ξ゚゚)ξが引っ越してきたようです
327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:47:51.07 ID:5LOFNijE0
ようやくテストも終わり、いつもの毎日が戻ってきた。
最近僕は、朝練の途中でツンさんに電話を入れることにしている。
これで、ツンさんを毎日起こすという約束が果たせる。


( ^ω^)「ツンさん、朝だお」

ξ゚゚)ξ『うえぇーい……おあよー……』


ξ;゚゚)ξ『ぎゃあああああああああああああああああああああああ』


(;^ω^)「ど、どうしたんだお!?」

ξ;゚゚)ξ『おねーちゃん! なにやってんのよ!』

川 ゚ -゚)『なにっておまえ、添い寝だよ。姉が妹に添い寝するくらい普通だろ?』

ξ;゚゚)ξ『全裸は普通じゃないわよ! ぎゃー! どこさわってんのよ!』

(;^ω^)「……またかお」


しかし果たして、僕が起こす必要があるのだろうかと迷う。


▼関連記事▼

ξ゚゚)ξが引っ越してきたようです


330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:55:32.42 ID:5LOFNijE0
溜息をついてケータイを切った。
真後ろにドクオさんがいた。


('A`)「内藤君、最近毎日どこに電話してるの?」

(;^ω^)「お……ただの友達ですお。朝に弱いんですお、そいつ」

('A`)「ふーん、ただの友達ねぇ……黄色い声が聞こえたけど?」

(;^ω^)「……」


いろいろあったけれど、毎朝、毎夕部活に顔を出してくれるドクオさんを、
僕はやっぱり尊敬していた。だから隠し事なんて気が引けた。


(;^ω^)「実は隣の部屋に姉妹が引っ越してきたんですお。
      その人たちと仲良くなって、まあいろいろあって、電話で起こしてやってるんですお」


そしてドクオさんは腕を組んで考えこむと、とても優しい顔をしてイッた。


('∀`)「内藤くん、ダメだよ、エロゲをつけっぱなしにしちゃ」

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:01:20.58 ID:u7+hM0gV0
ドwwwクwwオwwwwww

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:04:11.69 ID:DIInCWk7O
ドクオ生きてたんだw

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:02:15.90 ID:5LOFNijE0
(;^ω^)「は? どういう意味です?」

('∀`)「いいんだいいんだ。みなまで言うな」


ドクオさんがうんうんと頷く。


('∀`)「俺も初心者のころはエロゲをつけっぱなしにして、
   家の電話にエロゲのボイスが流れるようにしてたもんさ」

( ^ω^)「なんでそんな無駄にテクッてるんですか?」

('A`)「だけどな、内藤くん。現実を見るんだ。
   エロゲは所詮はエロゲ。それは僕たちの妄想のなかにしか存在しない女の子たちなんだ」

(;^ω^)「ドクオさんこそ現実を見てください」

('∀`)「見てるさ、俺は。毎日な」


そう言ってドクオさんは、トラックで汗を流す部員たちを眺めた。
そしてバイトがあるからと言って、学校を去った。

その背中は、僕が目指すべきそれだった。

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:07:15.78 ID:5LOFNijE0
放課後、もう日も短くなり、あたりは真っ暗だった。
それでもツンさんは、校門の前で僕を待っていてくれた。

木枯らしの吹く夜の街を、僕らは連れだって歩く。


ξ゚゚)ξ「それにしても珍しいな」

( ^ω^)「なにがだお?」

ξ゚゚)ξ「おねーちゃんがよ」


ツンさんは寒いのか、スカートからのぞくひざ下をもじもじさせながら話す。


ξ゚ー゚)ξ「おねーちゃんが私と仲がいい男子に何もしないのって、珍しいの。
     いや、珍しいってレベルじゃないわ。初めてのことね」

(;^ω^)「いや、ゴキブリ放たれましたけど?」

ξ゚゚)ξ「そんなの、なにもされてないのと一緒よ」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:18:34.97 ID:5LOFNijE0
ツンさんはくすくすと笑いながら話す。


ξ゚ー゚)ξ「小学校のころ、私に好きだって言った男の子は翌日体育倉庫です巻きになった」

(;^ω^)「小学生をキュウリ扱いかお……」

ξ゚ー゚)ξ 「中学校のころ、ラブレターをくれた子がいた。
    その子はラブレターを全校掲示板に張り出されて登校拒否になった」

(;^ω^)「自殺しなかっただけマシだお……」

ξ゚ー゚)ξ 「ここに引っ越してくる前に私に告白してきた三人の男子の行方はいまだ分からない」

(;^ω^)「それって普通に大事件だお……」


そしてツンさんは、素敵な笑みでこう言った。


ξ゚ー゚)ξ「でも、あんたにはなにもしてない。なんでだろ?」

( ^ω^)「うん。東京湾にチンされててもおかしくないのにね」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:22:11.22 ID:5LOFNijE0
やがて僕たちのアパートが見えてきた。
ツンさんの部屋には明かりがともっている。
きっとクーさんがネットでもしているのだろう。


ξ゚゚)ξ「ねえ、内藤。ひとつ聞きたい事があるの」

( ^ω^)「ん? なんだお?」


部屋の灯を見ながら、ツンさんが立ち止まり、言った。


ξ゚゚)ξ「なんであんた、走らないの?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:29:10.47 ID:5LOFNijE0
夜。町の明かりに照らされたツンさんの顔は笑っていなかった。
まっすぐに僕を見つめていた。僕もまっすぐに見つめ返す。ツンさんは続ける。


ξ゚゚)ξ「聞いた話だけど、うちの高校の陸上部、かなり強いんでしょ?
    全国から選手を集めてるって話、聞いたよ。もしかしてあんたも?」

( ^ω^)「そうだお。僕の出身は九州だお。九州からはるばる、陸上のためにここに来たんだお」

ξ゚゚)ξ「じゃあ、なんで走るのやめちゃったの?
    いつも雑用ばっかりじゃない。レギュラーになること、諦めちゃったの?」

( ^ω^)「……」


僕はなにも言わなかった。こんなとき、言葉は想いを半分も伝えてくれはしない。
その代わり、僕はズボンの裾をめくりあげた。

アキレス腱の上に大きく刻まれた傷跡。言葉より確実に想いを伝えてくれる。

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:34:55.93 ID:5LOFNijE0
ξ゚゚)ξ「そっか。大変だったね」


ツンさんは無表情で言った。悲しい顔はしなかった。
僕は嬉しかった。だって僕は悲しくなんてないのだから。

そして僕は、この子は優しい子なんだと、はっきりと知った。


( ^ω^)「僕はこのおかげで夢を見つけたんだお」


僕はズボンの裾を元に戻した。
ツンさんはひとつ頷いて、耳を傾けてくれた。


( ^ω^)「僕はこの傷のおかげで、ドクオさんの偉大さに気づけたんだお」


ツンさんは爆発した。

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:35:42.91 ID:ypKTpsTf0
爆発した

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:39:47.86 ID:6aNtl9rq0
爆発した

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:41:18.78 ID:u7+hM0gV0
なん…

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:42:09.19 ID:5LOFNijE0
ξ;゚゚)ξ「はぁ!? ドクオって、あれでしょ!? あれよね!?」

( ^ω^)「そうだお。あれだお。だけどあれは、ドクオさんの仮の姿なんだお」

ξ;゚゚)ξ「嘘だっ! あれが仮の姿なら、あいつは一生仮の姿のままよ! 目を覚ましなさい!」

( ^ω^)「そんなことないんだお。
     ツンさん、ドクオさんがなんで毎朝、毎夕、部活を見に来るか知ってるかお?」
ξ゚゚)ξ「友達がいないからじゃない?」

