1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 18:22:35.61 ID:AiPyto3gO
111

思わず言語学に興味を持つレベルの雑学おしえれ







5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 18:28:04.28 ID:Cvlj1lPv0
「切る」という意味の言葉は、子音が[k]で始まる読み方をする外国語が多い

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 18:28:25.45 ID:IpFwLf/b0
アメリカの英語は入植当時のイギリスのアクセント

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 18:32:39.65 ID:AiPyto3gO
>>6
イギリス英語の方が厳格なイメージあったけどそうでもないのか

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 18:46:51.86 ID:3wLZVGgwP
アメリカの先住民ナヴァホ族の話す言語は特殊すぎて、理解できるものがほとんどいない事から、第二次大戦でアメリカ海兵隊の暗号通信役として、前線で活躍した。

通称ナヴァホコードトーカー

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:31:02.83 ID:sxbT5ktJ0
>>9
ウインドトーカーズって映画があったよな

268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:17:54.25 ID:AHXMw/J50
>>9
一方日本軍も鹿児島弁を暗号に使った

12: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/06/18(土) 18:55:40.95 ID:2Odupdbl0
ghotiはfishとも読める

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:43:40.01 ID:F5dGqxNR0
>>12の解説しとくわ
エゲレスの劇作家、バーナード=ショーが
英語のつづりと発音の不一致への皮肉

laugh の「gh」は「f(フ)」と発音する
women の「o」は「i(イ)」と発音する
nationの「ti」は「sh(シュ)」と発音する

したがって「fish」は「ghoti」と書くべきである

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:07:19.25 ID:1MQ7mhn70
NEWSの語源は東西南北の英語の頭文字から
あっちこっちの知らせを一纏めに呼ぶ時に東西南北の頭文字並べたら良いんじゃね?という発想

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:07:43.16 ID:IfC/pWLY0
>>13
というのはガセ

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:10:34.39 ID:3wLZVGgwP
エトルリア人の使っていた言語は30000点以上の資料があるにもかかわらず、未だに全容が解明されていない。

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:13:00.04 ID:sPXa36D1i
>>16
すげー

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:13:51.73 ID:IZjZFVI40
ぐっすりは英語のグッドスリープからきている

どやっ!

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:32:28.72 ID:F5dGqxNR0
>>19
釣りだよな
そうじゃなかったら中学生に教えてもらえ

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:00:28.02 ID:UTpHfbTF0
>>49
ぐっすりって眠るとき以外使わないから俺もそうだと思ってた
中学の先生もそうかもと言っていた
実際どうなんだよ

178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:27:38.97 ID:F5dGqxNR0
>>106
「ぐっすり」は「ぐす(十分に)」という古語が語源

goodはほとんど形容詞で、sleepはほとんど動詞で使うから
good sleepはそもそも文法的に修飾も語順も誤っている

「ぐっすり寝る」を英訳すると
sleep wellもしくはhave a good night's sleepになる

184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:30:37.91 ID:UTpHfbTF0
>>178
眠るとき以外に使わないのはどうして?
ぐっすり手に入ったぞウハハ
みたいな使い方は全く見たことも聞いたこともない

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:46:08.30 ID:F5dGqxNR0
>>184
すまない、俺もそこまで専門じゃないから詳しくないんだ

江戸時代にはもう睡眠が十分な様の形容に使われていたらしいけど
「ぐっすり」は擬態語だから、他の同語源の擬態語(「ごっそり」とか)と
使い分けるようになったんだと思う

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:17:09.20 ID:F5dGqxNR0
平安時代の日本は「h」の音を「p」で発音していた
それが「f」で発音するようになり、
さらになまって「h」になった

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:17:33.90 ID:li9GKGvd0
>>22
平安時代の、少なくとも京都では既にファ行音だったみたいよ。
[p]>[Φ]の変化は文献時代以前に既に起こっていたらしい。

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:18:33.63 ID:UoxORrFb0
寝るときに見る「夢」も
将来自分がなりたいという願望の「夢」も
英語でもどっちも「Dream」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:29:11.53 ID:XP/eqmCQ0
>>24は、明治になってから日本語の方に英語の意味がプラスされたらしい。

