1:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:16:53.79 ID:90yd/qby0
8299

「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る

 「今、話題になっているTPPと同じですよ。期限を区切って、回答を要求する。アメリカ人の大好きな手口です」。
10月中旬、都内の喫茶店で、男性が声を潜めながらも憤りを露わにしていた。彼は都内の中堅出版社「S出版」(仮名)に勤める書籍編集者。
編集業務のみならず著作権管理にも精通したベテランだ。

 ネット通販大手の米国のアマゾン・ドット・コム社(以下、アマゾン)からS出版に送られてきた封筒。
そこに入っていた契約書案を見て、男性は愕然としたという。彼の話によると、アマゾンは年内にも日本で電子書籍事業に参入する予定。
国内の出版社130社に対して共通の書面で契約を迫っているそうだ。
しかし、その契約書は「アマゾンは出版社の同意なく全書籍を電子化できる」「売上の55%はアマゾンに渡る」「価格は書籍版より必ず低くせよ」など、
出版社側に不利な内容だった。アマゾンは「10月31日までに返答せよ」と要求している。

 「こんなの論外ですよ。もはやロイヤリティ以前の問題です。一読してもらえば、どんなにひどい内容か分かりますよ」と、男性は吐き捨てるように言った。
アマゾンは一体何を狙っているのか。男性の話から、「黒船」来襲で動揺する出版業界の内幕が見えてきた。

【取材・文:安藤健二(BLOGOS編集部)】
http://news.livedoor.com/article/detail/5977004/

>>2以降へ続く







3:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:17:41.16 ID:90yd/qby0
>>1続き

「これまでの全書籍を電子化せよ」

 男性はこう説明する。
「10月上旬に説明会があったんです。渋谷にある日本法人"アマゾンジャパン"に、うちも含めて各出版社の担当者が呼ばれました。全部で130社が集まったそうです。
そこでアマゾン側が『我々は日本でも電子書籍事業を開始することにした。後日、契約書を送るのでサインして欲しい』と表明しました。
しかし、数日後に、送られた書面を見て、呆れるほかなかったんです」

 そう言いながら、男性は契約書のコピーをこっそりと差し出した。
「KINDLE電子書籍配信契約」と書かれたその文書には、事細かに契約条項が並べられている。KINDLE(キンドル)とは、アマゾンの電子書籍端末の名前だ。
キンドル向けに提供されるコンテンツは、他社のスマートフォンやタブレット端末で読むことができる。

 「まず問題なのは、この部分です」。男性が、契約書の冒頭部分を指差した。そこにはこう書かれていた。

出版社の新刊書籍をすべて本件電子書籍として本件プログラムに対し提供するものとする。

さらに、出版社は、権利を有する限りにおいて、既刊書籍についても本件電子書籍として
本件プログラムに対し提供するために商業的合理的努力を尽くすものとする。

出版社が上記権利を有しているにもかかわらず本件電子書籍として提供されていないタイトルがある場合、
出版社は、Amazonが自己の裁量および負担で当該タイトルの本件電子書籍を作成し、
出版社の最終承認を得ることを条件として(ただし、かかる承認は不合理に留保されないものとする)、
当該本件電子書籍を本件プログラムにおいて配信することを許諾する。
 「ひどいものですよ」と男性はため息をつく。「新刊だけでなく、これまでに出した全ての書籍を電子化する権利を渡せというんです。
しかも、それに対して出版社側は拒否権を持てないというんです」。
確かに、これではアマゾンにあまりに都合がいい条文だ。
「しかし、これなどまだ甘い方です。肝心のライセンス料が法外なんです」。男性は続けた。

17:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:19:02.40 ID:90yd/qby0
>>3続き

売り上げの半分以上はアマゾンへ

Amazonは当月中の各本件電子書籍の顧客による購入の完了につき、
希望小売価格から以下に定める金額を差し引いた正味価格を出版社に対して支払うものとする。

i.推奨フォーマットで提供された本件電子書籍については、希望小売価格に[55%](100%−正味)を乗じた金額
ii.推奨フォーマット以外のフォーマットで提供された本件電子書籍については、希望小売価格に[60%](100%−正味)を乗じた金額
iii.本件電子書籍の特別プロモーションのために双方間において合意するより高い料率(100%−正味)を希望小売価格に乗じた金額