( ^ω^)「それだけが理由じゃないお。
       ドクオさんは全国区の選手だったんだお」


そして僕はもう一度、ズボンの裾を上げた。そして傷ひとつないひざを指差す。


( ^ω^)「でも、ひざをやったんだお」

ξ゚゚)ξ「……」

( ^ω^)「だけどくじけないで、スポーツトレーナーになる決心をしたんだお」

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:43:53.76 ID:/HjO6HGRO
ドクオ……

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:47:35.60 ID:5LOFNijE0
( ^ω^)「僕も選手のころは、ドクオさんのこと踏まれたトカゲみたいな顔だと思ったお」

ξ゚゚)ξ「あんたも意外と毒舌ね」

( ^ω^)「でも、アキレス腱を切って絶望していた時、ドクオさんが僕の傍に来てこういったんだお」


('A`)b『そんなことより、あいつら見てようぜ』


( ^ω^)「そのあとだったお。監督からドクオさんの話を聞いたのは。
      ドクオさんは、後輩が二度と怪我をしないよう、ずっと見守ってくれてたんだって」

ξ゚゚)ξ「でも、あんた怪我したじゃない」

(;^ω^)「うん。その日はドクオさん、たまたまいなかったんだお」

ξ゚゚)ξ「ダメじゃない、それ」

( ^ω^)「きっと、大切な用事があったんだお。
      それに僕は、怪我したおかげで夢を見つけたんだから、いいんだお」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:53:14.97 ID:5LOFNijE0
ξ゚゚)ξ「ふーん」


ツンさんは気のない返事で話を打ち切ると、カンカンと音を鳴らしてアパートの階段を上った。
その頂上で振り返って、すました顔でこう言った。


ξ゚ー゚)ξ「あんたってバカね! バカでスケベでお人よし!」

(;^ω^)「だからスケベは誤解だお……」

ξ゚ー゚)ξ「だけど、嫌いじゃないよ」


ニッコリと笑って、もう一度言った。


ξ゚ー゚)ξ「私、あんたのこと嫌いじゃないよ!」


そして、ツンさんは部屋に帰っていった。

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 21:58:13.46 ID:5LOFNijE0
( ^ω^)「……」


夜は寒かった。だけど、頬は熱かった。
良く分からない、名前も知らないはじめての気持ちが胸に湧き起こってくる。


( ^ω^)「なんだろう、この気持ちは……」


きっと、今夜は眠れないだろうな。
僕はとまどいと、ほのかな幸せを胸に自分の部屋の戸を開けた。


川 ゚ -゚)「私、あんたのこと嫌いじゃないよ」


ドス女が待っていた。


川#゚ -゚)「私、あんたのこと大嫌いだよ」


僕の夜明けは遠い。

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 21:59:12.09 ID:e4MLhRua0
ドス女言うなwwwwww別キャラが頭の中に出てくるwwwwwww

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:06:26.88 ID:/HjO6HGRO
誰だっけ……誰だっけドス女……

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:09:36.16 ID:e4MLhRua0
>>374
ドクオは正義のヒーローになれないようです

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:04:33.51 ID:5LOFNijE0
冬休みがきた。
この町で初めての冬休みだ。


(;^ω^)「ごめんお。今日から一週間部活の遠征なんだお」

川 ゚ -゚)「オフ会で一週間アキバで暴れてくる。ニコ動にうpされるから見てね」

ξ゚゚)ξ「……いってらっしゃい」


一人で過ごす初めての冬休みだ。

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:12:11.28 ID:e4MLhRua0
クーだめすぐるwwwwwwwwwww

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:10:23.10 ID:5LOFNijE0
ひとりでイブを過ごした。
ケーキは買わなかった。


川 ゚ -゚)「寂しくなったらこのURL(http://2ch.net/)を開くんだ」

おねーちゃんが書置きを遺していた。
でもそれだけはしてはいけないような気がした。

ひとりきりの部屋はとても広くて、ひとり言が怖い位に反響した。
寂しさに外に出れば、連れだって歩く人々の群れが、どこか遠い風景のように見えた。

現実感がなかった。
自分がここにいるという事が、とてもあいまいなことに思えた。

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:17:22.37 ID:5LOFNijE0
流れるようにふらふらと町を漂い、気がつけば学校の前にいた。
学校は人の気配がなかった。
いつもはあるものがそこにないだけで、学校がまったく別のものに見えた。

        (´^ω^`)   あー! 人生って楽しいな!
       __〃`ヽ 〈_
   γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ
  /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
  /    ノ^ 、___¥__人  |
  !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
 (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
  ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
    ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
      〈J .〉、|..生 |, |ヽ-´
      /""  |..涯 |: |
      レ   :|:..一 | リ
      /   ノ|教師| |
      | ,,  ソ  ヽ  )
     .,ゝ   )  イ ヽ ノ
     y `レl   〈´  リ
     /   ノ   |   |
     l  /    l;;  |
     〉 〈      〉  |
    /  ::|    (_ヽ \、
   (。mnノ      `ヽnm

まったく別のものに見えた。

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:19:54.24 ID:TAIYp3XrO
誤爆すんなwwwwwwww

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:20:27.54 ID:5LOFNijE0
ξ゚゚)ξ「先生、ひとりでなにしてるんですか?」

(´・ω・`)「誤爆した」

ξ゚゚)ξ「は?」

(´^ω^`)「冗談だよ! 乾布摩擦さ! ツンデレ君もどうだい!?」

ξ゚゚)ξ「遠慮しておきます」


部屋に帰ってひとりで寝た。
一週間、ずっと部屋で寝て過ごした。

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:24:36.73 ID:5LOFNijE0
ひとりで布団に入っていた一週間、ずっと内藤のことを考えていた。
召使の分際で、冬休みに主人をひとりにするなんて、なんと最低な奴だろう、と。

夢の中でも恨み事、トイレでもお風呂でも恨み事。
そして一週間が過ぎて、私はコートの下に日本刀を隠し持って、部屋を出た。


ξ゚゚)ξ「あいつを殺そう」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:26:37.87 ID:u7+hM0gV0
なんか変な流れになってきたぞ

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:29:20.22 ID:5LOFNijE0
最寄りの駅のホーム。ここに内藤は降り立つはず。
あいつは降りてきたとき、私を見て笑うだろ。

そこを、ずばっとやるのだ。
私を一週間も放っておいた罰だ。ずばっとやってやる。


ξ゚゚)ξ「……寒い」


だけど、夜が来ても、何本の列車が止まっても、内藤はやってこなかった。

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:35:23.26 ID:vJ7gFwIt0
なんか、オフコースのさよならが脳内で流れてるぜ

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:38:25.59 ID:/SMCAXzfO
あーのひあーのーときあのばしょーできーみとでーあわなーかーったらー

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:40:09.33 ID:IC4sP7f00
ぼくーらーはいつまでもみしらぬふたりのーままー

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:40:09.78 ID:vJ7gFwIt0
ラブストーリーは突然にかwwwwwwwwwwww

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 22:40:55.22 ID:TAIYp3XrO
歌詞違うし

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:28:06.31 ID:A0URkcYB0
一方、その頃の僕はというと。


('∀`)「ふひひwwwwwうはうはパラダイスwwwwww」

(;^ω^)「ちょwwwwwドクオさん待ってwwwwwww」


遠征先で解散したのち、ドクオさんに連れられてなにかのお祭りに連れてこられていた。
冬だというのに会場内は蒸し暑く、異様な臭気に満たされていた。
やがてドクオさんとはぐれた僕は、会場の外で座り込む。