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:19:34.28 ID:NbopalfM0
「お茶」は世界中のどこでも「tya」とか「tea」みたいな語感で、適当にそれっぽく言うと通じる

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:23:59.20 ID:re4AGBWV0
というよりもさ

いろんな言語があるのに、それぞれにちゃんと対応した同じ意味の単語があるって実はすごいことだと思う

あと未知の言語を最初に理解した人はどうやったのか、とかもすごい気になる

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:28:58.88 ID:7ovrwdLjO
>>30
ペリーが日本に来た時とかどうやって話通したんだろうね

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:31:05.08 ID:JxGjCmAY0
>>41
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315052298

同じ疑問もった人がいたようです

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:30:57.19 ID:l6tQSXd50
>>30
それぞれにちゃんと対応した同じ意味の単語はあるとは限らない

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:25:11.40 ID:pYcMo5x/O
文字を書ける人が少なかった時代、文章を書くことは魔術のようなことだった
そのことが妖しい魅力、性的魅力を指すようになっていったから
グラマーということばには文法と魅力という意味がある

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:25:28.08 ID:AE0IO8520
アメリカに「トリビアの泉」があったら



日本では



「ロード」のことを



「ドーロ」という






ワーオ
       ワーオ
 ワーオ

        ワーオ

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:26:12.22 ID:Cvlj1lPv0
>>33
ワーオて

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:30:22.56 ID:PyMKWTEIO
俺が日本語をすんなり理解できるように、アメ公も英語をすんなり理解できるっていうのが不思議すぎる

51: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/18(土) 19:33:00.77 ID:3NwzaHpQO
>>44
日本語は世界一難しい言葉じゃなかったっけ
読み方同じで意味が違う単語も多いし
漢字 ひらがな カタカナの3つを覚えなきゃならないから
とかなんとか。

あと日本以外の国でも日本語が主流の国があるらしい。

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:34:42.23 ID:OKs9q9Yn0
>>51
ギリシャ語じゃないの?

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:38:04.60 ID:4nv07Mcp0
>>54
どの言語を使ってる人かによって難しさは変わるだろ
日本語を話す人からしたら英語は難しい

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:39:20.43 ID:XP/eqmCQ0
>>60
ね。
でも、自分の言語が世界一難しい、って思いたがる人は世界中にいるって、なんかで読んだ記憶がある。

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:46:33.51 ID:Y23zYi500
>>51
発音がトップクラスに難しいのはコイサンマン語
さまざまな舌打ちが言語に使われるめずらしい言語

ドイツ語は冠詞大杉氏ね

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:51:53.68 ID:k43I9gKf0
>>51
日本語はシステマチックで難しくはないよ。
活用もシステマチック。変格活用なんて数えるほどしかない。
格助詞を覚えれば文節の順序はどうでもいいし。

文字の難しさは世界一と断言していい。日本に留学に来てた中国人も日本の漢字の読みは難しいっていってた。
あっちじゃ1つの字は1つの読み方しかないんだって。「規定の定規」なんてもう大変だよ。

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:00:48.73 ID:hl0S1Oj80
日本語は高等教育で使用できる数少ない言語・・・だった気がする

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:47:17.67 ID:POLxxu/00
日本語 イクッ イクー!
英語など クルッ クルー!

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:53:11.22 ID:Y23zYi500
「権利」「自由」は文明開化以降できたんだっけかな

日本語「群れ」
英語「school(魚)」「herd(狼)」「flock(トリ)」「pack(羊・ヤギ)」

牛も文化の違いが現れてて面白い

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:53:52.93 ID:0kGaXgcK0
話者がごく少数で消滅寸前の言語が多数あり
その言語を解析しようとする学者も居ること

93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:55:40.06 ID:Y23zYi500
>>90
どこかの言語は話せる奴が2人しかいないのに
会話が続かなくて消滅寸前だというのあったな

http://dailynewsagency.com/2011/04/16/dying-language/
94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:55:40.96 ID:XP/eqmCQ0
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2691446/5282181
ボ語について詳しく知りたいんですがどうすればいいんですか?


