ゚ー゚)ξ≪ふふ≫

84 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:52:14.31 ID:9S837p6w0
( ^ω^)≪そうそう、ツンにプレゼントがあるんだお≫

ブーンは、ずた袋からきれいな木の箱を取り出しました。

ξ゚゚)ξ≪何、これ?≫

( ^ω^)≪ツン、あけてくれお≫

ツンが箱をあけると、中からかわいらしい南蛮風の人形が出てきました。
よく見ると、流されてきたときのツンに似たかんじの服を着ています。

ξ*゚゚)ξ≪……≫

( *^ω^)≪ツンがにっこり笑うと、ちょうどこんな感じかな?
       そう思って、買ってきたんだお≫

ツンは箱の中にあったきれいな布を取り出して、
その上にちょこん、と人形を座らせました。

ζ(゚ー゚*ζ・・・

ξ*゚ー゚)ξ≪ほんと、そっくりね≫

( *^ω^)≪気に入ってくれてよかったお≫

ξ*゚゚)ξ≪ありがと、大事にするね≫

( *^ω^)≪どういたしましてだお≫

89 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:53:59.99 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪せっかくだから、この子に名前つけてあげようかな≫

( ^ω^)≪名前、かお?≫

ξ゚ー゚)ξ≪そうね……デレ、っていうのはどう?≫

( *^ω^)≪いい響きだお。で、どういう意味なんだお?≫

ξ゚゚)ξ≪……前に話したと思うけど、
       あたしの名前、ほんとはけっこう長いのよ。
       それでね、「ツン」の次の名前が「デレ」。
       そっから長々と続いてくんだけど……≫

( ^ω^)≪……≫

ξ゚ー゚)ξ≪あたしにはもう、「ツン」以外の名前はいらないから
       この子にあげようかな、と思うの≫

( ^ω^)≪……ほんとの名前、もういらないのかお?≫

ξ゚゚)ξ≪……うん。だって、あたしもこの島の人間になるんだから。
       だからもう、イギリスの名前なんていらないの≫

94 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:56:35.40 ID:9S837p6w0
( ^ω^)≪……≫

ξ;゚゚)ξ≪きゃっ!≫

ブーンはツンを抱き上げました。

( *^ω^)≪ずーっと、いっしょだお≫

ξ////)ξ≪……うん≫

抱き上げたツンをていねいにおろすと
ブーンは人形に近づいて、頭をなでました。

( *^ω^)≪デレも、いっしょだお≫

ξ゚ー゚)ξ≪よろしくね、デレ≫

ζ(゚ー゚*ζ・・・

人形のデレは、ツンそっくりの笑顔を浮かべて
まるで二人を見つめているかのようでした。

98 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:58:42.41 ID:9S837p6w0
ξ*゚゚)ξ≪……で、さっきの続きは?≫

( ;^ω^)≪スマンコ。すっかり忘れてたお≫

ξ#゚゚)ξ≪……≫

( ;^ω^)≪まあそんなわけで、反省して
       交易してるよその島に行ってきたんだお。
       誰か南蛮の人がいないかなーと思って≫

ξ゚゚)ξ≪そんなに、遠いとこなの?≫

( ^ω^)≪いや、朝から出かければ日帰りできるくらいだお≫

ξ゚゚)ξ≪何だ、そんなに遠くないんじゃない。
       じゃあ、どうして……≫

( ^ω^)≪南蛮の人は見当たらなかったんだけど
       せめて何か南蛮のものを買ってあげたかったんだお。
       そしたら、お店でこの人形を見つけたんだお≫

ξ*゚゚)ξ≪ありがとね≫

( *^ω^)≪喜んでくれてよかったお。
       でも、ひとつ問題があったんだお≫

ξ゚゚)ξ≪?≫

99 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/14(土) 23:59:30.12 ID:9S837p6w0
(ヽ´ω`)≪実は、デレはけっこう高かったんだお。
       魚売ったお金じゃ全然足りなかったんだお……≫

ξ゚゚)ξ≪そんな、無理しなくてもよかったのに≫

(ヽ´ω`)≪しかもデレを見つけたとき、興奮して
       つい隣に置いてあった花びんに手をぶつけてしまったお。
       それで……花びんを落として粉々にしてしまったお≫