(;^ω^)「はやく帰らなきゃ、ツンさん寂しがってるお」


早い夕焼けに空は染まっていた。
冷たい町で、ひとりきりの部屋で、ツンさんはどんな気持ちでいるのだろうか。
そのことを考えると胸が痛んだ。
一刻も早く帰らねばと、こんなところにいていいわけがないと、立ち上がった。


川 ゚ -゚)「君は召使……召使くんじゃないか!」


忍者の格好をしたクーさんがそこにはいた。

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:31:53.40 ID:A0URkcYB0
( ^ω^)「あ、クーさん。こんな肥溜のようなところで奇遇ですね。
     そんな恰好して誰の命をとりに行くんです?」

川 ゚ -゚)「なにを言っているんだ召使くん。これはコスプレというものだ。」

(;^ω^)「こすぷれ? なんですかお、それ?」

川 ゚ -゚)「非日常の格好に身を包み、自らを解き放つ高尚な趣味のことだ」

( ^ω^)「あなた、普段から似たような恰好してるじゃないですか」


クーさんは小刀を抜くと、僕ののど元に切っ先を当てた。


川 ゚ -゚)「余を愚弄するとその首が飛ぶぞ?」

(;^ω^)「……それ、本物ですよね?」

川 ゚ -゚)「偽物だよ、建前上はな」


その時だった。僕とクーさんのまわりから無数のフラッシュが放たれた。

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:35:49.67 ID:A0URkcYB0
(;´_/【◎】パシャパシャ「目線ください!」

(;Ф/【◎】パシャパシャ「ZIPでくれでおじゃる!」

(;'A/【◎】パシャパシャ「生足拝ませてください!」

(;´゚/【◎】パシャパシャ「パンツ拝ませてください!」


飛び交う叫び。ひしめくカメラ。どこかでみたことのある人。


川 ゚ -゚)「あらやだ、人気者は辛いな」


そしてクーさんはカメラに向けてさまざまなポーズをとり始めた。
僕はその隙に会場を脱出し、駅へと急いだ。

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 21:54:16.50 ID:SdUTtyduO
ドクオの真の姿を見せてくれよ・・・


仮の姿が変態すぎるwwwwwww

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 21:55:15.73 ID:ThCyMEjAO
>>529
真の姿=変態
仮の姿=イケメン

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:40:16.98 ID:A0URkcYB0
列車が揺れる。僕の町の名前がアナウンスされたのは、九時を過ぎた頃だった。
早く家に帰らねばと、僕は駅に着く前から下り口の前で立っていた。

ドアが開く。身を切るような風が入り込んでくる。
その風のなかに、かぎ慣れた香りが交っていた。


(;^ω^)「これは……ツンさんの部屋のにおい?」


まさかとは思いつつも、慌ててあたりを見渡した。


ξ゚−゚)ξ「……」


ホームの隅に、ツンさんがいた。

コートを羽織って。
布でくるんだ細長いなにかを肩にかけて。

僕を、じっと睨みつけていた。

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:43:58.00 ID:A0URkcYB0
ξ゚−゚)ξ「……」

(;^ω^)「……」


僕とツンさんの間をたくさんの人たちが通り過ぎ、やがて列車は出発した。
ひともまばらになり始めた下りのホームで、僕たちは距離を置いてお互いを見る。


ξ#゚−゚)ξ「……」


やがてツンさんがツカツカと早足で歩み寄ってくる。
肩にかけたアレをきちんと持ち直し、一直線に僕の方へ。


( ^ω^)「……」


けれど、不思議と怖くはなかった。
ツンさんの気のすむならそれでいいと、なぜか、そう思えた。

そしてツンさんは僕の眼前で立ち止まり、手にしたアレを、
地面に落とした。

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:45:08.19 ID:A0URkcYB0
(;^ω^)「お? ツンさん? どうしたんだお?」

ξ゚−゚)ξ「……」


ツンさんは落としたアレを拾うそぶりすら見せず、僕を睨みつけていた。
背が低いから彼女は僕を見上げる形になり、そしてその眼は、潤んでいるように見えた。


(;^ω^)「ツ、ツンさ」

ξ゚−゚)ξ「寂しかった」


それからツンさんは、僕の胸にひたいをつけた。

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:47:20.61 ID:tutPHUc00
デレktkr wwwwwwwwwwwwwww

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:47:25.17 ID:A0URkcYB0
ξ゚−゚)ξ「寂しかった。もうどこにもいくな」

(;^ω^)「……」

ξ゚−゚)ξ「大みそかは一緒にお蕎麦食べる。お正月は一緒におモチ食べる」


まさに目の前に迫ったツンさんから、例えようのない香りが漂ってきた。
本当は他に言う事があったのだろうけど、どぎまぎしていた僕は、こんなことしか言えなかった。


(;^ω^)「……そ、それは誰が作るんだお?」

ξ゚゚)ξ「……あんた」

( ^ω^)「……おっおっお。わかったお」

ξ゚ー゚)ξ「……へへw」


ツンさんはようやく笑ってくれた。今までで見た、一番いい顔だった。

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:52:33.26 ID:A0URkcYB0
川 ゚ -゚)「召使くん! みかんパワーが足りない!」

(;^ω^)「あなた今日、みかん何個目ですかお?」

川 ゚ -゚)「二十過ぎたあたりから数えてない。それとお茶もプリーズ」

(;^ω^)「……はいはい」


コタツで横になりながらノートパソコンを行儀悪く器用にいじくる忍者さん。
正月からなんとも平和な光景だ。


ξ゚゚)ξ「おねーちゃん。みかんばっかり食べてると手が黄色くなるよ?」

川 ゚ -゚)「好きなもんは好きなんだからしょうがないだろ。
     それに、もとはと言えばツン、私のみかん好きはお前の責任なんだぞ」

ξ゚゚)ξ「どゆこと?」

川 ゚ -゚)「いいか? よく聞けよ?
     お前が一人でトイレに行けるようになったから、私は似たような色のみかんで」

( ^ω^)「クーさん、お茶ですお」

ヽ川 ゚ -゚)ノ「うっほほーい」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:56:57.33 ID:A0URkcYB0
川 ゚ -゚)ノ旦「あー、お茶はうまいなぁ。お茶は偉い」

ξ゚゚)ξ「ねぇ、似たような色のみかんでどうなったの?」

川 ゚ -゚)「いやな、お茶を飲んだらおしっこしたくならない?」

ξ゚゚)ξ「なる」

川 ゚ -゚)「つまりはそういう話だよ」

ξ゚゚)ξ「はあ?」

( ^ω^)「ツンさん。ツンさんは、クーさんのこと、好きかお?」

ξ゚゚)ξ「好きだけど?」

( ^ω^)「なら、この話題にはもう触れない方がいいお」

ξ゚゚)ξ「はあ?」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 21:59:58.83 ID:A0URkcYB0
川 ゚ -゚)「ツン、おしっこしたくないか?」

ξ゚゚)ξ「いや、大丈夫だけど、なんで?」

川;゚ -゚)「召使くん! カテキンパワーが足りない! 早くツンにお茶を!」

( ^ω^)「お茶っ葉切れましたお」

川 ゚ -゚)「は? なら買ってこいや」

(;^ω^)「……はいはい」


クーさんの目がマジだったので立ち上がったその時だった。


川 ゚ -゚)「あ、ああん、あひん、電話だ」


ケータイを取り出したクーさんの顔色が変わった。

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 22:03:52.82 ID:2ITUw1i6O
バwwイwヴwwww

