1:やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/26(月) 12:40:54.15 ID:???
20111225105656_2_1

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/111226/ece1112261101000-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/111226/ece1112261101000-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/111226/ece1112261101000-n3.htm

[1/2]
電子と紙の書籍は共存できるのか、電子書籍市場の将来は−。
昨年と今年、『死ねばいいのに』と『ルー=ガルー2』(いずれも講談社)の小説2作品を
紙と電子双方で発表した作家の京極夏彦さん(48)に思いを聞いた。

−−紙と電子で新刊を出した理由は?
「以前、文庫を1冊本と分冊本で同時発売した時、『分冊が売れて、厚い1冊本は売れないのでは』
という意見があったが、売れ行きは変わらなかった。
持ち運びに便利だけれど、全部買うと若干割高になる分冊本と、若干安いけれど厚い分持ちにくい
1冊本ではニーズが異なるからだ。
同じ文庫ユーザーでもこれだけ違うのだから、ハードカバーの単行本はもっと違うし、電子書籍は
さらに違う。
販路が多いほうが売れるわけで、(紙と電子の)同時発売があり得ないということはない」

−−その結果は?
「『死ねばいいのに』は、(多機能端末)iPad(アイパッド)の発売と合わせ電子書籍を配
信したので、(話題性もあって)確実にハードカバーの売れ行きが伸びた。
電子書籍が出たことで紙の本が売れなくなったことはない」

−−以前は電子書籍が紙の本を駆逐するとみる向きもあったが?
「日本の出版には何百年という歴史があり、本という娯楽装置はほぼ最終形。
電子書籍は(文章)素材の見せ方が分からないまま見切り発車している。
いわば、料理の仕方すら分からず出しているものが、熟練のシェフ(編集者)が作った料理(本)に
影響を与えるわけがない。出版不況の理由を電子書籍に求めるのはナンセンスだ」

-続きます-

2:やるっきゃ騎士φ ★:2011/12/26(月) 12:40:59.86 ID:???
-続きです-
[2/2]
−−日本の電子書籍市場の将来をどうみるか
「今のところ暗い。主導権を配信元のアップルやグーグル、アマゾンの米企業が握っているからだ。
太刀打ちする力を日本の出版社は持ち得ない。このままでは出版社はただの中継ぎ業者になってしまう。
出版社が頑張って、経済的、文化的に日本の出版文化を守る必要がある」

−−出版社を通さず、作家が配信先と直接契約を結ぶ形も想定されるのでは?
「考えられる。ただ、小説は書いただけでは誰も読まない。(紙の本の場合)装丁され、
本という商品になって流通しないと完成しない。
紙の質からインク、活字の種類に至るまで目配せの効いた商品のほうがいいに決まっている。
それは編集者の仕事。出版社はソフトを作る上で『自分たちが必要なんだ』という自覚を
しっかり持ってほしい」

−−今後電子書籍は商品としてどうあるべきか
「紙の本のまねをしないことが大事だ。
昨年の段階では勘違いの人が結構いて、『紙の本の質感そのままです』といっていたが、
それなら紙の本を買えばいい。縦組みがいいのか横組みか、背景の色はどうするのかなど検討部分は
山ほどある。どう読ませるかが大事で、文章の読みやすさを含めた見せ方を考えていかないといけない」

−−今後、電子書籍にどう取り組むつもりか
「要請があれば、電子書籍に特化した作品を書いてみたい。
例えば、同じ文章でも、漢字検定3級、4級と級ごとに漢字の量が変わるとか(笑)。
こういう紙の本では絶対できないアイデアがいくつか出てきて、『書いてください』といわれたら
やる気が出る」

-以上です-



24:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:01:14.16 ID:HgjGYRTE
よくわかってるな京極夏彦は







6:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:46:26.08 ID:OpO/H8fL
厨二臭いグローブをつけてるな

85:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:57:48.26 ID:sPg6ik2x
>>6
>厨二臭いグローブ

いつまでも中二の心を忘れない為に着けているって言ってたな。
作家はふんぞり返る様になったらお終いだとも。

8:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:47:47.50 ID:rlB0aqf4
京極夏彦と東野圭吾では、京極の方が遥かにマシなのがわかった。

13:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:52:48.67 ID:+qLhqTBL
>>8
東野は出発点にすら立っていないというか。

東野達が叩いている自炊なんてマイクロフィッシュ化と同じで
電子化というのも憚られる程度のもの。おまけに破壊的変換だし。

京極はさすがにまとも。本来の電子化を見据えてるね。

25:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:01:17.77 ID:onDtuRLi
東野圭吾氏・弘兼憲史氏らによるスキャン代行業に対する記者会見



213:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 21:20:26.78 ID:cLF7Hucf
面倒くせえなあ。
自炊代行業の完全合法化、もうこれだけでいいよ。

220:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 21:50:37.50 ID:8eIO4rpm
>>213
俺も東野はアホとか思ってたけど、自炊代行の問題はそこじゃなかったって
知ったので今は60%共感中。
今断裁された小説が売られてるんだよね。これは中古だから現時点で合法。
自炊代行が合法化されると、断裁小説販売と自炊代行が合体しかねない。
それはさすがに違法だよ。

16:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:57:23.59 ID:OoTuMzQ9
>本という娯楽装置はほぼ最終形。

これは納得する。

冬で例えるなら布団に入ってぬくぬく読書。寝れるw
雑な扱いをしても壊れるとか無い。

タブレット系だと布団に入って見ると画面にゴミつくし、
寝ぼけて顔に激突するw んで壊れる。

18:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:58:25.02 ID:+qLhqTBL
>>16
iPad使ったことないだろう。あれは頑丈だぞ。顔の方が壊れるw

17:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:58:16.84 ID:c8GwUkIJ
普通過ぎて何も言うことが無い
スレ立てるほどの話題かな?

20:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:59:32.34 ID:+qLhqTBL
>>17
出版が全部Amazon, Google, Appleに吸い取られるぞと言ってるのにか?

27:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:03:01.02 ID:c8GwUkIJ
>>20
無策ならそうなるのは、当然でしょ
自業自得だよ

まあ、この人はどんなプラットフォームでも食っていく自信があるのはわかる

37:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:20:28.04 ID:/4B18+eT
>出版不況の理由を電子書籍に求めるのはナンセンスだ

でも、新聞や雑誌とかは電子媒体に駆逐されかかってることは事実なんだし
文庫本はまだ持ち運びの便利さからしばらくは延命するかも知れんが、
ハードカバーはそろそろやばいんじゃないか。

42:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:23:00.39 ID:PTUxcR3E
>>37
出版不況の原因が電子本と関係ないことは確か。
将来、紙本の大半が駆逐される予想もたぶん正しい。
これは両立している。

53:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:32:25.55 ID:/4B18+eT
>>42
確かに電子媒体=電子書籍じゃないから、そういう意味じゃ食われていない
って言えるけど、だとすれば紙本もダメ電子本もいまいちってことで出版業界
からすれば余計に危機的な状況なんだな。

54:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:34:11.63 ID:1kljfXH0
>>53
これだけ不景気でもいまだ2兆円近くもの市場規模がある
日本の出版業界が駄目とは思えないけど
そんなことを言っていたら他の業界はどうなるんだって話

38:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:20:50.61 ID:Px5TP6Zl
>「紙の本のまねをしないことが大事だ。
>昨年の段階では勘違いの人が結構いて、『紙の本の質感そのままです』といっていたが、
>それなら紙の本を買えばいい。縦組みがいいのか横組みか、背景の色はどうするのかなど検討部分は
>山ほどある。どう読ませるかが大事で、文章の読みやすさを含めた見せ方を考えていかないといけない」

電子書籍なのに読感は紙媒体そのままってだけで売れるはずなんだけどなw
現にアメリカではそれで普及してるし。

京極が言ってるのは、電子書籍なりの付加価値をつけて、紙媒体と同程度の
価格で売れと、そういうことだろう。

既得団体が恐れてるのは電子書籍になると半額以下で売れるし、利益は増えるはずだが
その分仕事量が減るからで、京極は彼らの声を代弁してるわけだ。
それは日本企業が低コスト製品を量産する中国韓国企業に対抗しようとして
すべて敗退してきた道のりw

