1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:19:36.90 ID:TIPgYjX/0
71713919

着込んでどうにかなるレベルでもないだろ



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:20:20.46 ID:pU4kJ8c90
素直に死ぬか我慢した

183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:46:54.79 ID:YUDpwEHKO
まあつまり一言でいうと>>3









7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:20:49.83 ID:v6mxhqgq0
なんでこんな寒くなるところに住みつこうと思ったのかわからん

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:21:32.19 ID:Iaz5cUH90
>>7
日本はまだマシだろう

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:42:27.02 ID:9XdHmTfw0
>>7
ヨーロッパの冬はもっと厳しいぞ

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:22:39.20 ID:HL8bHhpp0
むかしはこんなに寒くなかったんじゃねえの?

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:24:24.79 ID:TIPgYjX/0
>>11
温暖化()とか言ってるし昔の方が寒いんじゃないの?
囲炉裏とか裕福な家庭にしか無かったんじゃないの

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:22:51.36 ID:RVUVTMoB0
人肌だな

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:23:01.19 ID:TIPgYjX/0
火って言う程あったかくならないし、あっても昔だと火鉢とかだろ?
あれ全然あったかくないし、暖かくなるほどの布なんて庶民は無かっただろ

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:26:24.87 ID:p2ab0mnL0
>>13
お前の昔が思ったほど昔じゃなかった

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:27:48.83 ID:TIPgYjX/0
>>22
いやマンモスとかの時代も相当謎だよ?

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:23:59.05 ID:HjctRr7V0
忍耐......!!圧倒的忍耐...!!......!!!

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:24:36.31 ID:KwNh2Hmv0
はだかで温めあった

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:25:07.88 ID:Iaz5cUH90
そもそも綿花が民衆まで普及するのは16世紀頃だからな
燃料の薪も十分に無いなか麻だけで越冬するとか信じられない

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:25:50.17 ID:5vZHmQMh0
火鉢
時代劇で町人が使ってるの見る

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:27:14.07 ID:TIPgYjX/0
>>20
火鉢じゃ慰めにもならないでしょ

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:26:08.66 ID:feP2L9Ql0
洞穴は夏は涼しく冬は暖かいらしい

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:27:14.07 ID:TIPgYjX/0
>>21
一般家庭に洞穴あると思ってんの?

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:29:10.43 ID:vPnGJRqM0
寒さにもっと耐性があったとか?

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:29:51.01 ID:Dd/XpqbB0
昔の人は毛深かった

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:32:44.20 ID:TIPgYjX/0
寒さに強いとかでどうにかなるレベルじゃないだろ
どんだけ人間退化したんだよ

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:34:22.64 ID:Iaz5cUH90
猿が生きてるわけだし先史時代はなんとなく裸でも生存してても納得いくけど
無理ゲーだよな、歴史詳しい人説明して欲しい

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:34:33.45 ID:EfGoT+5X0
昔はもっと寒かったらしいね、
常に寒い環境に居れば、体が順応するぞ

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:35:54.56 ID:TIPgYjX/0
>>33
夏は焼ける程暑くて冬は生きも凍るんだぞ?無理無理

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:39:12.32 ID:uowdjNcF0
ロストテクノロジー

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:42:02.30 ID:TIPgYjX/0
>>43
それはワクワクするけど数万年前ならともかく数百年前くらいだとロストもくそも無いだろ

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:41:23.99 ID:oJ7iDSLK0
でもやっぱ火焚いてたんじゃないか?あんま暖かくないって言うけど
どんどん焼きとか行くと割と離れてても熱いくらいだし

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:44:00.35 ID:TIPgYjX/0
>>45
薪ってそこそこ貴重品でしょ?それに一般家庭に行き届いてたとは到底考えられないし
仮に火をガンガン焚いてたらそれはそれで死ぬじゃん

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:51:40.58 ID:sGNC8gjb0
>>49
お前は昔話しらんのか
おじいさんは柴刈りに行くだろ?
昔は山が鬱蒼としげり燃料もたくさんあったんだ

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:53:17.97 ID:TIPgYjX/0
>>59
誰もが山に行けるわけでもなければ盆地には山も無い、木を切って薪にする道具や知識が大衆に馴染んでいたとは到底思えない

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:56:58.34 ID:pqjfzRgq0
>>61
何時代の話してんの?
縄文でも火焚いてたよ?