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:05:58.50 ID:A0URkcYB0
川;゚ -゚)「は、はい! ご無沙汰しております! クーでございます!
    は? え、今なんと……? ぎょ、御意にございます! 
    直ちに向かいまするであります!」


クーさんは慌てて立ち上がると、上着を羽織り、玄関へ向かった。


ξ;゚゚)ξ「お、おねーちゃん! どうしたの!?」

川;゚ -゚)「すぐにわかる。私は一足早く現地に赴き、対策を練る。では、戦地であおう」


そう言って、クーさんの姿は扉の向こうに消えた。

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:09:15.66 ID:A0URkcYB0
(;^ω^)「つ、ツンさん、クーさんはどうしたんだお?」

ξ;゚゚)ξ「わかんない。……いや、もしかして」


その時、ツンさんのケータイもなった。
彼女は着信画面を見て真っ青になった。


ξ;゚゚)ξ「は、はい! ツンデレでございます! ご無沙汰しております!
      は? えっと……いま、からですか? い、いえ! それは十重承知しております!
      は! ただちにそちらに参りますので! ええ、では!」

(;^ω^)「つ、ツンさんまで、ど、どうしたんだお?」

ξ゚−゚)ξ「内藤。あんた、スーツ持ってる?」

(;^ω^)「お? スイーツなら冷蔵庫に……」

ξ゚−゚)ξ「ないなら学生服でいいわ。直ちに着替えてきなさい」

(;^ω^)「え? なんでだお?」

ξ#゚゚)ξ「いいから早く!」

(;^ω^)「ぶひー!」

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:11:45.24 ID:A0URkcYB0
慌てて部屋に戻って学生服に着替えると、
艶やかな晴れ着に身を包んだツンさんが迎えにきた。

しかし、彼女の表情はとても険しかった。


ξ゚−゚)ξ「さあ、行くわよ。まずは足を確保しなくっちゃ」

(;^ω^)「お? 行くってどこにだお?」

ξ゚゚)ξ「最初の目的地は学校よ。それ以外はなにも聞くな」

(;^ω^)「お、おお……」


僕たちは学校へと急いだ。
正月の誰もいない学校になんの用があるのだろうか。


(´・ω・`)「は? 車を出せ? 馬鹿じゃねーの? セルフクンニにチャレンジして死ねよ」


ああ、こいつがいたっけ。

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:18:51.53 ID:A0URkcYB0
ξ゚゚)ξ「いいから車を出しなさい」

(´・ω・`)「あのねぇ、君、ぼくちんが今なにしているのかわかる?」

(´゚ω゚`)「ぼくちんはねぇ! いま珍しく実力テストを自力で作ってるの!
     進研ゼミのを流用したらダメって校長先生に叱られたから!」

( ^ω^)「おまえ絶対教員試験不正合格だろ」

(´・ω・`)「当たり前だろ。世の中コネだよ、コネ」

(´゚ω゚`)「てめぇらなんかさっさと家に帰って妊娠しろ!
     そしたら退学処分にしてやっからよ!」

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:23:26.54 ID:A0URkcYB0
ξ゚゚)ξ「これを見てもまだそんなこと言ってられるのかしら?」


ツンさんは一枚の写真を取り出した。
担任はふんぞり返って答える。


(´・ω・`)「は? なにそれ? おいしいの?」

ξ゚゚)ξ「私の姉が撮った誰かさんの写真よ。
     これをしかるべきところに送れば、しかるべきことになるでしょうね」


担任は立ち上がると、ツンさんの肩をポンと叩いた。


(´^ω^`)b「行こうぜ! ピリオドの向こうに! 俺のラパンで!」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 22:19:08.20 ID:l/Sg+qCf0
ショボンwwwwww

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:32:08.72 ID:A0URkcYB0
正月。高速道路を疾走する一台のラパンがあった。


(´゚ω゚`)「おらおら! 引き殺されてーのか馬鹿やろこんにゃろおめー!」

('A`)「先生。ガンガン抜かれてます。エンジン音がやばいっす」

(´・ω・`)「うーん、真冬の高速を軽自動車ではきつかったかなー」

( ^ω^)「ところで先生?」

(´゚ω゚`)「運転中に話しかけんなって! 事故りてーのか!」

( ^ω^)「なんでドクオさんがいるんだお?」

('A`)v「いえーい」

(´・ω・`)「なにが悲しくてカップルのお抱え運転手やらなきゃならないんだよ。
    だからドクオ君を連れてきた。彼なら存在するだけで雰囲気ぶち壊してくれる」

('A`)「お褒めにあずかり光栄です」

ξ゚−゚)ξ「いいからさっさと飛ばせ」

(´^ω^`)「へい! ツンデレさんの申すがままに!」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:42:24.51 ID:A0URkcYB0
ここは奥州平泉。
かつては奥州藤原氏が栄え、そして源義経が最期を迎えた趣のある土地である。


(´゚ω゚`)「けっ! 退屈な土地だな! なにが平等院鳳凰堂だ! ただの十円じゃねーか!」

(;^ω^)「あんたホントいい加減にしろお……」

(´゚ω゚`)「うるせぇ! で、なに? どこで降ろしゃあいいんですかー? ツンデレさまさまー!」

ξ゚−゚)ξ「もう少し先よ」

(´゚ω゚`)「はあ? もう少し先? さっきからおめー、バカでかい壁しかないじゃ……」


その時だった。みすぼらしいラパンの前に、金色の巨大な門が現れた。


(´・ω・`)「……なに、これ?」

ξ゚゚)ξ「私の実家」


担任は車を止めると、ツンさんの座る座席の扉を開け、地面にひざまずいて言った。


(´^ω^`)「お嬢様! この私め、たしかにあなたさまを無事送り届けました!」

557 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 22:46:05.97 ID:l/Sg+qCf0
ショボンwwwwwwww

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:47:35.40 ID:A0URkcYB0
ξ゚゚)ξ「うむ、御苦労。さあ、内藤、行くわよ」

(;^ω^)「お? え? は、はいですお!」


ツンさんが立ち上がり、歩きはじめた。
僕も後を慌ててついていく。
門番が一斉にツンさんに礼をした。


(´^ω^`)「うへへ! お嬢様! 足元にゴミが!」


担任がツンさんが歩く地面の先をペロペロと舐めて掃除した。


('A`)「すげー、金だー」


ドクオさんはそう言って股間を金の門に摺りつけていた。


二人は直ちに門番に連れていかれた。

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 22:53:34.84 ID:l/Sg+qCf0
この二人はもうwww

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 22:54:09.27 ID:jH0EHF+v0
こいつらキャラ良すぎだろ。
こいつらがいるからこそ他が生きる

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:58:03.09 ID:A0URkcYB0
僕とツンさんは何枚もの襖を通り抜け、それはもうバカでかい和室に招かれた。
ししおどしの音が遠くきこえる。やがてしばらくの沈黙の後、ツンさんがぽつりと語り始めた。


ξ゚゚)ξ「とりあえず、これが私の実家よ」

(;^ω^)「えっと、武家ですかお?」

ξ゚゚)ξ「違うわよ。豪族よ」


さらりと言ってのけるツンさんが怖かった。


ξ゚゚)ξ「うちはね、17になると見知らぬ土地で一年暮らさなきゃならないの。
    そういうしきたりなのよ。庶民の生活を身をもって体験するためにね」

(;^ω^)「なるほど……だからあのアパートで一人暮らしを……」

ξ゚゚)ξ「そう、それでね」


するとツンさんは顔を赤らめ、もじもじとしながら、呟いた。


ξ////)ξ「それ、それ、それそれ、それと……」

(;^ω^)「……そ、それと?」

569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 22:59:01.85 ID:A0URkcYB0
(´゚ω゚`)「そーれっそーれっそーれっそーれっ!」

