1::2011/01/10(月) 06:58:15.45 ID:/ReZDyfd0
歴史に名を残したかどうかは定かではない。

…だが、確かに彼等が、その時代を生きたという
「証(あか)し」が ここにある。

そんな人たちの写真を貼っていこうと思う。

侍:その1



流れ的には、侍→市井の人々→婦女子みたいな感じで。


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 07:07:54.17 ID:wcn33EUg0
誰得

>>4
ここを覗いている人の、きっと一人ぐらいは
お気に召して下さるであろうことを望みつつ…


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 07:24:18.10 ID:01q926cnP
>>1は歴女()

>>11
いえ、まごうことなき♂でございます。





2::2011/01/10(月) 07:02:46.64 ID:/ReZDyfd0
侍:その2



3::2011/01/10(月) 07:07:27.20 ID:/ReZDyfd0
侍:その3



5::2011/01/10(月) 07:12:11.80 ID:/ReZDyfd0
大身の武家と小姓



10::2011/01/10(月) 07:22:57.21 ID:/ReZDyfd0
弓を引く侍:その1



14::2011/01/10(月) 07:30:53.57 ID:/ReZDyfd0
弓を引く侍:その2

vljiko038859

18::2011/01/10(月) 07:35:09.31 ID:/ReZDyfd0
オランダ公使館の護衛隊長



オランダ公使館の護衛兵士たち



20::2011/01/10(月) 07:45:37.36 ID:/ReZDyfd0
具足を着用した侍:その1



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 07:46:23.89 ID:LCpQtXxm0
和洋折衷ってステキよね

>>21
ちょうど時期的に、軍装が和装から洋装に段階的に
移行しつつあった時代ですから、こういうのもアリですよね。


22::2011/01/10(月) 07:50:48.38 ID:/ReZDyfd0
具足を着用した侍:その2



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 07:54:27.18 ID:01q926cnP
>>22
こいつイケメンだな


24::2011/01/10(月) 07:56:41.66 ID:/ReZDyfd0
幕府陸軍



後ろの方の人なんか、まだ烏帽子を着用してるし(笑)


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 08:43:01.60 ID:LCpQtXxm0
>>24
おおー!こういうのカッコイイな!
和の感じも好きだが、洋風なのもかっこいい


25: ◆SUISEImM0U :2011/01/10(月) 08:00:57.32 ID:QPEAhCS20
幕末ってことは
維新後の西南の役やら鳥羽伏見経験してるってことだよな?

この方達って人を斬ったり弾いたりしてるのか・・・

28::2011/01/10(月) 08:12:48.41 ID:/ReZDyfd0
>>25
実際に従軍したであろう可能性は大きいでしょうねぇ。

まぁ、戊辰戦争なんかだと藩によっては出征した人数に比べて、
死亡人数自体は相当少なかったりしますから、場合によっては、
見事に生還して明治の世を生きたかもしれませんね。

例:宇都宮藩 1661人中、52名が戦死
  加賀藩 7713人中、107人が戦死


30: ◆SUISEImM0U :2011/01/10(月) 08:21:05.75 ID:QPEAhCS20
>>28
意外と少ないんだな


33::2011/01/10(月) 08:31:50.27 ID:/ReZDyfd0
>>30
最大人数で…という事になると、新政府軍の場合は
薩摩藩が、7306人中、514人が戦死でトップ。

旧幕府軍で…となると、奥羽越列藩同盟に限定した場合、
会津藩が、約9400人中、2557人戦死で最多だったそうです。


26::2011/01/10(月) 08:02:10.28 ID:/ReZDyfd0
洋装の侍



なお、2人の足の後方にチラッと見えてるのは、
被写体がぶれないように首を固定するための器具。


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 08:43:01.60 ID:LCpQtXxm0
>>26
おおー!こういうのカッコイイな!
和の感じも好きだが、洋風なのもかっこいい


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 08:12:32.19 ID:9zFF/Nqn0
改めてこう写真みると本当に侍っていたんだよな。ってそんな気分になる

29::2011/01/10(月) 08:19:36.56 ID:/ReZDyfd0
さて、お侍様は一旦切り上げまして、お次は市井の人々をば。

商人:その1



31::2011/01/10(月) 08:22:21.35 ID:/ReZDyfd0
商人:その2



典型的な、コテコテの「あきんど」のイメージですね。


34::2011/01/10(月) 08:36:14.24 ID:/ReZDyfd0
行商人(棒手売/棒手振)



棒手売 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%92%E6%89%8B%E5%A3%B2


37::2011/01/10(月) 08:47:22.11 ID:/ReZDyfd0
野菜売り



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 08:53:40.04 ID:mJAahR+v0
>>37
フィギュアっぽいな


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 08:51:15.03 ID:i49lQwkZ0
女子希望。