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:46:11.56 ID:e5dWAaI30
昔の奴だっていろいろ思考を凝らしたんだよ

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:48:01.41 ID:TIPgYjX/0
>>52
それを知りたいんだよ
昔の家なんて穴だらけだぞ雪入ってくるぞ

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:50:11.44 ID:Dd/XpqbB0


これでも生き延びれるんだから昔はそれほど寒くなかったんだよ

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:51:40.05 ID:TIPgYjX/0
>>54
よく考えろよ雪は昔も降ってたんだぞ?

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:55:34.26 ID:Dd/XpqbB0
>>58





うむ、確かにつもっとる

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:56:38.34 ID:TIPgYjX/0
>>65
ってことは厚着とかでどうにかなるれべるじゃないよな?
今と大差無いだろ

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:57:49.45 ID:D64QBTAE0
>>65
こいつら裸足かよ

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:52:07.20 ID:H4zGy3gl0
戦中〜戦後に北海道の山中を13年間逃亡してた劉連仁さんは
冬は洞穴を掘って、竹や枝を組んで笹を敷き詰めて、昆布をかじりながら、ほとんど冬眠してたそうだ
火も焚いてなかったんじゃないかな

デジタル絵本「劉連仁物語」()
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ckk/chicho/ryu.htm

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:58:33.59 ID:e5dWAaI30
>木を切って薪にする道具や知識が大衆に馴染んでいたとは到底思えない
さすがに馬鹿にしすぎだろ

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 21:59:37.95 ID:oJ7iDSLK0
>>73
逆に集落には必ずそういう人らがいたような気はするよな

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:00:48.71 ID:TIPgYjX/0
>>73
みんな木をきれるほどの道具持ってたの?
鉄なんか近代まで貴重だったじゃん

仮に火を炊くとしても二日三日火力維持するのにどれだけ木が必要かわかってんの?

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:03:05.63 ID:Iaz5cUH90
>>78
木は切れる、日本の場合裏山が村の共有地になってて一定量の薪は確保できた
ただ燃料が冬の間燃やし続けるにはどう考えても足りないんだよな

あと中世ヨーロッパの農奴とかはたぶん薪も
荘園領主にとられて充分に暖を取れなかったはず

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:04:55.75 ID:oJ7iDSLK0
>>85
本当に寒い夜の間だけ燃やしてたのかなあ

93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:07:07.32 ID:pqjfzRgq0
>>78
炭になれば遠赤外線で暖かい
家屋の中なら尚更

とにかく昔の人は寒くて死んでたってことにしたいの?君?

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:14:33.55 ID:TIPgYjX/0
>>93
木炭って超高級品だよ?貴族でもなかなか手に入らなかったんだよ?

洞穴と毛皮挙げてる奴いるけど洞穴にみんな敷き詰まってたわけでもないし、
みんな毛皮被ってたわけ無いじゃん?毛皮も高級品だよ?

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:04:38.38 ID:wvUBO9OX0
ホームレスだってあなぐらとダンボールあれば生きてけるだろ
火鉢あれば余裕


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:04:58.65 ID:5jelzA/2O
雪が深い地域には獣がいる
毛皮がとれる
そもそもいつの時代の話をしたいのか

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:08:16.35 ID:TIPgYjX/0
>>90
いつでもいいんだけど、江戸時代らへんより昔は全部謎

ホームレスは真冬もダンボールなの?都市伝説でしょ

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:09:18.05 ID:drVcub5k0
>>96
都市に行ってみろよ伝説じゃないってわかるから


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:06:12.39 ID:TIPgYjX/0
木燃やすなら一年中冬のために木を切る作業しなきゃならないよ?

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:07:55.42 ID:drVcub5k0
>>92
おまえは少しでも火を絶やすとYou diedになるゲームでもやってるのか?

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:09:12.07 ID:gKqgqIc8O
まあ寒くて死んでたのは死んでたんじゃね

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:12:39.99 ID:H4zGy3gl0
>>98
つい最近も釧路で姉が突然亡くなって灯油切れて、障害のあった妹が家の中で凍死してたのが見つかったしな

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:10:34.82 ID:0LH9AHey0
関係ないけど温泉に入ってる猿って湯冷めしないの?

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:11:36.99 ID:pjhqobit0
>>102
そういやそうだな

107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:13:48.45 ID:1T+Kjx8e0
>>102
湯冷めどころじゃないな

108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:14:08.55 ID:Dd/XpqbB0
>>102
毛凍ってるよな

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:12:58.71 ID:Dd/XpqbB0


その昔、寒さをしのいで暖をとったという石室

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:14:59.73 ID:gKqgqIc8O
>>106
怖い寒くていい

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:15:51.99 ID:TIPgYjX/0
>>106
土とか被せればあったかそうだけど日本家屋は古くから木造だよ?
海外も石室なんて極々一部の文化じゃん?