('∀`)「よいやっさー! よいやっさー!」



ξ゚−゚)ξ「……」

( ^ω^)「……」


遠くで雑音が聞こえた。
ツンさんの話では、二人は地下牢に連れていかれる最中だろうとのことだった。

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:00:03.28 ID:jH0EHF+v0
地下牢wwwwwwwww

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:04:35.59 ID:A0URkcYB0
ξ゚゚)ξ「それ、それ、それそれ、それと……」

( ^ω^)「……そ、それそれ、それと?」


とりあえず、僕らは仕切り直した。
そしてツンさんは、やっぱり顔を赤らめて言った。


ξ////)ξ「そ、その間に、は、伴侶を見つけないといけないの……」

(;^ω^)「……それって、もしかして」

ξ////)ξ「か、勘違いするんじゃないわよ! あ、あんたなんか伴侶にするわけないでしょ!
    た、ただ、どうしても見つからなかったから、とりあえず、そう、とりあえ……」


その時だった。遠くの襖が開く音がした。
僕たちは黙った。襖を開く音はどんどんと近づいてきて、そして、ついに。


(,,゚Д゚) (*゚ー゚) 川 ゚ -゚)「……」

(;^ω^)ξ;゚゚)ξ「……」


役者は、そろったようだ。

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:11:47.18 ID:l/Sg+qCf0
どうなるんだ

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:13:09.29 ID:A0URkcYB0
(*゚ー゚)「はじめまして。ツンデレの母、椎の木と書いてしぃでございます」

川 ゚ -゚)「はじめまして。ツンデレの姉、空と書いてクーでございます」

(,,゚Д゚)「……ツンデレの父、古きに擬えると書いてギコだ」

ξ;゚゚)ξ「ご無沙汰しております、お父様、お母様、お姉さま」

(*゚ー゚)「しばらく見ない間に立派になったわね、ツンデレ」

川 ゚ -゚)(お姉さま……ハアハア……)

(,,゚Д゚)「……して、貴様は?」


そして、ツンさんのお父さんが僕を向いた。
僕が慌てて答えようとした、その時だった。


(´゚ω゚`)「はじめましておとーたま! 諸々の煩悩と書いてショボンと申します!」

('A`)「独身男性と書いてドクオです。趣味は女子高生です」


(#,,゚Д゚)「ひったてぃ!」

(´・ω・`) ('A`)「あーれー」

579 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:14:44.60 ID:l/Sg+qCf0
諸煩wwwww

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:15:18.63 ID:LPiGSx050
趣味は女子高生てw

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:20:40.70 ID:A0URkcYB0
(#,,゚Д゚)「ったく! あいつらどうやって牢を抜けだしたんだゴルァ!」

(*゚ー゚)「まあまあ、落ち着いて、あなた」

川 ゚ -゚)(テラワロスwwwwwwwww)

(,,゚Д゚)「まあいいだろう。して、貴様」

(;^ω^)「は、はいですお!」

(,,゚Д゚)「名はなんと申す?」

(;^ω^)「な、内藤ホライゾンと申しますお!」


そしてお父さんはツンさんをじろりと睨みつけ、尋ねた。


(,,゚Д゚)「このふぐりがお前の婿か、ツンデレ」

ξ゚゚)ξ「ええ。そうでございます」


ツンさんは凛として言い切った。

590 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:25:56.38 ID:A0URkcYB0
そう言うと、お父さんは静かに胡坐を組んだ。
彼に従い、お母さんとクーさんが正坐をする。

そして僕は、小刻みに震えていた。
ここでツンさんが「操を奪われたから」と言えば。


(#,,゚Д゚)「……切腹の準備はよいか?」

(*゚ー゚)「辞世の句はここにしたためてね☆」

川 ゚ -゚)「バロスwwwwwVIPで実況しよwwwwwww」


間違いなくそうなる。

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:33:44.24 ID:A0URkcYB0
しかし、現実は違った。


ξ゚゚)ξ「内藤は……彼は……優しくて……とても強い方です」


ツンさんはまっすぐにお父さんを見ながら、
初めは途切れ途切れだったけど、やがて謡うように語り始めた。


ξ゚゚)ξ「彼は陸上競技を極めるため、一人見知らぬ町にやってまいりました。
    そこで朝から晩まで鍛錬にいそしみ、そして、二度と競技の出来ぬ体になりました。
    しかし彼はそれにくじけることなく、自分のような人間を二度と作らないため、
    トレーナーになるという夢を絶望の中から見つけ出しました。
    彼は優しく、朗らかで、そして、とても強いお方です。
    彼はひとりあの町にやってきた私を手厚く保護し、日々を助けてくださいました。
    そんな彼だったからこそ、私は操をささげ、彼と添い遂げる決心をいたしました」

(;^ω^)「ツ、ツンさん……」


これは彼女の本心なのか。僕は、なにがなんだか分からなくなっていた。

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:38:26.86 ID:A0URkcYB0
一方、その頃地下牢では。


(ヽ´゚ω゚`)「……なあ、ドクオ君」

('A`)「なんすか?」

(ヽ´゚ω゚`)「俺ら……どこで人生間違ったのかねぇ」


担任は虚空を見つめ、真っ白に燃え尽きていた。
ドクオはしかし、眼差しに光をたたえ、未来を向いていた。


('A`)「俺、間違えてませんよ。俺は今も、夢の途中にいます。
   俺にはこの暗闇の中でも、まっすぐに指す、目指すべき光が見えてます」

(ヽ´゚ω゚`)「はは……そりゃ羨ましいわ……よかったら聞かせてくれないかい?」

('A`)「なにをです?」

(ヽ´゚ω゚`)「きみの……ゆめってやつを、さ……」

600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:40:41.64 ID:gYazj6eU0
いい話にしてんじゃねえwwwwww

602 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:44:51.35 ID:HaqRQK8NO
この作品の主役はショボン

603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:46:13.82 ID:A0URkcYB0
('A`)「俺、ひざをやっちまったんです。
  それが原因で、俺、これまで積み重ねてきたものを全部失いました」

(ヽ´゚ω゚`)「ああ……そんなこともあったねぇ……あれは俺も辛かったよ……」


ちなみに、ドクオがひざを故障したとき、担任はキャバレーで女を口説いていた。


('A`)「あれから俺は、ここより暗い絶望に囚われました。
  どこにも光は見えない。行っても行っても闇ばかり。正直、辛かったです」

(ヽ´゚ω゚`)「思いだすよ……あの時の君は見るに堪えなかった……見てるこっちがつらかった……」


ちなみに、ドクオが絶望の中にいる時、担任は修学旅行の積立金を流用しヨーロッパで豪遊していた。


('A`)「でも、俺はついに光を見たんです」

(ヽ´゚ω゚`)「それは……なんだったんだい?」


ちなみに、ドクオが光を見たとき、担任はヨーロッパで置き引きにあっていた。

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:48:04.53 ID:grhdpEoI0
ショボンがおいしすぎるwwwwwwww

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:48:18.68 ID:ZSKCReKu0
クズ過ぎるwwwww

610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:50:55.54 ID:A0URkcYB0
('A`)「あのとき俺は、未練がましくトラックを走る部員たちを見ていました」

