1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2012/10/16(火) 19:43:46.11 ID:???
画像:DNA情報を元に復元されたネアンデルタール人の女性「ウィルマ」。
赤い髪、顔の斑点、白い肌がネアンデルタール人の特徴だ。



ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)は、現生人類(ホモ・サピエンス)の近縁種として知られているが、謎の多い種でもある。最近、目覚ましく発達した分析技術により、ネアンデルタール人の秘密が徐々に明らかになり始めた。

例えば、現代の人間のDNAに残るネアンデルタール人の痕跡を分析した最新の研究によると、
ネアンデルタール人は、3万7000年前まで現生人類と異種交配を行っていたという。
また、別の研究では、アジア人と南アメリカ人に、ほかの地域と比べてネアンデルタール人と共通する遺伝子要素が多いことが判明した。

イギリスにあるロンドン自然史博物館の古人類学者クリス・ストリンガー(Chris Stringer)氏は、
「両種の間にこれほど複雑な関係が存在したとは、2〜3年前には予想もしなかった」と話す。

◆曖昧になる境界

かつては「野蛮なネアンデルタール人」と「洗練された現生人類」といったイメージが固定化していたが、今や両者の境界はかなり曖昧になってきている。

アメリカにあるニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の考古学者ジョン・シェイ(John Shea)氏は、「ライフスタイルの違いを挙げるのはますます難しくなっている。
どちらも同じように氷河期を懸命に生きていた」と話す。

◆本当に異種交配があったのか?

ネアンデルタール人のゲノム解析が進み、現生人類との遺伝的共通点が見つかると、「両種の間で異種交配があった」という説が登場した。しかし、「共通の祖先から受け継いだものだ」という反論の声も上がる。
ドイツのライプチヒにあるマックス・プランク進化人類学研究所のスヴァンテ・ペーボ氏が率いる研究チームは、両仮説を検証するため、現代のヨーロッパ人のDNAに残るネアンデルタール人の各痕跡の長さを分析、その遺伝子要素が現生人類に混入した時期を特定した。
その結果、遺伝子流動の発生が8万6000〜3万7000年前であり、特に6万5000〜4万7000年前の可能性が高いことが明らかになった。

現生人類がアフリカを離れ、中東からユーラシアに移動を始めたのは6万年前だ。
ペーボ氏は、「やはり異種交配は実際にあったはずだ」と結論付けている。

新たな地を訪れた現生人類にとって、異種交配は思いがけない恩恵をもたらしていたようだ。
現生人類は、ネアンデルタール人の遺伝子要素を通じて、ユーラシア土着のウイルスと戦う免疫系を獲得したと考えられている。

「ネアンデルタール人は部分的には私たちの祖先なのだ」とペーボ氏は話す。
「親戚関係を持たない現代人2人の遺伝コードを比較すると、数百万単位で異なる部分が存在する。
ところが、ネアンデルタール人と現生人類のゲノムには、平均でおよそ10万カ所しかない」。

(>>2以降に続きます)

ソース:ナショナルジオグラフィック(2012/10/15)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20121015002

参考リンク:National Geographicに掲載された原文(英語)
http://news.nationalgeographic.com/news/2012/10/121012-neanderthals-science-paabo-dna-sex-breeding-humans/?source=hp_dl1_news_neanderthal_sex20121016

2:ケンシロウとユリア百式φ ★:2012/10/16(火) 19:44:05.33 ID:???
>>1の続きです)

◆感性も現生人類に似ていた?

当時のネアンデルタール人は、どのような感性を持っていたのだろうか?

この点ついても、「野蛮」という定説を覆す研究が現れ始めている。
例えば、イギリス領ジブラルタルにあるジブラルタル博物館の研究チームは、南ヨーロッパ各地の遺跡で、鳥の翼の化石を大量に発見している。特に黒色の大きな猛禽類の羽をむしり取って身に着けていたと考えられ、場合によっては宗教的な装飾に使われていた可能性もある。

前述のシェイ氏は、「黒みがかった鉱物顔料を好んでいたという。
彼らにとって黒色は重要な意味があったのだろう」と話す。

また、別の研究では、スペイン北部のエル・カスティージョ洞窟に描かれた壁画の年代が、4万800年以上前と判明した。
まだ絶滅に至っていないネアンデルタール人が描いた可能性が浮上してきた。
ただし、既にこの地に到達していた現生人類が描いた可能性も残っている。

さまざまな感性に恵まれていたネアンデルタール人は、能力も優れていたようだ。

顔料以外にも、アクセサリーや複雑な道具を作っていた可能性がある。
前述のストリンガー氏は、「遺体を土に埋めていたことも判明している」と話す。 また、アメリカのスミソニアン研究所の研究チームは、さまざまな植物が含まれている食事や穀類の加熱調理を示す形跡を発見している。