 アマゾンの価格設定は以上のように記載されていた。若干分かりにくかったので、男性にどういうことか確認してみた。

「要するにアマゾンが推奨するAZWフォーマットで電子化された書籍は、小売価格のうち55%をアマゾンが得るということのようです。
評判の悪いiBookstoreですら、アップルの取り分は30%なのに段違いです。
つまり、アマゾンで電子書籍化すると、出版社に渡るのはわずか45%。この中から、著者への印税を我々が払わないといけないんです」

 そう男性は語る。ちなみに推奨フォーマット以外だとさらに出版社への分け前は減り、わずか4割に。
特別プロモーションの場合には、さらに下がるという。


欧米流の「著作権管理」を要求

 契約書を読んでいて気になる文面があった。「権利帰属および支配」という条項に以下のように書かれているのだ。
出版社は、本件コンテンツに関する著作権およびその他の全ての権利および利益を保有
 「あれ?著作権って、本の著者が持っているはずでは」。出版社が著作権を保有するとはどういうことなのだろう。
不思議に思って、男性に質問してみた。

24:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:20:01.03 ID:90yd/qby0
>>17続き

「よく気づきましたね。実はこの条文が、今回の契約書の肝なんです。
日本の出版社が持っているのは単行本の出版権だけで、著作権は著者個人に帰属しています。
ところが、この条文には全書籍の著作権を出版社が一括して管理せよという風に書いてあるんです。
欧米では普通のやり方ですが、日本でやっている出版社はまずありません。
今回、アマゾンと契約書を締結するためには、今まで本を出した全て著者に
『アマゾンで電子書籍化するので、著作権を全て我々に管理させてください』と了解を取ってライセンス料も払わないといけない。
これを一ヶ月以内にやるのは、はっきり言ってどんな会社でも不可能です」

 なるほど……。 欧米で本や雑誌を出版する場合は、出版社は作家から
本・雑誌記事の著作権を買い取る契約をするのが通常だと言われている。
今回のアマゾンの契約書は、欧米の出版方式に合わせた契約書になっており、日本の出版界の実情とは全く異なっていたのだ。


「紙の書籍より高くしてはならぬ」

 このほか、価格決定権もアマゾン側が握っているという。契約書には以下のように書かれている。
本件電子書籍の希望小売価格の税込価格が当該国における当該本件電子書籍の紙書籍版の最も低い希望小売価格(または定価)を超過する場合、
当該本件電子書籍の希望小売価格の税込価格は、同日付で当該価格と同額とみなされるものとする。
 つまり、アマゾンで売られる電子書籍版の価格が、一円でも紙の書籍を上回った場合には、強制的に紙の書籍と同額になるというのだ。

 「本来、本を売る書店であるはずのアマゾンという業者が、本
の価格決定およびリアル出版の部分に影響を与える可能性を多分に秘めている条項なんです」と男性は指摘する。

 このほか「カスタマー対応のために、データを返却しない」などアマゾン側に有利な条項が続々と並べられていた。

46:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:22:05.92 ID:90yd/qby0
>>24続き


日経スクープはアマゾン側のリーク?

 あまりにも日本の出版事情に合わない契約書。男性は「130社のうち、アマゾンと契約する会社はまずないでしょう」と打ち明ける。
S出版も、すでに今回の契約には応じないことをすでに決めているそうだ。
 ところが、その最終調整の最中に意外な新聞報道があった。10月20日の日経新聞朝刊で、「アマゾン、日本で電子書籍」という記事が一面トップを飾ったのだ。内容を一部抜粋しよう。

インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入する。
小学館、集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入っており、年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設。
スマートフォン(高機能携帯電話)などに配信し、自社の電子書籍端末「キンドル」も投入する構え。
日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始める。日本でも電子書籍の普及が本格化しそうだ。
アマゾンは講談社、新潮社などとも交渉しており、1〜2カ月以内に数社との契約を目指している。
中堅出版のPHP研究所(京都市)とは合意した。PHPは約1000点の書籍を電子化して提供する方針。
(略)
国内ではアマゾンの安売りを警戒する出版社側がアマゾンへの電子書籍提供に難色を示していた。
アマゾンは出版社側に対し、電子書籍の発売時の価格設定や値下げのタイミングについて両者が
事前に協議する仕組みを提案したもようで、交渉が進展した。

 この記事を読む限りでは、各出版社との交渉が進展しているように見える。この記事は事実に反しているとでも言うのだろうか。
「はい、交渉の進展については全く事実と違いますよ」と、男性は断言する。
「この記事は、実態を知っている物からすると非常にキナ臭い内容でした。
大手の講談社、小学館、新潮社、集英社と交渉中だと報じていましたが、私のところに入ってきた情報だと少なくとも講談社と小学館とは破談。
新潮社との交渉も一ヶ月近く止まっているようです。PHPの情報は掴んでいませんが、他の大手も進展はないでしょう。

64:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:23:12.54 ID:90yd/qby0
>>46続き


これらの大手出版社には、10月初旬の一斉説明会の前に、事前に話が行ってたようで、大手との協議が進まないから、
中堅どころを一斉に呼んで契約書を送りつけたというのが実態のようです。下手な鉄砲、数打てば当たるという目論見ですよ」

 その上で、「日経新聞のスクープは、アマゾン側のリーク情報だったのではないか」と驚くべき指摘をした。
「10月20日にこの記事が出たというところがポイントです。恐らく10月31日の期限を前に、130社に対する脅しなんです。
『他社は契約するよ。この流れに乗らないとやばいよ』と危機感を煽らせるために、アマゾン側がわざとリークして日経に書かせたのではないでしょうか」
 そう言って、男性は苦々しげな顔でコーヒーを飲み干した。


「誰も幸せにならない電子書籍」

「これまで『電子書籍は取次を通さない分安くなる』、『紙の本よりもコスト減になる』など、
著作権者も出版社も儲かるというような夢物語が語られてきましたが、それらは本当に夢物語だったんです。」

 彼は電子書籍の将来について、バサっと切り捨てる。

「電子書籍全体の売り上げは伸びているのは当たり前です。電子書店が、それだけたくさんできているからです。
ただ、その伸びは鈍化しています。特に牽引役だった携帯電話向けコミックの息切れが如実なんですよ。
出版業界は再販制度という流通制度に守れていながら、構造不況が続いてました。
わずかに残された企業体力を加速度的に奪って、どん底へ叩き落す電子書籍の仕組みのバカさに付き合う必要がありません。
そのことを著者も出版社もそろそろ気付くべきなんです。電子書籍は、結局、誰も幸せにならないんですよ」

 出版不況にあえぐ出版社にとって、電子書籍は「救世主」のように見られていたが、実態は違っていたようだ。

76:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/10/29(土) 15:23:50.42 ID:90yd/qby0
>>64続き


取材を終えて

 今回、明らかになったアマゾンの契約書では、書き手が著作権を管理する日本の出版システムがガラリと変わり、
出版社が著者から著作権を買い取ることが必要になる。現状では、ハードルがかなり高いと言っていいだろう。

 ただし、もし出版システムを欧米流に切り替えて、作家から著作権を買い取り、
アマゾンで電子書籍を流す役割をする出版社が一社でも出てきた場合、インパクトは大きい。
作家の中にも、「紙の本が全然売れない今、電子書籍を主戦場にしたい」と思って、アマゾンの路線に乗る人が出てくるかもしれない。

 アマゾンは今のところ、作家への個別交渉は行っておらず、電子書籍版の印税も出版社任せになるようだ。
しかし、電子書籍化することで、より多くの印税を得ることができ、実際にヒット作も出てくる状況になれば、
旧来型の出版社から作家が次々に流出する可能性がある。
そうなると、全国の出版社や書店は、アマゾンに圧倒されてしまう可能性すらあるのだ。