('A`)「そのとき、気づいたんです」


(゚A゚)「女子部員の生足! 生足! すごくいい! いい! いいいいいいいいEE‐JUNP!!」


('A`)「って」

(ヽ´゚ω゚`)「それが……君の夢……かい?」

('A`)「ええ。俺は永遠に女子高校生の、いや、女子陸上生の生足を見ていたい」

('A`)「だから俺は、スポーツトレーナーになるって決心したんです!」

611 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:51:09.26 ID:l/Sg+qCf0
台無しwwwwwwwwwww


615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:52:52.90 ID:kCqDU3ADO
これに憧れるブーンが不憫だwwwwww

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:54:30.38 ID:tX+gwoKCO
仮の姿=変態
真の姿=変態

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 23:55:25.67 ID:l/Sg+qCf0
>>618
真理

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:57:11.13 ID:PQmqPn7MO
( ^ω^)「ドクオ先輩は尊敬できる先輩なんだお」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:58:07.25 ID:A0URkcYB0
そして、担任は笑った。
暗闇の中で、希望に満ちた笑いを浮かべた。


(´・ω・`)「その夢……まぢパネェよ……」

('A`)「ええ、パネェっす」

(´・ω・`)「そりゃあ……叶えなきゃダメだろ……常考」


担任は立ち上がった。そして暗闇の中で親指を立てた。
ドクオにはそれがハッキリと見えた。なぜなら、その親指は、二人の希望の光なのだ。


(´・ω・`)b「俺たちは終わらねぇ……あきらめなきゃ、夢は永遠に終わらねぇんだ!」

('A`)b「俺たちの冒険は始まったばかりだ!」


そして、地下牢は爆発した。

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 23:59:39.30 ID:JSQodTfE0
ばwwwくwwwwはwwwwwつwww


625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:00:41.78 ID:bu0XSWrc0
何者だこいつらwwwwwww

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:01:46.79
一方、時は戻ってバカでかい和室。
ツンさんの語りを聞き終えた僕たちは、なにも言えず、黙っていた。

ししおどしの音が近くに聞こえた。

やがて、どれくらいたっただろうか。
お父さんはひとつ大きく息をつくと、ぽつりと言った。


(,,゚Д゚)「……そうか」

ξ゚゚)ξ「……はい」


そしてお父さんは、にっこりと笑うと、手をパンパンとたたき、こう言った。


(,,^Д^)「誰か! ナタ持って来い!」

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:04:33.73 ID:6h8Np4ha0
親父wwwwwww

632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:06:59.79 ID:QgpNUhdM0
ただちに襖が開けられ、従者がお父さんにナタを差し出した。
お父さんは受け取って立ち上がると、僕にナタを振りかざし、叫んだ。


(#,,^Д^)「てめぇ……俺の可愛いツンたんを……ツンたんの割れ目を……」

(;^ω^)「お、お義父さん?」

(#,,^Д^) 「黙れ! 俺はお前のパパじゃねぇ! おい、外野! プギャーって言うな!」

(;^ω^)「い、言ってませんお!」

(#,,^Д^)「黙れ! いいか! よく聞け! 俺がどれだけツンたんを可愛がっていたのかを!」

ξ;゚゚)ξ「お父様!」

川 ゚ -゚)「クソワロスwwwwwwVIPにスレ立てよwwwwwwwww」

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:08:20.44 ID:bu0XSWrc0
クソワロスwwwwwww

636 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:08:29.27 ID:6h8Np4ha0
収拾つかねえwwwwwwwwwww

640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:11:27.31 ID:QgpNUhdM0
(#,,^Д^)「あれはツンたんが小学生のころだった……
     ツンたんを好きだといったガキを、俺はす巻きにしてやった!」

(;^ω^)「はい?」

(#,,^Д^)「中学生のころラブレターよこした奴のそれを掲示板に張ってやった!
      ツンたんに告白したガキどもは、全員最上川の泥としてくれたわ!」

ξ;゚゚)ξ「ちょ、ちょっと待って! それっておねーちゃんがやったんじゃないの!?」

川 ゚ -゚)「は? なにそれ? 知らないよ?」

(#,,^Д^)「こいつはお前のションベン飲んでただけだ!」

川;゚ -゚)「ちょwwwwwwwなんで知ってんのwwwwwwwwww」

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:13:01.65 ID:bu0XSWrc0
暴露wwwwww

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:14:40.45 ID:bu0XSWrc0
まともなの母上様だけじゃないのか?w

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:15:16.74 ID:JNjp8Vbo0
>>643
まだ油断はできんぞ

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:17:32.04 ID:QgpNUhdM0
(#,,^Д^)「初めての子どもは妹のションベンを飲む変態オタク……
     ようやく出来た次のツンたんは、とっても良くできた可愛い可愛い娘だった……
     そして俺は決心した。俺の財産はすべてツンたんに相続させるとな!」

川;゚ -゚)「ちょっと待ってよとっつぁ〜んwwwwwwwwwww」

(#,,^Д^)「それがなんだ! こんなふぐりのような男に操を奪われて……」

川;゚ -゚)「ちょwwww財産くれよwwwwwwwwww」

(#,,^Д^)「貴様に……貴様にツンたんはやらああああああああああああん!」

(;^ω^)「ちょwwwwwwwwww」

ξ;゚゚)ξ「内藤!」

川;゚ -゚)「財産!」


ナタが、僕めがけて振り下ろされた。その時だった。


(*゚ー゚)「お待ちなさい」


天使の声が響き渡った。

653 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:19:02.67 ID:Ox7UMKcZ0
まともなひとキター!?

657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:24:18.54 ID:QgpNUhdM0
それまで沈黙を保っていたお母さんが立ち上がり、
白く華奢な腕で、振り下ろされかけたお父さんの腕を止めていた。


(*゚ー゚)「あなた、落ち着いてよく考えて」

(,,゚Д゚)「しぃ……」

(*゚ー゚)「ツンデレはあなたの可愛い可愛い娘なんでしょ?
    それが選んだ殿方を、父親の貴方は信じられないの?」

(,,゚Д゚)「しぃたん……」

川 ゚ -゚)「財産……」


お母様は天使のように頬笑み、言った。


(*゚ー゚)「私は信じられない」

ξ゚゚)ξ( ^ω^)「は?」


そして手をパンパンとたたき、言った。


(*゚ー゚)「誰か、アイアンメイデンを持ってきて」

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:25:09.61 ID:KNlqs+H30
拷問器具キターーーーーーーーー!!

663 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:26:02.69 ID:WmUvLJ5TO
やっぱだめだったwwwww

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:30:38.10 ID:QgpNUhdM0
ふすまが開けられ、直ちに従者がアイアンメイデンを持ってきた。
彼女はその扉をあけ、やっぱり天使のように微笑む。


(*゚ー゚)「さあ、内藤さん。この中にお入りなさい」

(;^ω^)「ちょwwwww中、トゲトゲでいっぱいですやんwwwwwww」

(*゚ー゚)「大丈夫。あなたがツンデレにふさわしければ」

从゚∀从<は〜い、いらっしゃいませ〜

(*゚ー゚)「それにこれ、しゃべるのよ? いいでしょ?」

ξ;゚゚)ξ「よくないわよ!」

川 ゚ -゚)「バロスwwwwwww母GJwwwwwwwwww」

(*゚ー゚)「さあ、内藤さん。どーんと、ね?」

(;^ω^)「ちょwwwww無理wwwww無理wwwwwww」

从゚∀从<いらっしゃいませ〜


( ゚ω゚)「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:31:52.45 ID:bu0XSWrc0
ブーン・・・無茶しやがって