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 19:59:31.80 ID:XP/eqmCQ0
ケセン語ってしってるか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E8%AA%9E


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:46:34.43 ID:D5PLzGf80
>>105
スペイン語とイタリア語、同じラテン語系なら言葉がなんとなくで通じるって話があるけど
こんくらいの違いしかないのかなー
内心お互い訛りすぎって馬鹿にしてのかなwww

224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:51:36.31 ID:wMajWjJv0
>>218
バカにしたりはそんなないんじゃない?
昔は長いこと貴族や知識人、神学者の共通語はラテン語だったわけだし
今も学術用語等でラテン語使う機会多いし
むしろアルファベット圏という共通意識の方が先に芽生えるとか

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:07:06.34 ID:k43I9gKf0
1階、2階、3階、4階、いっかい、にかい、さんがい、よんかい、
前が「さん」だと「がい」になるのに、「よん」だと「かい」って濁らないのはなんでなんだ?

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:07:27.45 ID:D9hN25cVO
津波とか変態とか

極東のちっぽけな島国でしか話されていない単語が世界共通語にある

132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:09:20.40 ID:sxbT5ktJ0
>>124
tycoonって言葉はその極東の言語を知ってる人間でも元になった単語を知らないのにな

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:11:49.24 ID:D9hN25cVO
>>132
ハンチョーって単語も英語にあるらしい

大東亞で日本の下士官が優秀だったから、だとか

149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:14:40.97 ID:Y23zYi500
>>132
ボンズ=坊主もだっけか

うすぼんやりした概念が名前が付くと急速に認識されて広まるのは不思議だな
ストーカーとか厨二、ミサワみたいに

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:08:45.26 ID:KCx0CjHvP
 S A T O R
 A R E P O
 T E N E T
 O P E R A
 R O T A S

ちょっと違うけど言葉には面白いことも起こる

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:08:57.25 ID:79aKw+Zi0
イギリス人探検家が見慣れぬ動物を指して
「あれは何という動物だ?」
「カンガルー(分からない)」
と言ったところから、カンガルーという名がついた

という有名な説は全くのガセ

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:11:42.73 ID:79aKw+Zi0
イギリス人探検家が見慣れぬ食べ物を指して
「あれは何という食べ物だ?」
「カレー(料理)だ」
と言ったところから、カレーの名がついた

という有名な説も全くのガセ

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:14:44.46 ID:oSL1kGfl0
日本語に雨の種類を表す言葉が多いようにその民族の価値を重くおいていたものはたくさんの言葉で表される
モンゴルなら馬の種類を表す言葉が200近くある
ソースは昔VIPで見た

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:18:33.81 ID:k43I9gKf0
>>150
日本だとブッチギリで米? 稲? 飯?

207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:40:44.44 ID:DwTK6oIq0
>>159
日本だとぶっちぎりで擬音の数

215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:45:41.26 ID:k43I9gKf0
>>207
すると>>186のいうのと合わせると、日本語は情緒的なのかと思いきや
「もの」「こと」という概念を表す単語もあって、論理的な思考をするのにもそれなりに向いてるんだよね。

238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:57:26.21 ID:DwTK6oIq0
>>215
多くの他人が集まって騒いでる「がやがや」って表現は他の文化に無いものだ
このスレには他言語へ詳しい人も居るようだけど「がやがや」を対訳しろと言われても出来ないはず

「(砂が)さらさら」「(砂が)ざくざく」
前者は自然的な粒子を表現(勝手に動いてる)するのに対し、後者は人為的(砂を掘るなど)な表現だ
他言語に物質の量(水量や風の強さ)を表現する擬音はあるが、物質の状態を細かく表現出来る擬音はかなり少ない