アメリカ、ウィスコンシン大学マディソン校の古人類学者ジョン・ホークス氏は、「もちろん原始的な方法で、おそらくは葉に包んで焼いたのだろう。鍋はまだないからね」と話す。

「完全に別物と考えられてきたネアンデルタール人と現生人類だが、互いの距離は着実に縮まっている。
特に狩猟採集民とネアンデルタール人は区別が難しい」。

しかし、複雑な文化を発展させ地球全域に広がっていった現生人類に対し、ネアンデルタール人は消え去った。この謎はまだ解き明かされていない。



7: 【北電 - %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/16(火) 19:49:24.53 ID:m/vQR7XQ
知り合いに似てる

9:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:50:49.08 ID:eg99RiOr
昼間パチンコ屋にいた

10:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:51:20.71 ID:wa86VD/b
ネアちゃんなら俺の隣で寝てるよ。














3:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:45:03.47 ID:AnwnNfyu
ネアンデルタールは類人猿の一種だろJK

4:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:45:23.47 ID:CV3+WteV
賢くて肉体も強靭なはずのネアンデルタール人がなぜホモサピエンスに駆逐されたのか

46:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:41:58.39 ID:KLwA0fae
>>4
凶暴だったからだろ...現世人類がw

5:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:46:43.27 ID:MRDv3cdS
欧米人とアジア人を見比べて見ればわかるじゃん

欧米人はどうても、ネアンデルタール人と交配してるだろ
体格が違う

12:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:52:11.35 ID:M2gqmyvA
>>5
ネアンの平均身長は160センチ。でかいよね。

8:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:49:32.82 ID:1up51EAU
外人とアジア人くらいの違いなんじゃねえの。

19:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:03:22.13 ID:zdglzSgi
様々な人類が生存競争とかガチでファンタジーな感じだよな
エルフやゴブリンとかと置き換えてみると面白い
ネアンデルタール人は確実に初期現生人類より文化的に進んでたと思うわ
他所の土地から移動して来た奴らより定住してたほうが文化的物質的に豊かだったろうし
ホモ・フローレシエンシスとか石器や火を使う原人なんてオークやゴブリンにしか見えん

112:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 01:43:26.74 ID:7G92b1rB
>>19
そう
現代でもアフリカ見てたらわかるだろうけど、純血に近いもしくは純血のホモサピエンスは凶暴で知性が低い
だからこそ本能である性欲に忠実で、世界に広まっていった
現代まで続く文明の礎はネアンデルタールやその他ホモサピエンス以外の原人がその土地とともに作ったもの
ホモサピエンスはいわばその繋ぎの役割を果たすことになってる

28:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:12:27.83 ID:pQdddd2q
つか、ネアちゃんは声帯が現生人類に唯一劣っていたということを、ナショジオで以前言ってるのを見たぞ。

声帯の機能が劣っていたために、人間より情報伝達が遅れたと。それが現生人類に敗れ去った決定的要因だと。

30:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:14:17.05 ID:DaR7Tg+P
>また、別の研究では、アジア人と南アメリカ人に、ほかの地域と比べて
>ネアンデルタール人と共通する遺伝子要素が多いことが判明した。

これ初耳なんだが。詳細知りてえぞ。
つか、ネアンの外見的特徴ってもろ欧米人やろ。なんでアジア人?

107:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 01:28:47.80 ID:2PtC6Tb2
>>30
アフリカから出てきた現生人類が、ヨーロッパを経由してアジア〜南米に移動しているので、
ヨーロッパ経由した時点で混入した遺伝子は、その後移動していった先でも受け継がれている
って事じゃないかと。

現生人類の移動拡散のルートは、ミトコンドリアイブの説に従う限り、アフリカ→ヨーロッパ→アジア
→アメリカってなってるので、その説と親和性が高いって事ね。

ちなみに、肌の色とかは、居場所によって簡単に変わる。1000年かからないくらいじゃなかったかな。

34:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:16:33.76 ID:ldGi9o0f
素朴な疑問

白人、黒人、黄色人など現在居るわけですが、それらが交配すると異種交配にならないの?
わざわざ異種交配と言うからには相当にネ原人はクロ原人と違ってたわけ?

47:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:43:30.58 ID:45iglOYp
>>34
犬は、どの種類でも、交配できるし、生殖機能もある。
ネア人もクロ人(現生人類)もその程度の差しかないということ

39:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:25:53.93 ID:DC/hcw+v
交配可能な程度の近縁種なんだろ。差は対馬山猫と家のぬこ程度なんだろうな。
この話の流れだとアジア人はネアンデルタールの血の濃い野蛮人だっていいたい
のか?白人や黒人と比べて骨格が違うのはそのせいなのか?肉食の差じゃねえ
のか?

41:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:30:02.57 ID:ZKbKvxhh
ネアンデルタール人の化石どう見ても圧倒的にヨーロッパから多く出てるよ
ネアンデルタールと異種交配したのヨーロッパ人でしょ

53:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 21:05:23.59 ID:EjKDZcqO
>>41
出アフリカ後、そこにいたネアンデルタール人と交配->インド・ヨーロッパ人
インドから東に進んで、そこにいたデニソワ人(ネアンデルタール系)と交配
->環太平洋人
ってことなのかもね。

52:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 20:58:33.23 ID:SxwXPqT0
♂ネアンデルタール×♀ホモサピエンスの場合、頭蓋骨のあまりの違いから(ネアンの方がでかい)産むのは難しいかもしれない。
♂ホモサピエンス×♀ネアンデルタールの場合は、産むことは可能なのかもしれない。
mtDNAの調査では、ホモサピエンスとネアンデルタールの交配はなかった物と思われる。
つまり、あるとしたらネアン♂×サピエンス♀
これっておかしくない?

104: 【関電 56.0 %】 忍法帖【Lv=35,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/17(水) 01:22:59.06 ID:sK9BmeWL
>>52
子供の頭蓋骨のデータあるのか?
ネアンデルタール人は生まれてから大きくなるのかもしれんぜ?

175:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 11:53:59.25 ID:ruw8m0Ut
>>104
>子供の頭蓋骨のデータあるのか?
ない
だから、「かもしれない」です
でも、ネアンはホモサピエンスより、早熟であった可能性が高い。
そうなると、産まれるときは頭蓋骨が小さいとは考えづらいんじゃないかな?
でも重要なのはそこじゃなく、母系遺伝子であるmtDNAには一切ネアンの痕跡がないということ
だから、ネアンと交配して遺伝子を残したとすれば、ネアン♂×サピエンス♀って事になるけど…
まあ、実際レイプはあったかもしれないけど、その血が現世人に残ってるのはおかしくね?って事

56:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 21:09:46.82 ID:sw58DrKi
とりあえずチェンジで

65:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 21:34:48.49 ID:4px/wpt5
多分、白人は 
宗教観から自分らがネアンデルタール人と異種交配したと
認めたくないんじゃないのか。
でもネアンデルタール人の骨が一番多く見つかってるのはヨーロッパなんだよな。
体付きも全然違うし、体臭くさいし。
白人よ、認めちまえよ。

72:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 21:59:20.79 ID:FgP4IRed
>>65
俺も認めたくないという白人の精神が強く影響してるような気がする
分かってるけど、まだ違う可能性があるということを望み発表を控えてると思う

73:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 22:02:15.46 ID:EjKDZcqO
>>65
昔は、ネアンデルタール->クロマニヨン->現代人
としてたぐらいだから、そういう認識ではないんじゃないかな。
むしろ、どちらか一方のみを選ぶのにこだわりすぎていたようには思う。

76:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 22:26:37.67 ID:pcFZbe3B
ヤギと交尾する人間までいるのだから
ネアンデルタール人がいたら普通にやってそうだ

81:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 23:05:28.50 ID:WcGRwK4b
>>76
その見境の無さがホモサピエンス大繁殖の鍵かもなw

77:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 22:37:45.72 ID:tfHFsbHv
ほとんどの奴がネアンデルタールの末裔で、サイコパスとかアスペみたいなのが
クロマニョンの形質ということはないのかね。

78:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 22:49:55.68 ID:EjKDZcqO
>>77
アフリカ系にサイコパスとかアスペがより多いのならば、そういう可能性も出るね。

96:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 00:58:31.45 ID:IkbhUAj6
コーカソイドにはネアンデルタール人の遺伝子が混じってるのか

110:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 01:35:31.35 ID:7G92b1rB
頑張って「アジア人が〜」って言いたいみたいだけど、どう見ても骨格も肌も髪もヨーロピアンっていう
アジア人にあんなでかい鼻はおらんわw

137:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 05:08:50.82 ID:Q8RxzUhZ
>>1
南米ネイティブはネアンぽいよな

ネアンデルタール少女




ベネズエラ人のボクサー




進化の系譜



154:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 09:11:11.98 ID:EzMdW6vt
>>137
つスペイン

156:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 09:17:33.99 ID:cA4FADIY
>>137
ウィリアムス症候群にも見えるな







めちゃめちゃ愛想がいい、喋り好き、歌好き、理数系能力ゼロ 極端な女脳症候群というか
ネアンデルタールは優しさ種族だったとかいう話もあるしな

169:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 11:09:49.49 ID:wbdVZZsS
>>156
俺もそう思った
先祖がえりってやつなのかな

149:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 08:21:57.20 ID:zxsfgEI1
脳容量が現生人類よりも大きかったんだから、そんなに原始的であったはずがない。

