2:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/13(火) 13:02:45.22 ID:9GWPlhVF
1252140086_9f31d61345

止まっているエスカレーターを昇る時って普通の階段を上がるよりしんどい。



4:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/13(火) 16:14:08.41 ID:Jw5QY9tX
あれ不思議だよねえ

3:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/13(火) 15:51:58.84 ID:dAqZ/RKJ
傾斜も段差も高いからね。










6:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/13(火) 21:45:20.02 ID:EBGL5nB/
ウィキペディア百科事典の管理者や削除人になりたい人がいることが不思議でたまらん。
管理者や削除人になる条件が厳しいわりに何のメリットもように思えるんが

9:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/14(水) 06:38:42.24 ID:RhRF4Awd
男は基本的にオナる時やヤリたい時にしかエロ画像や女性に興味を示さないのに
腐女子は常にBLものが好きで普通の漫画にすらそれを求めること
腐がBLを好むって性的欲求を満たすためだけではないのか?

11:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/14(水) 07:04:33.34 ID:Cnu3P2nH
>>9
別にBL見ながら一人相撲するわけではないからね
エロが無いものもたくさんあるし

BL新日本史

14:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/14(水) 17:55:31.73 ID:QPldikYr
マクドナルドが売れる事
特に安くもないし旨くもないのになぜ行列ができる程売れるのか。
マクドナルドに一回行くのと同じくらいの値段でもっと美味しい店は沢山ある。

21:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/14(水) 22:28:40.71 ID:xAOfTmQE
>>14
日本マクドナルド開業に当たって、
「ハンバーガーを食べる習慣が無いから売れない」という反対意見に藤田田は
「じゃあ、今の子供たちをハンバーガーで飼いならせばいい」って言い切ったらしいいからな。
飼いならされた奴らが大人になって、子供に伝えていく。

20:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/14(水) 21:33:36.83 ID:5tJBHv5F
正直2000年からの月日の速さに驚く
もう11年経ってるなんて信じられん

26:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/15(木) 14:02:58.74 ID:ZV2Ajjmx
女性の脳は多数の色彩を見分けられたり、一度に複数のことが出来たりする点で男性より優れているらしいけど
医者、棋士、技術者などの頭脳労働での女性比率が圧倒的に低いのが不思議でならない

32:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/15(木) 20:57:42.31 ID:85MuF8vU
この地球が人間にとってすごく都合よくできてることがすごいなあと思う
食べ物も人間の栄養になるものが豊富にそろってるし
二酸化炭素が増えても森林が酸素を出してくれる
というか地球があることがすごく不思議
あと宇宙は無限大とかいうのがすごい
というのをいつも考えてる

39:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/16(金) 05:45:23.47 ID:b0EFTpf7
>>32
地球が人間にとって都合よくというより
人間が地球環境に合わせて進化したんだろう

かつての地球は酸素を嫌う嫌気性菌がたくさんいた
しかしあるとき藍藻が光合成を始めて酸素をいっぱい放出したため
嫌気性菌にとって地球は地獄となった
もし光合成を行う植物がいなければ人間は酸素を必要としない体になってたかもしれない
その前に高等生物には進化できなかったかな

60:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/17(土) 12:18:24.24 ID:yLL9FbZO
分割方法がしっちゃかめっちゃかな日付・時刻の表し方が世界標準になっていることが不思議でならない。

月ごとに日数が違っている理由が「偉い人の誕生月を多めにしたかったから」で
そのしわ寄せを2月に押しつけたとか頭おかしいとしか思えない。2月生まれの偉い人もいるだろうに。
俺だったら月の概念は廃止して、日付は「2011年 351日目」みたいにするね。

1週間が7日ってのもおかしい。
3日に一度イベントを設定したいとき、1週間が6日だったら「月曜日と木曜日」みたいに言い表せるのに
1週間が他の数字で割れない7日だからそういうのができない。
月ごとに日数が違うせいで「3の倍数日」とも言い表せない。

時間の区切りもおかしい。なぜ60で次の位に上げるんだと。普通に10進数使えよと。計算しにくいだろうが。

61:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/17(土) 12:28:12.38 ID:yN3ryn31
>>60
そもそも、一年の始まりがなぜ1月1日なのか。
なにか自然現象とか天体とか意味があって定められたものでもないみたいだし。
何かその日に一年一度の自然現象でもあれば納得できるんだけど・・・

65:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/17(土) 14:23:39.58 ID:MM53PdrY
>>61
厳密なものではないだろうが、冬至を越えて1月1日から日照時間が長くなる、ってことで
その日を年の始めとしたのだろう

76:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/17(土) 23:17:06.74 ID:SRYE+f21
上の方の流れで思ったが、
時間だけは60進数(12進数)を基準にした尺度
(1分=60秒、1時間=60分、1日=24時間)
で何の不便も感じない。
慣れの問題もあるだろうが、60という数は
約数がたくさんあって使いやすいんだろうな。
これを貨幣制度に取り入れてみたらどうなるだろう。
1ドル=60セントとか。
意外と上手く回るような気がする。

ってかかつての固定相場制(1ドル=360円)が似たようなものかw

89:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/19(月) 19:41:18.11 ID:DY724mcW
見たいテレビを見てる最中ですら知らん間に眠ってしまってることがちょいちょいあるのに、
同部屋に鼾のうるさい奴がいると全く眠れないのが不思議だ

見たいテレビを見てる最中に眠ってしまうというのはかなりハードル高い気がするのにな
(そのテレビを見たい欲求、テレビの音がうるさい、電気点けてるから明るい)

音だけに特化すれば、テレビの音声よりも鼾の方が不快なのでまだわかるけど

90:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/19(月) 22:18:12.27 ID:lhoJCtW5
いびきとか鼻息の音とか呼吸音は気になるからね
まだ寝言のほうがマシ

91:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/19(月) 22:30:00.25 ID:spd/vOAN
ドラムとかピアノとか左右の手/指を別々に動かすのは凄いと思う
マジでどうやってやるんだろう

92:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/19(月) 23:53:38.16 ID:hXB/iy90
>>91
歩いてる時に「左右の足を交互に動かす」なんて思わないのと同じで、
やってみれば意外と出来る。

107:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/20(火) 19:59:28.01 ID:jACcQbdd
竹取物語の世界観。
あんな大昔に、月を空に貼り付いた書き割りじゃなくて、地球外の異世界だと
解釈していたのって凄い。

108:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/20(火) 20:36:33.06 ID:CF3V4zZv
>>107
異界は異界だが、地球外って概念ついてたかね、あれは

110:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/20(火) 21:29:01.49 ID:Wsb7uY24
>>107
それより、月で兎が餅つきしてる!
を初めて言った人に驚愕。

111:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 00:44:01.84 ID:raYi5wXh
>>110
「星座」を初めて考案するのに比べたら
まだ月の兎の方がそれっぽい形に見える。
星座は仮に線で結んであったとしても
絶対に牛とかサソリの形には見えないわw

113:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 03:38:47.59 ID:JMFWPc2/
古代日本人が宇宙をどうイメージしてたかはっきりしないよね。
ヨーロッパの天動説のような話も残ってないし。

118:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 09:01:17.02 ID:eaLLjcwy
>>113
そういえば古墳の石室や洞窟の天井に星が描かれてたような。

119:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 09:53:11.03 ID:4+WGCWVG
巨大企業が支配、コネがすべて・・・って早い話が陰謀論だよね。

何かウラの権力や見えない不合理な力を設定して、それをなにかの出来事の
パーツに押し込みつじつまを合わせて、「そのせいなんだ」と納得しちゃえば
楽だ、責任は自分にない・・という幼稚な心理。

コネがある、巨大企業の影響力がある(当たり前だw)という事実が
それが全てと置き換えるのは普通、社会では詭弁と呼ばれるんだが、
「学生ならわからんも無理ないと思う」と語っちゃう人がいるのが不思議。

120:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 10:07:33.74 ID:BXAt6LSZ
陰謀論って言ってしまえば自分は無知ですよってアピールしてるのと同じだからなー。
なんで自分の評価を下げさせたいのか。ドヤ顔で。

121:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 16:06:10.43 ID:qVxWDwAM
>「学生ならわからんも無理ないと思う」と語っちゃう人がいるのが不思議。

これは分かる。俺もバカ学生の典型だったから、誰でも自分と同じで居て欲しいという願望がある。
ただ「賢い学生も居る」という事実まで否定しちゃうほど落ちぶれてないだけ。

149:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/22(木) 20:10:23.01 ID:c46Ke/kT
ブスだけど抜けるとか、可愛いけど抜けないとか
イケメンだけど濡れない、ブ男だけど濡れるとか

人間とはかくも難しい生き物よ・・

157:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/23(金) 01:41:11.11 ID:aGghF12w
>>149
それ確かに不思議な感覚なんだよな
最初、他人からはブス扱いだけど、たまたま俺の好みだから抜けるって意味かと
思ってたんだけど、そうじゃなくて自分でも「ブスだな〜」と思うのに抜けるって
ことなんだよな
逆パターンもまた然り

167:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/23(金) 11:59:14.89 ID:5RpD9pOS
生活保護に関して、若者が受給するのはけしからんが、高齢者は止むを得ないという風潮
冷静かつ冷淡に考えれば、まともに働き、まともな生活をしていたら年金もあるだろうし、
多少なりとも老後の蓄えもあるだろうし、扶養してくれる親族もいるかもしれない
それなのに、年金もない(保険料払ってこなかったのなら当然)、蓄えもない、保養親族もいない、
という状態で生活保護を受けるのが当たり前みたいな感じになっている
今の就職難、低賃金時代じゃなく、もっと就職口があり、賃金も上がっていった時代なのに
何をしてたんだ?と思う
病人、障害者等は除く

178:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/23(金) 23:08:28.32 ID:pl5mZGF0
プロレスって凄いな。あれがたとえ演出でも
あれだけの攻撃になんとか耐えてるのが
凄い。

184:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 10:28:27.13 ID:1uL8tCFW
英語と日本語で組み合わせが同じ熟語があること。
「洗脳」が英語だと「brain wash」って言うのとか。
うまく言えないけどなんかすごいと思う。

あとやっぱ最初に通訳になった人もすごいと思う。
辞書とかないのにどうやって意思疎通したのか謎。

195:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 15:42:17.50 ID:KxfoV5CT
>>184
こういうネタは1スレに1〜2くらい出てくるな。
だいたい翻訳か語源が一緒かだから調べればすぐ分かる。

188:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 11:43:58.35 ID:8bs2L5Nd
と、思ってwikipediaを参照したらトップに書いてある。
中国語を英語に直訳して、さらに英語を日本語に直訳したらしい。
異言語の共通部分は、たいてい翻訳の歴史がある。

191:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 14:37:46.93 ID:wFrBNgj7
Tと丁は偶然なんかな

193:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 15:27:53.76 ID:8bs2L5Nd
>>191
それ、日本人なら「なるほど偶然だな」「ほんとだな」と思うけど
英語圏のひとに説明するの大変じゃない?
「茶のことを英語でていと言います」みたいな話。

194:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 15:32:31.47 ID:yr1XLoAD
欧米語でも、読みの音や語感から当て字をかなりひんぱんにするからOKだろ
たとえばUをYouで表したり、Eyeとiを掛けたり

ちなみに「茶」と「Tea」は同語源だよ。

199:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 16:07:12.69 ID:8bs2L5Nd
>>194
>ちなみに「茶」と「Tea」は同語源だよ。

まったく知らなかった。そっちのほうが驚き。

200:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/24(土) 16:26:47.86 ID:5ZYx1qfG
>>199
中国の方言の違いで、イギリスオランダには「茶」を「テ(テー)」と発音する方から伝わって
テー/ティーになったとか。

日本は「ちゃ」は「茶」を「チャ」と発音する方から伝わってきた。

231:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/25(日) 16:37:53.01 ID:8FnwfiCa
世の中には「計画的陳腐化」という物があるらしい。
もっと商品寿命を伸ばせるのに、あえて延ばさないことで定期的な買い換えを促す…というシステムのことで
電球、携帯電話、自動車などがそういうのの代表例だそうだ。
そんな無駄なことするぐらいなら毎月一定額払ってもらう代わりに、
故障・改良があったときに無料で取り替えるシステムにすればいいんじゃね?
って思うんだけど、そういうのって難しいのかね。

233:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/25(日) 16:51:13.90 ID:eS+LoaEb
>>231
誰しも所有欲で買い物をする。レンタル的なシステムは定着しないだろうな。
もっともその一方で、
クルマのように高価な必需品ではシェアリングが流行ってるらしいけど。

232:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/25(日) 16:47:50.89 ID:6E1WcwW5
長寿命を謳ってるLED照明というやつ、
普及すればマジで電球メーカーが倒産するような気がする。
採算が合うように寿命を調整してあるんだろうか。
いわゆるソニータイマーの如くw

235:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/25(日) 19:30:08.57 ID:px/+2RkL
>>232
LEDは直流電気だから変換器で交流電気を変えてるんだけど、その変換器が熱を出すため寿命は10年といわれている。蛍光灯などと変わらない。
消費電力は全然少ないけどね。

234:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/25(日) 16:51:28.02 ID:F8ejML8o
>そんな無駄なことするぐらいなら毎月一定額払ってもらう代わりに、
>故障・改良があったときに無料で取り替えるシステムにすればいいんじゃね?

それはリースだね。リースは部屋の賃貸と似ていて、所有権は無い代わりに
(契約によるけど)故障は無償修理が基本で消耗品も取り替え放題になったりする。
リース期間が終われば新製品に取り替える。会社の備品はたいていリース。

251:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/27(火) 11:09:39.79 ID:XsQ7eW94
数学者ラマヌジャンの公式群
知的レベルが桁外れに高い惑星から飛来した気紛れな宇宙人としか思えない
人間の枠を越えた目の回るような公式をポンポン思い付くのはインドの奇跡ww

証明もなしにこんなのが思い付くんだぜ



266:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/27(火) 15:37:06.06 ID:9K9sOa+s
>>251
まれにしか居ないのは幸いだ。周囲がみんなそんな奴だったら困る。

271:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/27(火) 22:59:26.62 ID:1nstvsC7
>>251
夢の中に神が現れて舌の裏に公式を書いていくって言ったって人だっけ

310:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/29(木) 12:25:31.06 ID:bvTV8cQC
>>271
数学者も音楽家も、超一流は似たような事を言うね。
ポール・マッカートニーはYesterdayを作ったんじゃなくて
夢の中で聴いたらしい。

281:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 07:57:29.04 ID:epCzRYHU
前に「古代エジプト展」を見に行って、ガラスケースに入れられた黄金のツタンカーメンを眺めたんだけど
今から数千年も前のエジプトで作られたモノが、数千年後に、四国の片田舎で生まれたオレの人生と合流することになるなんて
と、不思議な気持ちになった。

290:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 13:29:53.49 ID:SjjQfjGb
たまにあるんだけど、
今まで自分からはまったく使ったことが無くて、
かなり前に本で見たような単語がちゃんと意味にあった文脈で浮かぶこと。
この前は、帰り道に一人でその日あったことを思い出してて
ちょっと人にはあまり触れられたくないというか、
自分からおおっぴらにはしてないことに触れられたことがあって
「まったく…人の心の深淵に…」と浮かんだ。
深淵なんて使ったことないのに突然頭に浮かんだのが不思議。
他にもたまにそういうことがある。

深淵くらい普段から使うだろっていうのは勘弁してください。

291:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 14:46:58.70 ID:HQGw36ua
あるな。
よくあるのが漢字の読み。昔 本で読んだだけで、一度も書いたりした事がないのに スラッと出てきたり。


292:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 18:26:17.29 ID:D7uxWISr
似たようなのがあった
クイズ番組で歴史上の人物の名前を当てるのがあって問題を見た瞬間ぱっと正解が思い浮かんだ
よくよく考えれば学生時代授業で教わって以来その人物のことなんか一度も考えたことがなかった
実に10年振りくらいに思い出した
人間の脳ってすごいと思った

294:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 20:36:47.55 ID:UZt0B14g
確かケントデリカットが言ってたな
夢の中に、親父だか誰かが出てきて、なぜか日本語で説教をする
そのなかに聞いたこともないような言葉が出てきて、目覚めた後
辞書を引いて、ああこういうことだったのかと理解するのだとか

295:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 20:42:50.86 ID:R7dDGGAq
俺は夢に出てきた女を目覚めた瞬間猛烈に好きになってしまう傾向がある。

296:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/28(水) 20:54:32.30 ID:7odR/jOx
>>295
逆じゃね?
深層心理で好きだから夢に出てくるとか

344:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/30(金) 01:37:19.03 ID:tw9sF1Kd
俺が2ちゃんねる見出したのは2002年頃だったと思うんだけど、その当時からすでに
大阪や京都の役所の一部部署での信じられないようなネタが複数書き込まれていた
職場で白昼堂々と覚せい剤の売買が行われているとか、特定の部署では職員が毎年大量に
逮捕されているとか、上司が部下の使いっ走りにされてるとか、大量の職員が日常的に
中抜けしているとか、1千万プレーヤーのバス運転手やごみ収集員がいるとか、
全然職場に来ないのに給料満額貰ってるやつがいるとか、その他もろもろ・・
当時はさすがに「誇張しすぎだよな」とか「都市伝説だよな」と思ってたけど、
それから数年してテレビでまんまその通りの報道がなされ始めた
その時にテレビのニュースがインターネットに追いついたって事を実感できたし、
インターネットの書き込みって(もちろん全部がって意味じゃないけど)凄いんだなって
心底思えた

346:おさかなくわえた名無しさん:2011/12/30(金) 10:03:58.78 ID:jWFYowyd
>>344
ネットは事実、有意義な情報、悪意ある誤報、悪意のない誤報、誹謗中傷、
理想論、不平不満、怒り、提言、妄想などが全て揃ってる混沌の場所
その混沌の場所から事実や有意義な情報だけを掬い出せたら物凄く利用価値が高い
反面、誤情報や誹謗中傷などで踊らされるリスクもある
ただ、ネットの迅速性は本当にすごい
これはテレビでは到底かなわないね

366:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/01(日) 13:26:44.45 ID:J+vXbCP+
物事の仕組みや世界の常識(自国の非常識)を誰でも知れる時代においても
宗教的なものが人を動かせているのが不思議
無神論者であっても哲学だの永劫回帰だのの怪しげな概念(≒宗教的なもの)に影響された行動をとったりするし。

371:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/01(日) 14:32:14.56 ID:n+3JafnX
>>366
人って相手と直接会って話を聞くと、同調したり心を動かされたりするもんだぜ。
それは本やネットで仕入れる知識よりずっと影響力あるよ。

372:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/01(日) 15:22:44.61 ID:TSkJzP2e
つけまつげ・つけ爪する女の感覚
しかも聞くところでは、あれが男受けすると思っているらしいこと

373:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/01(日) 16:19:42.17 ID:e5wJ2OAm
>>372
爪を長く伸ばしてネイルをしてる子に「缶ジュース開けにくくないの?」と訊いたら、
「それが狙いなんですよぉww」と言われた。
開けられなぁいと言って男に頼るのが狙いなんだと。

そんなもんか?それで喜ぶ男なんているか?
その子はその他いろいろ勘違い甚だしかったので、あのまま変わってなかったら今も独身に違いない。
「アタシは、嫁に行くんじゃなくて、嫁に行ってあげるの。」
とか、誰も何も言ってないのにわざわざ言うなんてバカだよ。

375:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/01(日) 20:34:52.01 ID:ZVxbm+G/
>>372
同性に対する見栄の方が大きいかな。
化粧も他人からの評価よりも化粧で変身することで得られる高揚感が好きだから。
ただ、異性にモテることをステータスにしている女はちょっとずれてるから分りやすいよ。

388:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/02(月) 23:24:56.98 ID:7GUkMCck
今の団塊世代とかが死んだ後の紅白ってどうなるのか不思議。
演歌系は全部いなくなって、小室サウンドとかSMAPとかが
「年寄り向けの懐メロ」みたいな枠で出てくるんだろうか。

389:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/03(火) 12:44:37.98 ID:za175ubD
>>388
タワレコのキャンペーンなんか見てると半ばそうなりつつある。
今はまだ「大人の」って表現だが、あと十年もしたらどんなキャッチコピーになるのかな。

390:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/03(火) 14:58:57.06 ID:JFrB9T6Q
>>388
団塊世代が若かった頃、彼らは演歌なんか聴いていなかったはずだ。
団塊世代は年取ってから演歌を好きになったんだよ。
今、演歌に興味がない世代も年をとったら演歌好きになる可能性が高い。
だから演歌というジャンル自体は無くならないはずだ。

ただ、現代の大物タレントがみんな死んだあともテレビ局が残っているかは疑問だな。
紅白どころかNHK自体が無くなってる可能性だってある。

392:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/03(火) 15:23:13.95 ID:73L6KKkR
>>390
そんなことない
美空ひばりとか石川さゆりとか団塊のおっさんたちは昔から好きだし
演歌は年寄りの聞く曲として存在してる訳じゃない

391:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/03(火) 15:18:09.40 ID:6Itc4UDN
>>388
自分も同じ疑問を思って、会社にいた演歌大好きな70歳のパートのおじさんに
自分と同じ年齢ぐらいの時にも演歌聴いてたの?と聞いたら
若い時からずっと聴いてるって言ってた
演歌がなくなるとは思えないけど、ますます衰退していく感じはあるよね
それとも、自分が歳をとったら演歌を聴くようになるのかな?

393:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/03(火) 15:35:18.26 ID:73L6KKkR
>>391
高齢者が演歌を好むのは彼らが若い頃に演歌が流行ったからだし
高齢者が盆栽好きなのは彼らが若い頃に盆栽が流行ったからだし
高齢者がじじむさい喋り方するのは彼らが子供の頃はそれが標準的な言葉だったからだよ

うちらが年とったら「若いときからJ-POP聴いてたの?」って訊かれるかもよ

407:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 08:21:41.01 ID:ysJNVTlE
地味な見た目の人が実はSMプレイ愛好家だったり派手な女が料理上手だったり
眼鏡をかけた知的紳士が実はまぬけだったりまぬけっぽい人がしっかりした考えを持っていたり

振る舞いの節々にどんな性格なのかを知るヒントはあるとは思うけど
人間見た目の雰囲気(服装や髪型)だけじゃ分からないもんだね〜

あと面白いのはDQNほど意外と恋愛に一途


408:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 12:53:12.95 ID:Q3bIxDpp
>>407
俺の地方では、DQNの女は恋愛に一途だけど、
男は浮気しまくってたな

409:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 13:24:13.31 ID:IGJWEqXW
>>407派手な女が料理上手なのは、「その方が男にモテるから」であって
「派手な格好をする=男にモテたい」と何も矛盾してない。

DQNが「意外と」恋愛に一途、というのはギャップのインパクト効果なだけ。
悪そうな奴が普通の人が誰でもやってるような親切をしただけでもの凄くいい人イメージになるだけ。
DQN女が「彼氏が浮気して一晩泣いた」と言えば「意外と一途なんだ!!」とインパクトがあるが
地味な女が「彼氏が浮気して一週間泣いた」と言っても「ふーん」なだけ。

あと、今は「高学歴だから真面目」という事は全く無くなったよね。
高学歴大学にヤリチンヤリマン、茶髪、キャバ嬢、ピアスの多い事。

410:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 13:32:04.96 ID:tqZ0d5RU
DQNは恋愛に一途というより本能に一途という感じがする
男も女も

411:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 13:36:08.93 ID:VkSIyXB5
恋愛というのも「マシュマロ・テスト」の一種だ。

412:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 13:45:46.68 ID:VkSIyXB5


15分間マシマロを我慢できた子供は全体の三割。
追跡調査によると、この三割の人々はSATの平均点が210も高かった。

419:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 18:03:27.05 ID:Z172CRst
NASAのアポロ発射打ち上げでもの凄い準備と装置で月着陸
地球に帰還する時はなんの大掛かりな装置もないままに離陸。

422:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 20:56:37.88 ID:IznoqeQh
月は大気が無く重力も地球の6分の1だから
いとも簡単に離陸しても不思議ではないらしいけどな。

ただ、初めて月に行ったときに よく帰還時の発射出力とか計算出来たもんだ。
パワーが足りずに月面に再落下の危険も大いにあっただろうに。

424:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/04(水) 21:54:33.21 ID:1fpIpFki
計算には賭けの部分があったと聞くがな。
たとえば着陸船の足が月にどれだけめり込むか予想できていなかった。
クレーターの肌の様子から表面の粒子の大きさや厚みは推定したが、推定だったからな・・・。

431:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/05(木) 16:10:14.64 ID:Ll7dibhH
IT技術はものすごい勢いで進歩してるのに
ロボット技術はあんまり進歩してないのが不思議

ロボットアームとか人間のように動くロボットとか十数年前には既にあったんだぜ。
それがあった時代から十数年かけても、原発に"即投入できる"ロボットが作られていないってちょっと進歩が遅いんじゃないかと思う。

434:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/05(木) 20:24:22.81 ID:oOEc7FIR
費用対効果の問題も大きいんだろうな。
莫大な費用と時間をかけてアトムやドラえもんを作ったとしても
知名度以外に何の役に立つか分からないし。
それなら即需要が見込めそうな
塗装専用ロボットや溶接専用ロボットを開発した方が
はるかに早く利益につながる。

ロボット技術が思いのほか進歩しないのはそんな理由らしい。

438:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/05(木) 23:40:29.59 ID:Wo3i9tjL
職場に入っているペットショップが、どうやって成り立っているのか不思議で仕方ない
・犬や猫が売れるのは週に1匹かそこらで、普段の粗利は2万円程度
・24時間エアコン使用
・ペットフードが必要
・従業員は大抵3〜4人体制
…裏でアフリカゾウでも密猟してるの?

439:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/05(木) 23:52:26.53 ID:1w3uoKbh
>>438
ペットショップは生体販売よりもフードなどの消耗品で成り立ってると聞いたことがある。

440:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 00:00:21.52 ID:dRi2DRYS
>>439
その消耗品の利益が、1日に2万円程度しかないのよ…
従業員の給料だけでそれ以上かかってるはずなんだが一体どうなっているのやら

442:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 00:45:42.98 ID:sYxbTRUl
商店街の中のお客さんがほとんどいない食堂や帽子屋とか眼鏡屋の経営
ベストセラーになった「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で、
本業が別にあるとか、店舗販売以外に大口のお客を持ってるとか、
いろんなパターンが紹介されていたけど、それを踏まえても不思議だわ

443:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 00:51:55.47 ID:ul86CQVM
年金暮らしのお年寄りが
趣味の道楽で利益度外視でやってる場合もありそう。

444:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 01:16:34.01 ID:LsKn7kEa
花屋さんは企業の玄関にある鉢の管理とかそういうのが本業で、店頭は限りなく趣味に近いとか。
だからお店にはお留守番をかねた若い女性がいることが多くて、ご主人は軽トラで外回りの営業をしてるんだよ。

447:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 02:34:50.20 ID:r5iB5RSp
ペットショップは893関係の人も多いってどっかで見たけどホントかね?

自分はそれより大手ではない個人の雑貨屋が気になる。
どう見ても生活必需品じゃない雑貨って売れてる気がしない。
他に本業があるんだろうけど。

448:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 02:43:05.65 ID:6URL1SUP
私はマジでジモティーしか来ないであろう寂れた商店街の洋服屋とかが気になる。
あと駅からも遠くて寂れた住宅街にある全然客が入ってないそこそこの値段の寿司屋とか。

449:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 03:18:53.50 ID:SnPTOMWU
寂れた小売店は常連で持ってる店もあるけど、赤字垂れ流してても止められない店も結構ある
小売と卸の取引は掛け取引が一般的なので卸屋には結構な借金があるんだけど、店を畳むとなるとそれを清算しなきゃならない
そんな金はないので開店休業状態でも店開けてるってパターン
大体そういう店は、じいちゃんが死んで生命保険が入って来たとかのタイミングで店じまいする

457:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 13:27:55.40 ID:PIqDKMA6
著名な芸術家が描くとラクガキのような絵でさえも数億円の価値があること
あれは富裕層が玄関にかざることでステータスを自慢したいだけであって
「なんて素晴らしい芸術性なんだっ!」とは思っていないんだろうな

あと、初めてロックフェラーとロスチャイルド財閥を知ったときはビックリした
ほとんどが聞いたことのある企業ばかりで桁違いだなーと半ば呆れたw

459:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 13:40:00.37 ID:UxbhaBEf
>>457
芸術なんてそんなもんだろ。
道端で全裸でポーズ決めて「これはアートです」とか言って警察と言い争ってる
ヤバい感じの人とかいるし落書きでもアートだとさえ言っちゃえば
共感したとかでファンになる人もいてかなり不思議。
たまに、ちょっと宗教染みていて怖いときもあるしなぁ。

461:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 13:54:32.31 ID:G4GKZC2I
>>457
その辺を皮肉ったのが便器のオブジェ(デュシャンの「泉」)だろうね。