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:34:20.68 ID:QW7h84/AO
「一年出して伴侶を見つけさせる」って絶対嘘だろw

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:38:31.13 ID:QgpNUhdM0
そして僕は、アイアンメイデンに抱かれかけた。
と同時に、アイアンメイデンは爆発した。


(,,゚Д゚)「な、何事だ!」

(*゚ー゚)「ちっ……せっかく初めてのメイデンだったのに……」

川 ゚ -゚)「超展開ktkrwwwwww続きはWEBでwwwwwwwwww」


爆発で床に転がった僕は、
僕を抱き起こしてくれたツンさんは、金色に輝く戦士を見た。


(´゚ω゚`)「俺の生徒に手出しはさせねぇ!」


傍らのドクオさんは呟いた。


('A`)「先生はなれたんだ……スーパーしょぼい人に……」

683 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:40:50.90 ID:aS1uhw7BO
なぜたろう・・・しょぼんがかっこよく見えない・・・

685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:41:47.11 ID:YojLNKba0
名前的に弱体化wwwww

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:42:12.52 ID:QgpNUhdM0
(;^ω^)「先生!」

ξ;゚゚)ξ「どうしてここに!?」


(´^ω^`)b「決まってんだろ? お前らを助けに、だよ!」


( ^ω^)ξ゚゚)ξ「……」


僕たちは絶対に嘘だろうなと思った。


(´^ω^`)「さあ、行くぜ! 俺のラパンに乗ってトンズラだ!」

( ^ω^)ξ゚゚)ξ「……」


担任はふすまをなぎ倒しながら駆けだした。
とりあえず、僕らも駆けだした。

688 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:43:11.11 ID:bu0XSWrc0
ショボンwwwwもはや信用0wwww

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:46:47.63 ID:QgpNUhdM0
担任を先頭に、僕たちはラパンへと急いだ。
迫りくる従者たち。しかし、担任はことごとく彼らをなぎ倒した。


(;^ω^)「なんで先生、あんなに強いんだお?」

('A`)「それはね、夢、の力だよ」

(;^ω^)「夢、ですかお?」

('A`)「そうだ。夢さえ持っていれば、人はあんな風にどこまでも強くなれるんだ」

( ^ω^)「……」


そう言い切ったドクオさんは、あの日僕が見たドクオさん同様、眩しく輝いていた。

そして僕たちはラパンへたどり着いた。
そこで僕は担任の夢の正体を知った。

695 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:51:24.97 ID:QgpNUhdM0
( ^ω^)ξ゚゚)ξ「……」

(´^ω^`)b「さあ、お前ら、乗れよ!」

( ^ω^)「これの……」

ξ゚−゚)ξ「どこに乗れっていうんです?」


そこには、金銀パール骨董品ドラゴンボールでいっぱいのラパンがあった。


ξ゚゚)ξ「てゆーか、これ、私の家の倉庫に保存してたお宝ですよね?」

(´^ω^`) 「うん! これを売って海外に高飛びするのが俺の夢さ!」

( ^ω^)「じゃあ、僕たちを助けたのって、もしかして……」

(´・ω・`)「追手がかかったときの人質にするために決まってんだろ」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:52:14.46 ID:IjoKRqiZO
外道めwwwwww

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 00:52:33.49 ID:az4h0WOU0
屑すぎるwwwwwww

702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 00:58:12.93 ID:QgpNUhdM0
(´・ω・`)「おら、早く乗れよクズども」

ξ゚゚)ξ「だからと言って、ねぇ……」

( ^ω^)「人質すら乗るスペースがないお……」


ラパンは運転席以外、テトリスのように財宝で満たされていた。


(´・ω・`)「ちーと詰め込み過ぎたか。まあいいや。追っても当分かかんねぇくらいかき回してきたしな。
     お前らいらねーわ。俺ひとりで行くからよ。んじゃーな」

ξ#゚゚)ξ「ちょっと待ってよ! 私たちどーやって帰ればいいのよ!」

(´゚ω゚`)「歩いて帰れ! 若もんだろーが!」

ξ#゚゚)ξ「若ものにも限度があるわよ!」

(´・ω・`)「しゃーねーなー。んじゃ、この財布好きに使っていいから、タクシーで帰れや」


担任は財布を投げつけると、ラパンに乗って走り去っていった。

704 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:04:34.49 ID:QgpNUhdM0
ξ゚゚)ξ「タクシーで帰れって言ったってねぇ……」

(;^ω^)「財布、いくら入ってるんだお?」

ξ゚゚)ξ「827円」


担任が哀れでしょうがなかった。


ξ゚゚)ξ「しょうがないわね。みんな、いくら持ってる?」

(;^ω^)「5000円くらいだお」

('A`)「ミニロトの外れクジ円」

川 ゚ -゚)「30円かな」

ξ゚゚)ξ「私が500万ちょっと。ま、なんとか帰れそうね」


そして僕たちはタクシーを捕まえ、僕たちの町へと帰った。

705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:05:21.31 ID:pO0ynlBSO
500万ちょっとwwwwwなら聞くなwwwwwww

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:06:10.33 ID:88jdrKauO
川 ゚ -゚)が哀れwww

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:07:57.66 ID:bu0XSWrc0
てかクーとドクオいたんだなww

710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:10:21.99 ID:QgpNUhdM0
捕まえたタクシーの中で、みんな眠っていた。
無理もない。あんなことが一日の内に起こったのだから。

ふと、僕は目覚めた。外は真っ暗で、雨が降っていた。
フロントライトの光は、とても頼りない。流れるラジオの声も、頼りない。

しかし、ラジオがこう言ったのだけは、はっきりと聞き取れた。


「本日夜、海岸を猛スピードで走行していた軽自動車が突如横転。
 そのまま海へDIVE!しました。
 目撃者の証言から推察するに、軽自動車のタイヤがパンクしたことが原因のようです。
 なお、車体および運転者は、いまだ見つかっておりません」

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:12:07.37 ID:xWDRFCfaO
ショボンが…

716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:14:00.25 ID:oENwM/ezO
そんな… あっけない…あっけなさすぎる
き…きっとショボンは事故にみせかけて高飛びしたんだ!!
そうだそうに違いない!!

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:15:10.58 ID:QgpNUhdM0
( ^ω^)「……」


誰の車か、一発で分かった。
僕は目をつむり、担任と思い出に浸る。
しかし、ロクな思い出が見つからなかったので、すぐに止めた。


('A`)「内藤くん……ラジオ、聞いたかい?」

( ^ω^)「……ええ。ドクオさんも、起きてたんですおね」

('A`)「ああ……先生は……いい先生だったね……」

(;^ω^)「どこがですかお……」

('A`)「いや、これ以上いい先生はいないよ。だってさ……」


ドクオさんは悲しげに笑い、言った。


('A`)「人の夢と書いて、儚いと読む。
   先生は、そのことを身をもって教えてくれたんだ」

718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:16:23.40 ID:Ox7UMKcZ0
泣いた

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:18:50.59 ID:aS1uhw7BO
失って分かる


しょぼんの大切さ

723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:19:32.48 ID:QgpNUhdM0
僕は目をつむり、ドクオさんの言葉を反芻した。

人の夢は、儚い。

僕が描く夢も。
ドクオさんが描く夢も。
担任が描いた夢……は別にどうでもいい。

ならば、人の夢が儚いというのなら。
一筋の泡となり弾けるような存在だというのなら。

僕は……僕は……



( ^ω^)「どないせー、ちゅうねん」

727 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:25:51.19 ID:QgpNUhdM0
('A`)「だから、僕らは確かなものを求めるんだ」