 今回の契約書は日本の出版社にとっては、あまりにも不平等な物で、取材に応じた男性が激怒するのはよく分かる。
だが、出版不況が長引く中で、対応策が練られて来なかったのも事実。
アマゾンという「黒船」が、日本の出版界にどんな影響を与えるのか。注意深く見守っていく必要がありそうだ。


おわり。



6:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 15:17:46.40 ID:NuTODfrT0
消費者は望んでいます

7:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/10/29(土) 15:17:51.12 ID:e3NvezpJ0
飲まなかったら出版業界ごと潰れるだけだしなぁ

8:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:17:57.65 ID:atc4hvyn0
いやならしなきゃいいだけだろ

9:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:18:24.17 ID:jcfW336t0
今尼出しか在庫がない本買ったら二度と使わないわ

12:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 15:18:37.68 ID:UXYv7yZq0
売り上げ半分寄こせってのだけ横暴で、他は消費者ニーズだよな普通に

14:名無しさん@涙目です。(富山県):2011/10/29(土) 15:18:44.09 ID:LTlgFUiO0
> 10月中旬、都内の喫茶店で、男性が声を潜めながらも憤りを露わにしていた。彼は都内の中堅出版社「S出版」(仮名)に勤める書籍編集者。

冒頭から怪しさが凄いな

15:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/10/29(土) 15:18:44.93 ID:HGv5ACuM0
まさに黒船

18:名無しさん@涙目です。(栃木県):2011/10/29(土) 15:19:04.93 ID:KWWt6rUQ0
やってくれれば好きな本は買い直すぞ、やったな商売のチャンスが増えたぞ

21:名無しさん@涙目です。(家):2011/10/29(土) 15:19:31.75 ID:k/7/oIKg0
つぶしあえー

22:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 15:19:39.12 ID:iLOVxOoy0
まあ遅かれ早かれ消える業界だろうし

23:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/29(土) 15:19:59.81 ID:AaL17xNs0
売り上げの税金半分よこせ

25:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 15:20:26.47 ID:l/FfBUcJ0
Amazonがんばれ
日本の既得権益なんて潰しちまえ

26:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/10/29(土) 15:20:39.43 ID:OoH5yTwX0
印刷と流通に金かからない分は作者に還元してやれよ

27:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 15:20:41.10 ID:NuTODfrT0
そりゃあ対顧客の契約に配信やらなんやらAmazonがするんだからな

29:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/29(土) 15:20:53.82 ID:dIy2gayv0
まあ期限は納得できる。
日本人は期限を決めないと先延ばしするからな。

31:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 15:21:02.71 ID:sqHgpeIG0
つか電子化から発売まで全部Amazonやるなら55%はむしろ安いだろ。
日本企業なら70〜80%とってると思うぞ

48:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 15:22:12.68 ID:zapkbiOf0
>>31
同じくそう思ったわ

160:名無しさん@涙目です。(コネチカット州【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:29:22.58 ID:HT2iodpWO
>>31
Amazonの提案は良心的だよな
一瞬で寂れたけど小学館のケータイ向けコミック配信サービスなんか書籍版より高かったし
問題は実際にスタートしても、所有することが好きな日本でどんだけ浸透するかだな
個人的に雑誌はこういうのでいいけど漫画と小説は普通に本で読みたい

33:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 15:21:09.41 ID:+Nrx7uv90
雑誌は電子化してくれ、すぐ家に溜まってしまう

34:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 15:21:19.93 ID:xJg908Pb0
相変わらず外部圧力でしか変革できない国民性だな
amazonに焼け野原にしてもらえ

35:名無しさん@涙目です。(福島県):2011/10/29(土) 15:21:24.45 ID:MlM45p2I0
せめて売上の3割にしてやれよ
そうしたら条件を呑む出版社も出るだろ

41:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 15:21:40.73 ID:toNUIsNm0
アマゾン憎し、電子化許すまじって方向に持って行きたいの?
お前らがさっさと電子化しなかったのがいけないんだろ

42:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/10/29(土) 15:21:45.59 ID:VbY/1yfQ0
そりゃそうよ
出版社なんて電子書籍なればいらん

47:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/10/29(土) 15:22:07.13 ID:woClvGvR0
いままでてめーらがやってこなかった事をAmazonがやってくれるって言ってんだよボケ
そのぐらいの条件は当たり前だろ無能が

50:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/10/29(土) 15:22:19.03 ID:8g3r48Xk0
紙より安くしろとか当たり前じゃん
Amazonがんばれ

52:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/29(土) 15:22:22.29 ID:2BsRkr3zP
全ての著作物の権利を出版社に一本化するとか飲めないだろ。
少なくともこれを嫌って離脱する作家は出てくる

60:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:22:58.48 ID:atc4hvyn0
>>52
嫌なら同人か廃業だな

115:名無しさん@涙目です。(dion軍【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:26:26.90 ID:2BsRkr3zP
>>60
独自に出版社作るだけ。アメリカ流のコンテンツ管理は出版社ありきで、
コンテンツ製造者に権利が集中する日本の場合、いくら出版社を
抑えても製造者が権利を持って逃げる可能性がある。
週刊漫画誌に連載するくらいのメリットがないと、既存作家は現状の
出版社に所属するメリットがない。要するに赤松健が儲かる

62:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/29(土) 15:23:11.36 ID:pY7USUvN0
漫画は電子化でおKだが
後は(゚゚)イラネ
活字は本で読みたい

122:名無しさん@涙目です。(熊本県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:26:54.10 ID:iZtPivD70
>>62
電子化=即刻紙全廃
っていう短絡思考の人って多いけどなんでだろな

電子書籍の真実

68:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/10/29(土) 15:23:29.69 ID:iEF1UXbz0
だから日本で出版社が共同出資で電子書籍産業立ち上げればよかったのに。
馬鹿なの?アホなの???

77:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 15:24:01.67 ID:3hWuNtTY0
「こんなの論外ですよ。もはやロイヤリティ以前の問題です。一読してもらえば、どんなにひどい内容か分かりますよ」

強がっていられるのも今のうちだ。
紙屋は無くならないにせよ、大幅に縮小していく。
新しい職を探しておいた方が賢明だぞ。

83:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/10/29(土) 15:24:37.59 ID:iEF1UXbz0
電子書籍化の流れという、分かりきった事を
今さら消費者に向かってグチグチと・・・
ほんと日本の出版社は救えねぇ

87:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/10/29(土) 15:24:43.98 ID:VbY/1yfQ0
出版社なんて儲かる必要ないよ
電子書籍革命で得するのは作家と消費者であるべき

100:名無しさん@涙目です。(京都府【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:25:40.06 ID:jBofrdQ50
>>87
アマゾンが売り上げの半分以上持っていくと書いてあるだろうが
どう考えても作者の懐に入る分は減る

94:名無しさん@涙目です。(千葉県【緊急地震:宮城県沖M5.2最大震度3】):2011/10/29(土) 15:25:13.08 ID:x0X4e/oX0
半分以上とかボリ過ぎだろ

128:名無しさん@涙目です。(東日本【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:27:03.34 ID:iEF1UXbz0
>>94
全部流通をアマゾンに用意して貰うならそうなるわな
出版社なんかいらない

103:名無しさん@涙目です。(兵庫県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:25:49.57 ID:BjTs8G8r0
googleとかamazonとかアメリカ企業は市場独占したあとになんでこんなわがまま放題、でかい態度になるの?

226:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 15:33:04.99 ID:VauKDJjz0
>>103
少なくとも日本の糞企業糞団体よりかは消費者目線だから全く問題ない

119:名無しさん@涙目です。(新潟県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:26:37.81 ID:w7fxk+Bm0
書籍数、電池の持ち、目への優しさ、最低このラインはクリアしてもらわないと電子書籍なんて使い物にならん
時代がまだ来てない

353:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/29(土) 15:39:56.98 ID:NnlSqOtR0
何もしないで45%も貰えるならいいじゃん
作家にはその内の数%しかやらんのだろ?
ただ権利を保有して行使しないなら誰の為にもならない
尼に有効利用してもらえ

>>119
kindleは電池の持ち、目への優しさはクリアしてる

123:名無しさん@涙目です。(東京都【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:26:56.09 ID:rZDnDlmy0
お前らがうだうだ自分たちの利益とかしか考えないで
独自規格とかユーザーに全く関係ない無駄な作業ばっかで
ちんたらちんたらやってるから乗っ取られるんだよ

139:名無しさん@涙目です。(兵庫県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:28:07.09 ID:qEPufqan0
国内メーカーがクソすぎるのが問題だわ

145:名無しさん@涙目です。(奈良県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:28:24.48 ID:8g3r48Xk0
これぐらい圧力かけないと日本じゃ電子書籍は無理だろ
ありがとう黒船

149:名無しさん@涙目です。(滋賀県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:28:36.90 ID:oe4ks0hd0
ピンハネの屑共死滅しろや

150:名無しさん@涙目です。(愛知県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:28:40.79 ID:bvWV9XUbP
電子書籍とか
持ってる気がしないんだよね
流石にやめてほしい

187:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 15:30:55.87 ID:xE8nAMeAP
>>150
紙媒体が無くなる訳じゃない
紙で欲しいものは普通に買えばいい

213:名無しさん@涙目です。(岐阜県):2011/10/29(土) 15:32:28.30 ID:EKwEdbdU0
>>187
そうそう
なぜか即紙はなくなるという発想が出てくるのがおかしい

154:名無しさん@涙目です。(群馬県【緊急地震:宮城県沖M5.1最大震度3】):2011/10/29(土) 15:28:54.91 ID:bFcmMo7U0
アメリカでも同じことやってたじゃん
iPadの登場でアマゾン側も譲歩したけど
日本で有力なとこが育ってたらここまでひどくならなかった

182:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:30:40.94 ID:hA5YcPp+0
作者がAmazonに売り込むスタイルでいくか
もう同人だな

208:名無しさん@涙目です。(富山県):2011/10/29(土) 15:32:12.39 ID:qq64KtWl0
>>182
Amazonはきちんと書籍になったものしか受け付けないし個人とは契約しないんだよ。
だから出版社に作家の権利取ってこいっていう契約書突きつけてる。

196:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/29(土) 15:31:21.97 ID:0M8dml9SP
時代の流れには勝てないだろ
速度はともあれ紙から電子並行していくのは時間の問題

ここでamazonを無視してたら今度は作家と個人契約されてどん詰まりになるだけ

197:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 15:31:29.13 ID:GaLh3Anv0
最近アメリカ調子にのってるな

201:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/10/29(土) 15:31:50.56 ID:3PlQ33180
・著者作者:10%
・印刷屋:30%
・出版社:30%
・取次ぎ:8%
・書店:22%

・著者作者・出版社:45%
・アマゾン55%

こうなるの?

277:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 15:35:30.86 ID:auV8ze9NP
>>201
俺は元職人なんだけど、家と同じだな。
多くの人間が集まって作っていたものをなくすと、多くの貧民が生まれる。
また景気悪くなるな。

241:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/10/29(土) 15:33:38.18 ID:+djvy7Yf0
KenAkamatsu 赤松健
「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る #blogos @ld_blogos
http://news.livedoor.com/article/detail/5977004/
★これは無理でしょう(笑)。日本の出版社には著作隣接権も何も無いんだし、作者がNOと言えば絶対に実現は不可能。

「日本では作者最強」です。
出版社だって、独占出版権を3年くらい作者にもらっているだけの存在なのです(双方が何も言わなければ自動更新)。
特に漫画はページ全体が作者の元に戻ってくるので、何度でも同じ本を出すことが出来ます。
著作権の売却でもしない限りは、延々と「最強の生物」なのです。