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:17:39.90 ID:Dd/XpqbB0
>>113
冬の間は石室に移住してたんだ

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:15:04.65 ID:e5dWAaI30
んなもん自分で作れよ

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:16:57.84 ID:TIPgYjX/0
>>111
今大自然のみを利用して木を切る道具作れるの?俺は一般市民代表として作れないと叫ぶよ?

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:19:24.46 ID:e5dWAaI30
>>116
「作れなきゃ死ぬよ?」
って言われても作れないの?

126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:22:22.36 ID:TIPgYjX/0
>>122
作れないもんは作れなくね?しかもその粗悪な道具で冬越すほどの木材を調達するの?
その過程で死ぬわ

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:57:09.46 ID:IXgsfX500
>>126
江戸の町は超リサイクル過密都市で
薪ではなく廃材を燃していたという
ソースは近年見たTV

髪の毛すら集める商売とリサイクル先があったという内容だった

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:16:07.34 ID:ZkPqEezh0
石器時代以後は布団あっただろ
石の湯たんぽ的なのとか
以前は毛皮と藁の家が結構あったかかったみたいよ

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:20:08.00 ID:TIPgYjX/0
>>114
今の家屋なら布団でもいいかもしれないけど昔は窓とか手が通るようなシースルーだよ?
日本に限って言えば毛皮取って家作れるほどの大型動物は居ないし
そもそも昔は動物は基本的に殺したらご法度だよ?
日本人が肉食べないって文化忘れないでね?

127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:22:30.05 ID:ZkPqEezh0
>>124
石器時代の家はこんな感じ
あったかそうだろ?



肉食わない文化は江戸時代以前だろ
流石に布団とかで防寒できます

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:29:43.74 ID:Dd/XpqbB0
>>127
火災も多かったろうな

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:19:20.38 ID:oJ7iDSLK0
一応囲炉裏自体は縄文からあったようだ
http://www.netmuseum.co.jp/satou3/his-irori.html

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:25:01.90 ID:ZkPqEezh0
わかりやすい図を持ってきたぞ


祖先ぱねぇ

143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:29:47.71 ID:RVUVTMoB0
>>135
CO2中毒になりそうな構造だな
というかそのくらいの時代だともっと温暖だったんじゃね?

158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:36:41.82 ID:ZkPqEezh0
>>143
さすがに通気性はあったかと思われる

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:34:11.78 ID:TIPgYjX/0
>>135
これならいくらかマシだけど冬越せるのかな?

155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:35:44.37 ID:ZkPqEezh0
石器時代は竪穴式住居の洞穴効果と藁の屋根、そして巻による囲炉裏



藁の保温性は馬鹿にならず、
ごく近年まで雪国では藁の屋根の住宅が存在した

平安時代は厚着と薪で賄ってた



江戸時代は炭売りから買って暖を取る
そこまで高級品でもない、あと厚着
巻で囲炉裏も使用

燃料は秋口に用意しておく

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:38:45.06 ID:Dd/XpqbB0
>>155
屋根の上に雪つもってすぐ潰れそう

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:39:48.40 ID:ZkPqEezh0
>>163
作りが悪けりゃ潰れただろうな

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:35:59.05 ID:YUDpwEHKO
昔の人はバタバタ死ぬし暖房も衣服も貧弱だし栄養状態だって悪いんです
だから運がよくて体が頑健な選ばれしやつらだけが生き残っていたのだ

169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:40:11.30 ID:7xdqzNwS0
寝具のきちんとした歴史が知りたい。

庶民の寝具についての文献って殆ど無いみたいだな。
推測でむしろとか毛皮とかいろいろ言われてるけど

187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:48:41.12 ID:oJ7iDSLK0
本当かどうか分からんがこのページの5段落目から見てみると薪の量的には間に合ってたのかもしれん

http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/dec00-1.html
>私たちは薪を燃料にしていないので実感に乏しいと思いますが〜

204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:58:04.57 ID:RVUVTMoB0
薪の量に必死だけど
確かに奈良時代から続く森林破壊でかなり森林の量は減ったみたい



なんだけど江戸時代には大規模植林してたみたいなんだなwwwこれが

164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 22:38:52.82 ID:u5k1E8hx0
100年後の俺ら「あいつらエアコン(笑)とかヒーター(笑)でどうやって暖とってんだろwww」


マイクロファイバー製着る毛布 洗える袖付ブランケット fu-mo(フーモ) ベージュ FU-MO-0011-BE


イチオシ記事











オススメ一覧