>>38
婦女子の方々は最後のお楽しみと言う事で
何卒、今しばらくのご辛抱を…m(_ _)m


41::2011/01/10(月) 08:57:30.36 ID:/ReZDyfd0
荷運び



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 09:15:49.34 ID:Lg5rOjHgO
>>41
これ何キロあるんだ…


39::2011/01/10(月) 08:52:29.69 ID:/ReZDyfd0
笊・籠売り



龍馬伝の弥太郎をリアルにやるとこういう感じになるんでしょね。
あ、いや、あっちは鳥かごでしたけど…(^^;


43::2011/01/10(月) 09:07:31.94 ID:/ReZDyfd0
金毘羅参りの巡礼



元写真が掲載されてた本の解説で「飴売り」ってなってたけど、
左手に振り鈴を持ってるし、首から下げてる木箱には「丸金」の
印が入ってるので、これに金刀比羅宮の御札が入ってると考えて
差支えないんじゃなかろうかと思いますが…。


45::2011/01/10(月) 09:15:29.25 ID:/ReZDyfd0
見送り



背景に書割を使用した、スタジオ内での演出写真。

…ところで、右の人が有吉に見えて仕方がないんですが、
ひょっとして自分の目がイカレてるんだろうか…(;´Д`)


50::2011/01/10(月) 09:24:19.29 ID:/ReZDyfd0
町火消し



提灯の上部に横文字(英文?)が入ってるのが珍しいですね。


53::2011/01/10(月) 09:33:00.40 ID:/ReZDyfd0
刺青の男



今ではすっかりアウトロー扱いになってしまった刺青ですが、
当時は、刺青のある者は色々な場所で優遇されたり、料亭などで
自慢の彫り物を見せる品評会などもあったとのこと。


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 09:39:44.08 ID:Lg5rOjHgO
>>53
やっぱ和彫りは綺麗だなぁ


55::2011/01/10(月) 09:40:24.64 ID:/ReZDyfd0
力士と行司



TVなどで見る化粧回しに比べて、いささか地味な感じですが
現在のような豪華な化粧回しになったのは大正時代以降との事。


60::2011/01/10(月) 09:53:20.34 ID:/ReZDyfd0
三河万歳の太夫



江戸時代の新春の門付け芸においては、獅子舞や春駒とならんで
メジャーだったそうですが、今では保存会において維持している
ようですね…

三河萬歳 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B2%B3%E8%90%AC%E6%AD%B3


62::2011/01/10(月) 09:55:56.80 ID:/ReZDyfd0
幕末古写真ジェネレーター
http://labs.wanokoto.jp/olds


64::2011/01/10(月) 10:03:23.61 ID:/ReZDyfd0
僧侶



随分と良い衣を身に着けてるので、恐らく相当高位の坊様。

…ただ、こんな坊様でも、裏では お稚児さんやら陰間と
アッー!な事してたんだろうな…と、邪推してみたりする。


67::2011/01/10(月) 10:08:13.17 ID:/ReZDyfd0
さて、長らくお待たせしましたが婦女子の面々に移ります。

まずは子供さん方から。

武家の子女



68::2011/01/10(月) 10:12:28.71 ID:/ReZDyfd0
農村の子供達



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:14:50.35 ID:KkbngZl20
色ついてるならカラーで見たいな

73::2011/01/10(月) 10:19:27.86 ID:/ReZDyfd0
>>69
色付きとなると、明治に入って以降の お土産写真に
なってしまいますから、厳密には幕末ではありませんが、
それでも宜しければ、一通り貼り終わった後に数枚ほど
用意させて頂きますけれども…如何でしょうか?


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:28:21.99 ID:KkbngZl20
>>73
古い写真の着色に興味があるので参考に是非


70::2011/01/10(月) 10:16:20.48 ID:/ReZDyfd0
見返り幼女



74::2011/01/10(月) 10:23:08.71 ID:/ReZDyfd0
茶屋の娘



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:23:45.61 ID:zlWl0V6m0
確かに茶屋の娘って感じだ

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:24:34.45 ID:Lg5rOjHgO
この時代に写真残ってる人ってやっぱ地位が高いか金持ちなのかな

80::2011/01/10(月) 10:35:36.98 ID:/ReZDyfd0
>>76
それまでの絵師が描く、いわゆる個人の肖像としての
意味合いによる撮影の場合はそれに当てはまるでしょうし
↓のような、明らかに富裕層でない庶民を撮影した写真も
多く残っていますので、もしかしたら、その場合は写真師の
発意によるものかもしれませんですね

長屋のおかみさん



77::2011/01/10(月) 10:27:18.58 ID:/ReZDyfd0
婀娜(あだ)っぽい娘さん



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 10:39:29.17 ID:zlWl0V6m0
>>77
この目つき最高だ