168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:22:23.83 ID:iQsospwX0
高校の教科書にも載ってるが「ことばと文化」っていう本は読むべき
あやふやだし上でもでてたが所謂H2Oを表す言葉は日本語では氷、水、ぬるま湯、熱湯etc英語はice、water、(hot water)etcでどこか東南アジアの言葉では液体の状態を表す言葉しかないらしい
あとアラスカ地方の人たち(多分)は、普通の人が区別できないような雪の降り方でも何種類も区別できるからそれ数だけその状態を表す言葉がある
つまり言葉の生まれた環境・文化によって言葉が独自に変化していくみたいなことが書いてあって面白いよ
共通してるのは基本的な人間の生活に関わることなんだろう。特に学問の言葉は始めに生まれたところの言葉が世界で共通だからね(津波、アルコール等)。日本語で普通に使われてる言葉も明治に作られたわけだし。
日本語は一人称の多さ、兄弟の区別(兄弟姉妹がはっきりしてる)、外国語を取り入れる柔軟さ、物を数える単位(〜羽、〜棹)とかが面白いと思う。

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:24:38.03 ID:F5DAr0PX0
一つの言葉が消えると一緒にものすごいたくさんの概念も消えちゃうんだろうな

180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:28:27.71 ID:Y23zYi500
>>173
本当に悲しいよな

イースター島の回文みたいな言語も解読されてないらしいな
奴隷商人のばかたれ

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:26:57.09 ID:k43I9gKf0
そういえば、言語の聞き取りは通常論理を司るところの左脳にて処理されるが、
日本語においては何故か右脳で処理されてるんだったかな。

金田一春彦の「日本語」もおすすめできる

186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:30:57.86 ID:HQWbDCq50
>>176
日本人は虫の声を風流と感じるが
外国人は雑音としか感じられないという
あれに近いのかしら

193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:32:07.12 ID:F5DAr0PX0
漢字とひらがな・カタカナは読むときに使う脳の領域が異なるらしいね
だから言語障害を持ってても片方は読めたりする場合がある

220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:49:35.34 ID:YVWXlwd60
チェムスキーだったかな?世界の言語はどんな人種でも理解できるように出来てるとか?

223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:51:03.49 ID:b3m+g/QZO
>>220
チョムスキーだな

237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:56:03.26 ID:NIvhT2qp0
日本語と朝鮮語って系統不明らしいけど
マジで!?


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:57:26.62 ID:wMajWjJv0
>>237
大きく括ってウラル=アルタイ語圏でいいんじゃね

261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:13:58.11 ID:NIvhT2qp0
色彩の区別っていうのも言語に依ってるよね
虹って日本じゃ七色だけど
アメリカだと6色
アフリカだと3色らしいし


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:15:08.18 ID:b3m+g/QZO
>>261
白・黒の二色しかない言葉もあるらしい

302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:49:03.94 ID:oncP9rDp0
「いろはにほへと」←これ意味を通しながら一文字も五十音被ってないんだぜ
しかも辞世の句なんだぜ
七音目をとると「とかなくてしす」(咎無くて死す) ってダイイングメッセージ隠されてんだぜ
どんなに五十音並び替えても他にはもう何も作れないんだぜすごくね


304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:54:42.29 ID:OZwmcfe1O
>>302
いろは歌 創作でググってみろ
他にいくらでも作れる

305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 21:56:18.02 ID:OtQLFbJdi
>>302
パングラムは他の言語にもあるでしょ

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:38:35.35 ID:F5DAr0PX0
ところで言語っていつからあんの?
人類誕生時点に既にあったの?それが大移動してから各地で独自に発展したの?
英語も日本語も中国語も元を辿っていくと一つになったりするわけ?

205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:39:54.74 ID:OZwmcfe1O
>>203
誰にもわかりません

213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:43:46.01 ID:4nv07Mcp0
>>203
辿っていくと人類が誕生してすぐのアフリカの言語になるんじゃないか?
言語といっても「あー、うーうー」とかそんなんだろうけど

214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 20:43:54.99 ID:wMajWjJv0
>>203
ネアンデルタール人とホモサピエンスは同じ時代に生きていたことがあるのだが
ホモサピエンスが生き残った大きな理由の一つとして、声帯が大いに発達していたからではと言われてる
バーバルなコミュニケーションを武器に狩りや集団生活をしていたとしたら
その意味では言語は人類誕生からあったと言えるんじゃなかろうか

言語世界地図
◆一部修正


イチオシ記事








オススメ一覧