( ^ω^)「確かな……もの……」

('A`)「そうさ。人の夢が儚いというなら、それを補えるだけの確かなものを持てばいい。
  そうすれば、いつかきっと、夢も形を持つ。バベルの塔も、いつかは天に届く日が来る」


ドクオさんは、まっすぐに前を向いていった。
確かなもの。僕にとっての確かなもの。
それはきっと、彼女だ。


川 ゚ -゚)「むにゃむにゃ……だめだよ……そこは違う穴だよ……」


間違えた。


ξ‐‐)ξzzZ


それはきっと、彼女だ。

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:29:02.94 ID:QgpNUhdM0
( ^ω^)「ドクオさん」

('A`)「なんだい?」

( ^ω^)「ドクオさんの確かなものって……なんですかお?」

('A`)「生……」


そしてドクオさんは、ニヒルに笑った。


('∀`)b「それは……内緒さ!」


そうだ。確かなものを、人にやすやすと語ってはいけない。
僕の追い続ける背中はやっぱり輝いていた。

ああ、それでこそ、僕が尊敬するドクオさんだ。

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:30:22.11 ID:j19JYLiN0
俺もドクオを尊敬する

731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:30:40.76 ID:ZkA6izUP0
内藤よ、目を覚ませwwww

732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:34:47.73 ID:QgpNUhdM0
それからの話を、少しだけ。
明け方、町に帰った僕たちは、それぞれの日常に帰っていった。

正月も開け、冬休みも開け、始業式。
朝練で僕は、ドクオさんと一緒に走るみんなを眺めていた。


( ^ω^)「僕は、ずっとこの光景を見ていたいんですお」

(*'∀`)「ハァハァ……いい……すごくいい……」

(;^ω^)「え? ド、ドクオさん?」

('A`)「え? あ、ああ。俺もだよ」

( ^ω^)「だから、僕はいつか、あなたを追い抜きますお」

('∀`)「……ああ。やれるもんならやってみろ」


ドクオさんは、限定版のえろげとかなんとか言って、帰っていった。

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:40:28.09 ID:QgpNUhdM0
(´゚ω゚`)「起立! 気をつけ! イナバウアー! 否着席!」


なにごともなかったかのように現れた担任。全員が着席した。


(´゚ω゚`)「はい! 新年あけまして死ね!
    ところで先生、今年は億単位のお年玉をもらいました!
    それでラスベガスに行って全財産すってきました!」

(´;ω;`)「だから誰か、お金貸してください!
      もう三日も何も食べてません! 先生に愛の手を!」


全員が中指を立てた。


(´゚ω゚`)「けっ! てめーら全員落第だ! バーカ! お前らの将来全力でつぶしてやるからな!」


担任は、今日も元気に生きている。

736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:41:36.76 ID:IjoKRqiZO
やっぱ生きてたかwwwwwwwww

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:42:36.45 ID:zXD0LVQjO
億単位をカジノでするってwww

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:43:28.17 ID:bu0XSWrc0
ショボンの生命力が異常w

740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:44:05.49 ID:QgpNUhdM0
川 ゚ -゚)「うはwwwwwwwアフィリエイトでうはうはwwwww
    これだから2ちゃんブログは止められねぇwwwwwwww」


クーさんは、どうやらいくつかのブログを始めたらしく、
よくわからないがとても儲かっているらしい。


川 ゚ -゚)「さーて、次は写真集の撮影だ。ネットアイドルは辛いね。
    フォトショさん、今日もよろしくお願いしますよっと」


その他、いろいろな手段で金もうけにいそしんでいるみたいだ。

これも一つの夢の形。
是非ともクーさんには頑張ってほしいと思う。

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:55:03.43 ID:QgpNUhdM0
そして、放課後、部活終わり。
僕は校門へ小走りでかけていく。


ξ#゚゚)ξ「遅い!」

(;^ω^)「ごめんだお!」


夜の中、二人で連れ立って歩く。
徐々に日が長くなり始めたとはいえ、まだまだ夜の闇は深い。

けれど、寒くもなければ、暗くもない。
僕は、まっすぐに歩ける。


ξ゚゚)ξ「今日は冷えるね」

( ^ω^)「ホントだお。なにか暖かいもの食べたいお」

ξ゚ー゚)ξ「あ! ならシチューがいい! お肉たっぷりの!」

( ^ω^)「はいはい。にんじんもいっぱい入れるお」

ξ゚゚)ξ「えー、にんじんはミリ単位でよろしく」

(;^ω^)「ちょwwwwwwwそれはねーおwwwwwww」

747 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:55:44.72 ID:QgpNUhdM0
それは、いつのころからだっただろう?

アキレス腱を切ったとき? 
ドクオさんに声を掛けられた時?


ξ゚゚)ξ「ねぇ、ブーン?」

( ^ω^)「お? なんだお?」

ξ;゚゚)ξ「ここここ、今夜、おねーちゃん、いないの」


いや、違う。

それは、あの日。

750 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:57:40.73 ID:QgpNUhdM0
ξ////)ξ「だだだだだだ、だかららら、ととと」

(;^ω^)「だ、だから、どうしたんだお?」


段ボールで通路がふさがれていたあの日。
段ボールの陰から君が現れた、あの日。



ξ////)ξ「ととと、泊まってけって、い、言ってんのよ!」



ツンさんが引っ越してきた、あの日からだ。






ξ゚゚)ξが引っ越してきたようです


                            おわり(´^ω^`)



752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 01:58:51.89 ID:qvoaTEbP0
乙!

すばらしかった!!


754 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:59:09.63 ID:pO0ynlBSO
なんか最後は綺麗にまとめたな。おつかれさま

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 01:59:31.77 ID:Hsj7xA7YO
お疲れ(#´^ω^`)

764 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:01:21.63 ID:dvLgu5Q8O
乙!それにしてもこの>>1は神掛かってたな

766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:02:34.83 ID:IjoKRqiZO
乙でした!!
どいつもこいつもキャラ濃すぎwwwwwwwww

だが、それがいい。

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 02:02:46.63 ID:QgpNUhdM0
(´゚ω゚`)「これで話は終わりだべらんめぇ! 残念だったな! こんな駄スレ三日近く保守してよ!」

(´゚ω゚`)「まあこっちとしては行き当たりばったりで書いてて楽しかったんだがよ!」

(´゚ω゚`)「明日もてめーら仕事が学校だろ! 無駄に時間使ったな! 可哀そうになぁ! ゲラゲラ」

(´゚ω゚`)「というわけで、何もなければ俺は寝るぜ! お前ら全員死ぬ気で生きてみせろ!」

769 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/02(木) 02:03:06.34 ID:mmKfEj270
ショボン最低すぎて最高だった
乙!

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:03:33.10 ID:gJfNfGxgO
次はショボン主役の話読みたいな

>>770

こんな奴主人公にしたくないです



771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:03:42.08 ID:Yj0CG4BAO
1日女王様の人?

>>771
あの節はお世話になりました。やっぱりわかります?


774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:04:40.61 ID:NzfdBdcV0
>>767
ニートには仕事も学校もないんだぜ



>>774
(´・ω・`)「俺さえ働いているというのに……」


795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/02(木) 02:27:44.89 ID:0ruZAUxvO
>>1
とても楽しかった


▼関連記事▼

ξ゚゚)ξが引っ越してきたようです
( ^ω^)たった最後の一言のようです
( ^ω^)ブーンはドクオの結婚式を盛り上げたいようです
从 ゚∀从俺とクソジジイ/ ,' 3 のようです
同一カテゴリの記事を見る