シュワルツネッガーを見てみろ。ネアンデルタール人の子孫だよ。

150:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 08:31:29.41 ID:Wg3i/dxV
ベータがVHSに負けたようなもんか
技術力より繁殖能力

158:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 09:33:41.15 ID:eoP8T2Gj
これ説明おかしいな。
現生人類のDNAのバラツキが数百万有るのに対して
そこに対するネアンデルタールの違いが十万なんて数字になるわけがない。
この数字の通りならそれは異種じゃ無く人類だ。
よく分かってない記者が書いたとかで、なんか重要な説明が抜けてるんだろうなこれ。

160:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 09:51:24.77 ID:EzMdW6vt
>>158
全体的におかしいからあんまり信用しないほうがいい
ただ旧人との交配があったということが認められてきたってことだけ読めばおk

163:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 10:38:27.47 ID:D8zbyxQs
>>158
ほんとだな
意味がわからん
ていうか、本当に数百万もちがうのか?
遺伝コードってなんじゃ?

170:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 11:21:55.11 ID:NdS86E1r
ラ・フェラシー出土の頭骨



1. ゴリラ 2. アウストラロピテクス 3. ホモ・エレクトゥス 4. ネアンデルタール人 (ラシャペローサン) 5. シュタインハイム人頭蓋骨 6. 真正ヒト



現生人類(左)とネアンデルタール人(右)の頭蓋骨の比較図



1888年時点での復元



ドイツのネアンデルタール博物館での展示







キケロ・モレーズによる復元画像



182:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 13:10:27.70 ID:pb4R0PFD
白人とネアンデルタール人との混血の可能性が出てきたらネアンデルタール人の想像図が白人っぽくなってワロタ

177:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 12:25:34.25 ID:xCEOUdrn
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%9E
ヒグマとホッキョクグマは別種と見なされていたが、
実は定期的に混血が生まれており、混血個体も生殖能力を持っているので、
生殖隔離しておらず、別種というより亜種だということが近年明らかになった。
現生人類とネアンデルタール人の関係も、そんな感じだろう。

181:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 13:09:27.51 ID:5/AvxgSd
ヨーロッパ人はネアンデルタール人と交配してて
アジア人は北京原人と交配してて
黒人はゴリラと交配してんだろ

196:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 15:04:07.71 ID:remu5zYS
>>181
本当にそう思われてた

185:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 13:24:27.36 ID:LyJx+WSH
交配できたなら、滅んでないな
混ざってるだけたろう
もう、亜種というか同類なんだろうけど
ネアンで飯食ってる学者は嫌だろうな。

186:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 13:29:32.55 ID:XqWIi8+W
>ネアンで飯食ってる学者は嫌だろうな。

なわけねえよw

197:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 15:12:18.63 ID:y93TKF46
>>186
だよな
「絶滅した進化の袋小路」より「俺らの先祖」のほうが予算取りやすい

211:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 22:05:45.15 ID:GLmU0d4f
・ホモ・サピエンスの欠点は寒冷地に適応していないこと。
・ネアンの欠点は発声が不完全であること。

混血により、これらの欠点を消去した人類が誕生して現世人類になったのではないか。

212:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 22:27:40.15 ID:8KhkdglO
>>211
そこまで発生が不完全ではないだろう、とは思ったが、
アフリカ系の言語には音素が非常に多いものがあり、平均も多め。
環太平洋の言語は音素がかなり少な目。
ってのは確かにあるな。まぁ、それが原因で音素が減るかどうかはともかく。

215:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 22:54:28.94 ID:dHIxhadj
>>211
ネアンデルタール人だけでなくデニソワ人との混血も濃厚。
時期的にも、地域的にも一方向ではなく
各地で現生人との混血があった模様ってのが最近の学説。
スレの話でも、現生人+ネアン=人類の祖までは至ってないような。

224:名無しのひみつ:2012/10/18(木) 00:34:53.52 ID:9q5YYDt7
昔からある誰でも最初に思いつくような単純な学説が
研究が進むにつれて一旦は否定的に見られても
さらに研究が進むと盛り返す事はよくある

238: 【関電 55.3 %】 忍法帖【Lv=36,xxxPT】(1+0:8) :2012/10/18(木) 05:03:47.83 ID:l/VqKMWB
ネアンがお人好しには思えないな
人類の数%といえば、キチガイレベルの人格障害の割合と同じさ

6:名無しのひみつ:2012/10/16(火) 19:47:28.22 ID:YjbOtN4o
ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの悲恋とかあったら萌える

102:名無しのひみつ:2012/10/17(水) 01:16:33.77 ID:5isxTaqa
ネアンデルタール人でさえ交配してるのにおまいらときたら・・・











ネアンデルタール人 奇跡の再発見




元スレ : http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1350384226/