ξ#゚゚)ξ≪バカね……で、お金どうしたの?≫

(ヽ´ω`)≪人形代、花びんの弁償、全部ひっくるめて
       海賊船に水夫として売り飛ばされたお≫

ξ;゚゚)ξ≪売り飛ばされた!?海賊船に!?≫

( ^ω^)≪まあ期間限定だお。それで、さんざんこき使われたお。
       それでこの前の嵐の日、とうとう難破して船が沈んだお。
       まさに天罰だお。海賊なんかみんな氏ねばいいお≫

ξ;゚゚)ξ≪そんな、危険な目に……≫

102 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:00:27.87 ID:WlNBk08G0
よく死ななかったなw

104 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:00:59.81 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪そういえば、妙なことがあったんだお≫

ξ゚゚)ξ≪?≫

( ^ω^)≪難破したとき、嵐の中でなぜか光が見えたんだお。
       その光に向かって泳いでいったら、
       いつのまにか砂浜にたどり着いてたんだお≫
       
ブーンのその言葉を聞いたとき、ふとツンはあのときの
風でさらさらと葉っぱが鳴る音を思い出しました。

ξ゚ー゚)ξ(神さま、ありがとうございます)

( ^ω^)≪……ツン、どうかしたのかお?≫

ξ゚ー゚)ξ≪ううん、何でもない≫
       
( ^ω^)≪そんで、砂浜にたどり着いたのはよかったんだけど
       そこは『とんぼの国』近くの島だったんだお。
       まあそっから例の島まで、他の船にのせてもらったんだお≫

ξ゚゚)ξ≪親切な人に出会えたんだ?≫

( ^ω^)≪当然、島に着くまで水夫はやらされたお。
       ただで乗せてくれるほど世の中甘くはないお≫

ξ;゚゚)ξ≪そ、そう……≫

105 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:03:15.09 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪でもまあ、海賊船と違って待遇はまともだったし
       給料もよかったお。水夫の仕事自体はやり慣れてたし≫

ξ゚゚)ξ≪え?そうなの?≫

( ^ω^)≪ツンが来てからは泊り込みの仕事が嫌だったけど
       前はちょくちょく出稼ぎで水夫もやってたお。
       島のみんなも時々やってるお≫

ξ゚゚)ξ(……だから、ギコたちはそんなに心配してなかったんだ)

( ^ω^)≪まあそんなわけで、例のお店に向かったんだお。
       船が沈んで契約終了したんだから人形よこせ、って。
       そんで、ちょうどさっき帰ってきたとこなんだお≫

ξ;゚゚)ξ≪それ、ちょっと強引じゃない?≫

( ^ω^)≪お店はブーンを売り飛ばした時点で
       海賊から金を受け取ってるんだお。
       人形を預かってもらってたようなもんだお≫

ξ゚゚)ξ(うーん……ここの人たちの常識が全然わかんないな。
       でも、これからは覚えていかなきゃいけないよね)

107 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:04:58.92 ID:9S837p6w0
ξ゚゚)ξ≪……ねえ、ブーン≫

( ^ω^)≪?≫

ξ゚゚)ξ≪あたし、この島の言葉を覚えようと思うの。
       あとはお料理とか、服の織り方とかも。
       だって、あたしはここでずっと暮らすんだから≫

( ^ω^)≪ブーンにできることは何でも手伝うお。
       あと、女の人しか知らないようなことは
       村長に教わればいいと思うお≫

ξ゚゚)ξ≪そうね、明日からペニサスさんの家に行くことにするわ≫

( ^ω^)≪ブーンもがんばって、いっぱい魚取ってくるお≫

ξ゚ー゚)ξ≪期待してるわよ≫

( ^ω^)≪どんとこいお≫

ふたりは顔を見合わせて、にっこりと笑いました。

109 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:05:47.89 ID:WlNBk08G0
リア充支援

110 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:06:07.69 ID:avUyE5L0O
なんと強引な解釈wwwww




だがそれがいい支援

111 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:06:54.49 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪とりあえず島の言葉か……あいさつぐらいは覚えた方がいいお≫