まあ美術の基本のしっかりしている人の落書きは落書きでもその辺の落書きとは
全く違う芸術性をもつとか専門家は言いそうだが、どうだかねぇ・・・。

463:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 14:02:11.41 ID:DAR5vuME
でも正直ピカソとか気持ち悪いだけで頭痛くなってくるし
家とかに飾りたくないしあげるって言われてもいらないって断っちゃう。

465:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 14:05:34.43 ID:GUu9WhNe
一応言っとくけどピカソの絵柄はいろいろあるよ

470:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 15:40:15.62 ID:qLfT6Utp
「ラクガキみたいな絵が芸術扱い」ってピカソの事だろうけど、
ピカソは元々絵は上手いよ。これはピカソ15歳の時に描いた絵だそう↓



元々めちゃくちゃ絵が上手くて、その後悩んだ青の時代とかを過ごして、
その後行き着いたのがああいう作風だから、評価されてるんだろう。
個人的にはゴッホってそんな上手くないよな、と思うけど
気が狂ったように絵を描く事に熱中したゴッホの悲惨な人生を知ると、
あの絵にも価値を見出す人がいるんじゃないかと思う。

471:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 15:52:33.41 ID:ipMmEWll
岡本太郎だって若い頃にはちゃんとした絵を描いていた。当然だけど凄くウマい。

472:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 16:12:15.64 ID:fxcMjIre
まあ基礎技術というか、絵の描き方若い頃に
学んだ結果たどり着いた抽象画だからねえ。ただの素人の
下手くそ(ヘタウマじゃない)の落書きとは違うわな・・。

473:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 16:18:15.98 ID:xSDSNosK
しかし、「○十年ぶりに発見された○○の絵」が早速高い値を付けてるのを見ると
絵の価値自体を理解しているやつって世界中でもほんの一握りなんだろうなと思うよ。

478:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 17:05:00.83 ID:PIqDKMA6


俺がいってるのは上みたいな抽象画に分類されるだろうな〜ってやつね
似たような絵を素人が描いてだまされたとかもあるんだよ

ピカソみたいな印象派はむしろ自然科学主義からうまく脱皮したね〜って好意的に見てる
けど現代美術の流れはほんとうに分からない……はっちゃけすぎてて分からない

489:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 19:33:48.52 ID:cSFtbTqC
>>478
私は以前フランス人の現代美術研究家のような人(大学で講演をしていた)に
「私はある程度決まりのようなものがあるほうが、
そこから作者や時代ごとの表現の違いを見出せて面白いと感じられるので
現代美術は自由すぎて楽しみ方が分からない。
どのように現代美術と向き合うべきか」って質問したことがあるんだけど、そうしたら
「現代美術も作者によって決まり(モチーフや描き方etc)を作ってその中で表現をしている。
なので、美術館で見てみて、気に入ったものがあればそこからその作者の他の作品や作者の半生や
どのようにしてそのモチーフに辿り着いたかを知ると良い。
私も日本の美術を楽しむにはやはりその背景を知らなければ分からないこともあります」
っていう回答をもらった。

477:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 17:02:39.16 ID:qLfT6Utp
中高生くらいで「天才○○少年!」とか言われた子の大半が
成人するとパッとしない凡人になるのが不思議
子役も、子供の頃は可愛いのに成人すると並の顔になっちゃうのが不思議

480:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 17:13:12.39 ID:ipMmEWll
>>477
>中高生くらいで「天才○○少年!」とか言われた子の大半が
>成人するとパッとしない凡人になるのが不思議

まぁ大抵はいわゆる早熟の部類だからだろうね。他の子よりも早くできる。
それが年齢に応じて他の子が追いついて来て並んだり抜かれたりする。
子役はもう仕方がないよ。どんな子供も成長したら大人顔になるからな・・
ライオンとかの猛獣も赤ん坊の時は可愛いが成長すると凶悪な風貌になる。

481:おさかなくわえた名無しさん:2012/01/06(金) 17:14:53.36 ID:PIqDKMA6
>>477
十で神童、十五で才子、二十を過ぎればただの人
20歳の音楽家のアベレージが70点として10歳の子どもが70点の演奏をすれば周りはビックリする
けれどそこから飛躍できるのは本当に一握りで結局は気づけばアベレージの仲間入りって感じか

結果的には神童でもなんでもなくて器用な人だったってことだ

脳の不思議がわかれば女性関係は99%うまくいく


イチオシ記事











オススメ一覧