その辺を分かっていない作家さんが、
「著作権が出版社にあるから、自分の作品であっても、自分の自由にはならない」とかおっしゃるので、
「あなたは、そこまで弱い存在ではありませんよ。(^^;)」と常に説明しているのです。
出版社には著作権も版面権も著作隣接権も何も無いです。アマゾンにもね。

247:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 15:33:56.59 ID:Di/BhIiO0
小売が死ぬの考えると賛成できない

267:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/10/29(土) 15:35:15.13 ID:XrFGMdYs0
これが実現したら俺は普段買ってない本とか買うよ
数でいうと2倍以上買うだろうし、こういう奴結構多いと思う
きっと本屋さん以外みんな得するよ

278:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 15:35:46.02 ID:ZdUO0BuU0
印税が70%じゃなかったけ
なのに売り上げの55%?

328:名無しさん@涙目です。(富山県):2011/10/29(土) 15:38:30.15 ID:qq64KtWl0
>>278
7割印税はバカのミスリード。
3割Amazonの場合はKindle3Gの通信費から電子化費用まで出版元が持つ場合の契約。

279:名無しさん@涙目です。(福井県):2011/10/29(土) 15:35:54.21 ID:/i2xbO3V0
利権構造がどんどん壊れてくー

281:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:36:00.52 ID:659OnK/J0
これアマゾン無理ってわかってて言ってるの?馬鹿なの?
著作権が著者にある現場じゃ何も出来ないじゃんか

319:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 15:37:57.05 ID:xrYQNUUD0
>>281
出版社が著作権を買い取れ、と言ってんだろw

359:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/10/29(土) 15:40:14.91 ID:VpJcf1hjO
>>319
逆だな。
Amazonが作者と交渉して契約する必要がある。

しかし、Amazonはそれを一切していない。

299:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 15:36:55.97 ID:aUrJPYjP0
まあアマゾンは横暴だけどお前らはなにしてきたの?ってことだよな

418:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 15:42:49.62 ID:7Uw2Dg6b0
>>299
全くだよな
通販にしたってネットを軽視しすぎたせいでamazonに勝てなくなったんだし
電子書籍も随分前から話題になってたのにずっと目を瞑っててこの有様
日本は本当に後手後手だな

アマゾン・コムの野望

イチオシ記事











オススメ一覧

アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか

価格.com、amazonが出てきて日本人の消費スタイルが圧倒的に変わった

【画像あり】ヤフオクで落札したらテロされた

【Amazon】愛知県常滑市に物流センターを開業 中部地方では初

【Amazon】川越に国内4番目の倉庫を開業。スタッフ募集中

本をアマゾンで買う奴ってなんなの?近所の本屋行った方が早いだろ

グーグル、アマゾン、アップルみたいな世界的IT企業が日本から出てこないのはなぜだ??

Amazon.co.jpの全品無料配送、期間延長

Amazonで約1万6千円で買えるものがコジ○だと2万4千円、ヤマ○だと2万7千円だった件

Amazon.co.jp ご注文の配送

Amazonレビューは本当に“信用できる”のか? (´・ω・`)

Amazonで何買うか考えてる時が一番wktkするよなwww

【amazon死亡】ヤフーとアリババ提携で中国製品5000万点が注文可能に マフラー85%オフ等

楽天、ネット通販即日配送!日本に税金払ってないアマゾンに対抗

"アマゾンに対抗!" 講談社・集英社など日本の出版社21社、電子書籍協会発足へ

【打倒Amazon】楽天がAmazonに対抗して送料無料

楽天社員「重要なのでwwwwww日本語でwwww失礼しますwwwwwwwwwwww」 が流行中

アマゾン「お届け日時指定便」開始キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !

とうとう食べ物までAmazonで買える時代になっちゃったよ。商店街さんどうすんだよ

佐川急便って皆嫌うけど、そんなに嫌か?

『価格.com』の便利さとキチガイの多さは異常

「キチガイしかおらん」 ネットオークションブーム終了 09年落札額が初の前年割れ

中 国 のパクリ製品の画像うpしていこうZE!!!!!!