で、アメリカで普及した理由は電子媒体による低コストだからな。
どっちにしろそのアメリカ的な方法を呑むことになるんだろう。日本でも

39:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:21:02.00 ID:QyD+ZkCI
アメリカと日本の電子書籍市場規模、ほぼ同等。
人口は日本の倍以上なのに、アメリカ。

ちなみに、日米共に900億弱で停滞中。
去年までは景気いい話だらけだったけど、今年急に冷え込んだ。

45:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:26:27.68 ID:1kljfXH0
>>39
去年はキンドルを格安でばら撒いたからだろ
でもリピーターがつかなかった
アマゾンも業績低迷で近い将来やばいかもね

46:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:26:54.84 ID:QNzwjZ33
>>39
本当に同じなのか?市場規模。
電子書籍の数は圧倒的にアメリカの方が多い印象なのだが、
もし市場規模が同じだとすると興味深い。

48:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:30:07.78 ID:cgjn71B6
>>46
日本の電子書籍市場の方が米国より進んでいたんですよ。
ただ、エロ漫画が売り上げのほとんどで、コンテンツが偏り過ぎw

米国のほうは、コンテンツがいろいろあるけど、やっぱり
紙にこだわる人も多いでしょう。もう少し時間はかかる。

51:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:32:12.37 ID:chq7YSXA
>>46
日本は8割か9割がケータイコミック
米国は、割合は知らないがプレゼントされたクーポンの消費がかなり多い
新型kindleも、日本の図書カードみたいな感じでセットで贈るのが多いらしい

63:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:58:28.54 ID:PTUxcR3E
>>51
どっかでみた統計だと、アメリカ出版シェアの「e-book」は
録音CDが過半数だったな。
多国籍で母国語以外の文盲が多いのと、通勤車中で「聞ける」のがいいらしい。

電子書籍革命の真実

64:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 13:59:25.01 ID:1AxEe94w
BGMをつけるみたいな電子書籍には反対だけど、これは納得

67:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:13:43.63 ID:cuoeh2Xf
無料で配布するのには向いているけど
利益回収するのにはまったく向かないメディアの一点に尽きる

広告としては可能性があるが
商品としては紙にしたほうがよっぽど付加価値がつけられる

アメリカで電子書籍が普及していると言い張っているのに
売上が1000億円にとどいてない現実を知って
虚像のブームだって気づかない人は馬鹿か意図してデマを撒いている人だよ

68:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:13:59.49 ID:chq7YSXA
クレカと紐付けされた読書端末でしか読めない購入者専用ブログとか、
作家とやり取りが出来るチャットが有望じゃないかな
作品自体は、製作コストも上がるし作家色が薄まるから あまり付け加えない方がいいかも
プロットや没原稿を晒すくらいなら、双方の利益になるかな

69:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:14:54.73 ID:urxfDD29
大昔にサウンドノベルとか言うコストダウンゲームがあったけど、
アレとかが電子書籍にちょうどいいんじゃないか。
軽くアニメ入れたり、結末は同じでも経路が行く筋かあって何度か読むと理解が深まるような仕掛けとか。

81:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:36:18.32 ID:ufD7o8R6
>>69
そんなもん、作った奴以外に誰が買うんだよw

83:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:42:52.68 ID:chq7YSXA
>>81
ゲームブック愛好者とか

73:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:18:46.97 ID:Luvl7afM
部分拡大しないと読めないとかいう時点でダメダメ
そんなんでもトライしていられるのは、ヒマなキモヲタ無職くらいだよ

77:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 14:24:35.20 ID:+FZbQ5/T
>>73
テキストデータではなく紙の本をスキャンしたイメージで収録している電子書籍がそんな感じだったな。
まぁあれは古い本で旧字体の活字の味を活かすためにそうしていたみたいだけど。
でも検索とかもできないし紙の本に比べてアドバンテージがあまり感じられない(しいていえば
かさばらないくらい?)のは、紙の本に固執する出版社の人間が電子書籍の評判を落とすために
出しているのではないかと思った。

135:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:46:19.82 ID:I2hqjFbK
>>77
> まぁあれは古い本で旧字体の活字の味を活かすためにそうしていたみたいだけど。

これみたいに、源氏物語なんかの古典の原本とか、太宰や芥川の初版とかを
まるっとスキャンして…当時の雰囲気そのままに。
で、文章や旧字に、タッチやクリックで現代訳や注釈とリンクされて…
みたいのなら少しは可能性ありそうだけど。電子書籍ってのとも違うか。
昔流行ったインタラクティブなんちゃらになっちゃうか。

150:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:18:17.49 ID:+FZbQ5/T
>>135
絵巻物か何かを連続した1枚の長い画像として収録した電子書籍があったはず。
紙の本(写真集になるのか複製画集になるのか?)だとページ単位に分断されてしまうのを
拡大・縮小とスクロールでなるべく原本のような見方ができるようにしたのだとか。
これなんかは面白いアプローチかもしれないね。

93:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:22:42.65 ID:of7UW4FX
上のレスに誰かが書いてたけど、ゲームブック形式を更に推し進めて、毎回読むたびに
物語の結末がびみょーに異なるようにするとか、動的な文章をユーザーに楽しませるとか
あっても良いと思うんだけど。 まあゲームのシナリオを上品に文章化したって感じw

挿絵とかも動画を挿入するとかさ、小難しい専門書とかは当然専門タームにリンクがあって
ポップアップで説明が出てくるとかさ、HTMLに準拠して書籍も大幅に改良してくれてもいいのにw

95:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:25:09.43 ID:2pWNbf0H
日本人の本に対する執着は世界最凶だとおもうよ。
あんなに本屋に人が群れて本を読みあさってる国は日本をおいて他にない。
まあ電子書籍やるにしても、日本のルールでやりたいよね。そうじゃないと理不尽な規制が入ってくるだろうし。

97:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:27:20.63 ID:f5F0Wz70
日本の出版社も電子書籍は新しい販路として模索してるけど利益でないらしいからな
電子書籍の方がコスト安くなると思いきや逆だったのが痛い

211:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 21:04:34.67 ID:6avzfUwu
>>97
ゲームでも、機種間移植は大変。解像度変わるだけでも、変換が難しい。
電子化で、いろんな端末に対応させるのはコスト高にしかならん

紙を只のPDF化して購入者名を入れる形が、併売できて一番、簡単

101:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:37:37.11 ID:Nff4bHPK
ジョブズの伝記本が分厚くて上下2冊で高いから
電子ブックで買ったけど
こういうのは電子ブックのほうがいいよ。
読み捨てる単行本はむしろ紙のほういい。
業界の予想とは逆の方向に行くと思う。

102:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:38:44.87 ID:Nff4bHPK
ようするに電子か紙か選ぶポイントは
読んだ後の始末の問題だな。

114:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 15:58:26.35 ID:Nff4bHPK
書籍出版社とアマゾンの利権のせめぎあいで
消費者置き去りの間に
間隙を縫って第3者が出てくるんですね。
わかります。

117:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:03:07.09 ID:1kljfXH0
>>114
電子書籍が本当に有意義なものならそうなるでしょう
で、出版社やアマゾンはそれをキャッチアップしていく
開拓するよりあとからキャッチアップするほうが楽で低コストだからね

119:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:07:16.11 ID:yHu19Aw+
>>114
第3者が出てくるとすれば、編集者連合とか、装丁屋組合とか、校正業協会みたいなのかな
敵対するんじゃなくて、Amazonの下で分業する感じ
戦国時代の鉄砲鍛冶とか堺の商人とか楽市・楽座みたいなイメージかな

120: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 :2011/12/26(月) 16:07:32.92 ID:j03eZfOG
能力のある作家が電子書籍のみの
作品しか出さなかったら変わって
いくでしょう。
ゲームと一緒でヒット作品が
でるかどうかにかかっている。

122:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:14:06.72 ID:1kljfXH0
>>120
能力のある作家たちがわざわざ市場規模のごく小さい
電子書籍のみで販売するなんてことはないから

124:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:17:57.42 ID:2pWNbf0H
まあ週刊誌とかは電子書籍の方が便利だな。かさばらないし。

127:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:20:26.42 ID:I2hqjFbK
>>124
> まあ週刊誌とかは電子書籍の方が便利だな。かさばらないし。

読み捨ての情報だけだったら電子書籍という体裁でなく、
単にwebでよかったりしないか?

130:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 16:32:53.87 ID:2pWNbf0H
>>127
そりゃそうだな
まあだから「紙のまねをしないのが大事」なんだよね。
となると、じゃあ電子書籍という形式がいいのかっていう根源的な問題につながるわけかw

142:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:01:06.80 ID:dfKnSvxL
普通の人は今あるものの進化形でしか新しいものを想像できない。
昭和のSF小説だと、未来のコンピューターってのは超高速でパンチカードを読み込むことができる
でも実際はパンチカードという概念自体が磁気や電気で動く新発明の媒体に取って代わられた。
電子書籍の形態もすでにある書籍の延長でしかなく、いまだブレイクスルーを起こせていない。
根本的な部分で紙と差別化できていないから、紙のままでいいやって人が多いんだよね。
電子書籍が普及するとしたら販路や商品の充実だけではまだ足りず、あと一押し必要だと思う。

143:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:02:19.22 ID:GHGTOj+I
本屋店員だけど、今の書籍の延長では電子書籍は無理。客層は年配者ばかりだし、若い人なんて比率で一割程度。
この状況で端末ユーザーが爆発的に増えて版元が採算取れるとは思えない。
皆が夢見る専門書や絶版本が安く手に入るなんてのは無理で逆の方向に行ってるっす。出ても本とは思えない「何か別のモノ」になるだけの予感

147:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:08:48.39 ID:1H04fVmU
>>143
年寄り向けには「フォントを大きく出来る」という計り知れないメリットがあるよ

152:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:28:52.50 ID:GHGTOj+I
>>147
お年寄りには今の端末使いこなせないし、便利さを理解できないから必要としていないよ。

何より、今の端末は重い!京極氏の本も重いがw

157:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:36:50.54 ID:1H04fVmU
>>152
老眼で読書を諦めた爺さんには、何を言っても無理
でも、諦めていない人ならkindleやreaderの使い方くらい一瞬で覚えるよ

どっちにしても、ソフトが無い現状では無意味な話だけど

146:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:07:30.90 ID:urxfDD29
自分で読むの面倒くさいから読んでくれると助かるな。

148:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 17:10:52.15 ID:1g5HFAXw
>>146
ついでに読書感想文も書いてくれると助かる。

170:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 18:51:30.41 ID:O8in/IBP
ジョブズの伝記みたいにフォントも文字サイズも自由に変更できて、縦書き・横書き切り替えられるのがいいな。

ただ単に紙の本をスキャンしたみたいなのは欲しくない。

174:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 19:04:38.41 ID:Als2Ouzx
でも電子書籍はiPhoneとかにいれておいても読まなくなる場合が多いんだよね。
そういう調査結果をどこかで読んだ。
いつでも読めると思うと読まなくなるんだよ。
電子書籍は一時的なブームであって、しばらくすればみんな、やはり紙の本の方が
いいと思い直すのではないかな。

191:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 20:12:32.27 ID:Y7aDUbDr
おれはどう考えても主導権握ってるのはコンテンツ持ってる側だと思うんだがな

196:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 20:18:38.75 ID:S4ENdjoR
>>191
問題は、これから増えるコンテンツを誰が持つかだよ

226:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 22:09:39.03 ID:VaJ7PIMO
動いたり、音でたりしないとだめだよな、紙に勝てるとこで勝負しないと

230:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 22:13:35.23 ID:1Tv0/5Td
>>226
そんなんで紙に勝てないよ
寧ろ、もっと負けるよwwww

12:名刺は切らしておりまして:2011/12/26(月) 12:50:41.83 ID:8/Sngxif
京極はこんなコトしてないで早く新作を書け
「鵺の碑」の発刊が2年も遅れてるぞ

電子書籍の時代は本当に来るのか


イチオシ記事











オススメ一覧


君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)