83::2011/01/10(月) 10:45:57.42 ID:/ReZDyfd0
ポートレイト:その1



84::2011/01/10(月) 10:57:01.28 ID:/ReZDyfd0
ポートレイト:その2



個人的には非常に好み///


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:37:32.76 ID:1rnYyyRqP
自分が興味を持ったことのないジャンルなので、逆に面白く拝見しています。
>>83、84の方など今の時代でもいそうな雰囲気ですね。


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:40:09.07 ID:KDjoU2vs0
>>95
顔は現代から見ても可愛い、しかし体は小さい
=俺好み


106::2011/01/10(月) 11:58:27.20 ID:/ReZDyfd0
>>95
先ほど挙げたサイト以外にも、明治以降のものなども
含めますと、古写真が見られるサイトは結構ありますので、
もしも興味をもたれましたら↓の掲載の所なども是非とも。

古写真リンク集
http://www.geocities.jp/web_ukiyoe/link3.html


85::2011/01/10(月) 11:05:35.63 ID:/ReZDyfd0
かっぽれ踊り



真ん中の女性のポーズに何故か惹かれる…(笑)

かっぽれ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%8C


87: ◆SUISEImM0U :2011/01/10(月) 11:14:01.09 ID:27YUrFRb0
>>85
この時代の写真ってことはずっとこの格好で止まってるんだよな


90::2011/01/10(月) 11:24:28.20 ID:/ReZDyfd0
>>87
その点についてですが、↓を見てみる分ですと
どうやら幕末頃でも撮影時間はかなり短かったみたいですね。

【参考リンク】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1342627203
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215584597


93: ◆SUISEImM0U :2011/01/10(月) 11:32:21.75 ID:27YUrFRb0
>>90
ありがとう
かなり短かったんだな


88::2011/01/10(月) 11:17:57.65 ID:/ReZDyfd0
さて、大体の写真は貼り終わりましたので
先ほど申してましたカラー写真を何枚か。

羽根突き



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:22:49.04 ID:1rnYyyRqP
どうして秘蔵の写真を貼ろうと思ったんですか?
それからどうやってこんな写真を集めるんですか?


92::2011/01/10(月) 11:30:54.91 ID:/ReZDyfd0
>>89
…いや、別に秘蔵というほどでもないんですが。
というか、結構前に出た本に掲載の既出のものばかりですんで…。

理由については、あくまでもノリで…と言う事で、ええ。

あと、ここには↓からのは掲載してませんけども、
こういう形で古写真を見られるところもありますよ。

幕末・明治期 日本古写真メタデータ・データベース
http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/index.html


96::2011/01/10(月) 11:38:59.35 ID:/ReZDyfd0
馬方と馬



写真では少々分かりづらいですが、
馬も人間同様に草鞋を履いているのに注意。
※当時の日本には蹄鉄の習慣が無かったため

【参考リンク】
http://www.footandtoy.jp/event/2005/h_collection/hc09.htm


99::2011/01/10(月) 11:42:34.17 ID:/ReZDyfd0
髪結い



どちらの方も年季が入ってらっしゃいます。


101::2011/01/10(月) 11:47:04.50 ID:/ReZDyfd0
魚屋の店先



104::2011/01/10(月) 11:52:53.65 ID:/ReZDyfd0
花魁道中



あくまでも演出写真なので ご覧の通りですが、
実際には、花魁道中といえば実に華やかな道行だったそうです。


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 11:58:07.11 ID:gsEJzCzO0
動物の写真とかはないのかな
撮るのが難しいんだろうか


108::2011/01/10(月) 12:06:33.87 ID:/ReZDyfd0
>>105
前出のような馬の写真はよく見かけますが、
それ以外のものとなると、猿回しの写真で、
サルが衣装付けて座ってるものや、吊った紐に
ぶら下がっている写真が現存しています。


109::2011/01/10(月) 12:12:03.64 ID:/ReZDyfd0
では、そろそろいい時間になってきましたので
最後に、とっておきの写真と、UPするにあたって
参考にした本を貼りまして御免したいと思います…。

弁天様に扮した女性



恐らく日本最古のコスプレ写真!…かもしれない。


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 12:19:18.39 ID:aWwNsYBX0
貴重な写真をありがとう
>>1


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 12:20:17.76 ID:gsEJzCzO0

白黒のコスプレとかいろんな意味ですごい


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/10(月) 12:32:30.63 ID:1rnYyyRqP
>>1楽しかったです。ありがとう。


幕末維新の暗号

【イチオシ関連記事】
江 戸 時 代 お ま え ら
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51535322.html


▼オススメ一覧▼

幕末バトルロワイヤル (新潮新書)

【画像】 平安時代の落書き(似顔絵)を発見 漫画のようにデフォルメされたパーツや表情

こいつチートだろ、っていう歴史上の人物と何したか書いてけ

1日3食という食習慣は200年にも満たない浅い習慣 1日2食でも十分

【画像有】奈良の大仏は創建当時こんな色だった


Twitter始めました。フォローお願いします!

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)