ξ゚゚)ξ≪そうね。こんにちはぐらいは言えないとね≫

( ^ω^)≪じゃあブーンのあとに続けてほしいお≫

ξ゚゚)ξ≪把握した≫

( ^ω^)「こんにちは」

ξ゚゚)ξ「コン…ニ…チ…ハ?」

( ^ω^)≪島の言葉で”こんにちは”ってことだお≫

ξ゚ー゚)ξ「コン…ニ…チハ」

( ^ω^)「いい感じだお。その調子でがんばるお」

ξ;゚゚)ξ「イ…イイカ…ンジ?ソ…ノ…チョ?」

( ;^ω^)≪スマンコ。それは続けなくていいお≫

ξ゚゚)ξ≪なんて言ったの?≫

( ;^ω^)≪うまいからそのまま頑張ろう、って。
       つい島の言葉でいってしまったお≫

ξ#゚゚)ξ≪……≫

113 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:08:52.17 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪まあ初日から詰め込みすぎても仕方ないおね≫

ξ゚゚)ξ≪そうね。でも、もうちょっと覚えたいかな≫

( ^ω^)≪とりあえず、村長に「こんにちは」ってあいさつしたら
       すっごくびっくりするお。それで、すっごく喜ぶお≫

ξ゚゚)ξ≪え、なんで?≫

( ^ω^)≪村長も、ほんとはツンにここにいて欲しかったんだお≫

ξ゚゚)ξ≪そう……かな?≫

( ^ω^)≪みんなツンのことが好きだお≫

ξ )ξ≪それは……ないわよ……≫

そう言うとツンはうつむきました。

( ^ω^)≪……ツン、どうしたんだお?≫

ξ )ξ≪ブーンがいないときにね、フサギコって人が
       あたしを見てびっくりして「イジン」って……≫

118 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:11:05.34 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪あー、フサ毛かお。あいつに言われても気にすることないお≫

ξ゚゚)ξ≪え?≫

( ^ω^)≪あいつは中つ国からこの島に逃げてきたんだお。
       中つ国の人はあんまり南蛮の人とかに慣れてないから
       髪の色が違うだけでびっくりしたりするんだお≫

ξ゚゚)ξ≪……そうなんだ≫

( ^ω^)≪フサギコはフサギコで、まだまだこの島に慣れてないんだお。
       その辺は、許してやって欲しいお≫

ξ゚゚)ξ≪別に怒ってたわけじゃないわよ。
       それに、おかげでこっちも気付いたこともあるしね≫

( ^ω^)≪気付いたこと?≫

ξ゚゚)ξ≪うん、色々とね。イギリス人としての思い上がりとか。
       それに、もっともっと大事なことも……≫

( ^ω^)≪大事なこと?≫

ξ゚ー゚)ξ(ブーンへのほんとの気持ちとか、ね。
       土○だなんて見下してるうちは、そんなこと気付かなかったもの)

( ^ω^)≪???≫

119 名前: ◆vil0tZ8MB. [] 投稿日:2008/06/15(日) 00:12:57.54 ID:e30rGxxM0
( ^ω^)≪そうそう、寝る前にもうひとつだけ、覚えて欲しい言葉があったお≫

ξ゚゚)ξ≪なあに?≫

( ^ω^)「愛してる」

ξ゚゚)ξ「アイ…シ…テル?」

( ^ω^)「だおだお。愛してる」

ξ゚゚)ξ≪どういう意味?≫

( ^ω^)≪愛してる≫

ξ*゚゚)ξ≪え……≫

( *^ω^)≪……≫

ξ*゚ー゚)ξ「ブーン、アイ…シ…テル」

( *^ω^)「ツン、愛してるお」

ふたりはもう一度、ぎゅっとおたがいを抱きしめました。
そのまま、夜は更けていきました。


        〜 つ づ く 〜

121 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[sage] 投稿日:2008/06/15(日) 00:13:43.71 ID:HN652FZV0
>>119


123 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:14:47.74 ID:3FvXbShVO
乙乙!

124 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:15:05.16 ID:WlNBk08G0

俺も海岸探してくるわ

128 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:15:56.33 ID:YJYeszLc0
ちくしょうちくしょうデレッデレじゃないかwww

129 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:16:06.06 ID:8svoD98o0

いい感じだ〜

130 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[sage] 投稿日:2008/06/15(日) 00:16:22.06 ID:gz9vq/eP0
このツンは好きなツンだ

136 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:23:00.26 ID:vNDB5YOU0

いいのうwwwwいいのうwwwww
癒されるのうwwww
135 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:21:33.40 ID:urZz/4yfO
乙!!
今回もおもしろかった!



関連記事( ^ω^)ξ゚゚)ξずっといっしょ のようです その1
同一カテゴリの記事を見る