1: アフリカゴールデンキャット(dion軍):2013/01/18(金) 07:49:11.77 ID:t0DFR2Ub0●
K10048812311_1301181100_1301181114_01

うつ病の発症メカニズム解明
1月18日 6時42分

成長期のマウスにストレスを与えると、脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下し、
認知力の低下などにつながるとする、うつ病発症のメカニズムを名古屋市の大学などの研究グループが発表し、
新たな治療薬の開発に役立つとしています。

研究を行ったのは、名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループです。

研究グループでは、うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、
それぞれヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育しました。

そうしたところ、集団飼育したマウスには異常は見られなかったものの、隔離したマウスには、
▽認知力が低下する、▽動きに活発さがなくなるなど、うつ病や統合失調症の症状が見られ、
脳を刺激する「ドーパミン」という物質を作る遺伝子の働きが大幅に低下していたということです。

こうした症状は、集団飼育に戻しても治らなかった一方で、飼育の前に、あらかじめストレスで
分泌されるホルモンの働きを抑えておくと現れなかったということです。

こうしたことから研究グループは、ストレスによって脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下して
うつ病などが発症するというメカニズムが初めて分かったとしています。

鍋島特任教授は、「発症の仕組みが分かり、新たな治療薬の開発に役立つ」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130118/k10014881231000.html



8: サーバル(東京都):2013/01/18(金) 08:37:41.03 ID:kV01kx5Y0
つまりぼっちはなりやすいってことか?

14: スフィンクス(関東・甲信越):2013/01/18(金) 09:37:37.11 ID:bUxvNot1O
不可逆性なのか
予防が肝心だな

5: ヨーロッパオオヤマネコ(兵庫県):2013/01/18(金) 08:31:56.91 ID:w3HQgMPP0
いつまで甘えてる気だよ
うじうじ考えてないで頑張れ、とにかくやってみろよ!




3: マーブルキャット(チベット自治区):2013/01/18(金) 07:59:04.20 ID:tEdSjrkZ0
『セロトニン仮説』が実験的に否定された歴史的瞬間である

160: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:07:09.51 ID:0aCGVGbY0
>>3
されてない。ドーパミンもセロトニンもモノアミン仮説の一環だから
むしろ傍証

モノアミン仮説
モノアミン仮説とは、大うつ病性障害などのうつ状態は、モノアミン類、ノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質の低下によって起こるとした仮説である。

しかし脳内の病態が明らかにされていない以上、逆の病態が大うつ病性障害の根本原因と結論付けることは出来ず、あくまで仮説にとどまっている。
そもそも脳そのものの神経伝達物質の動きは見ることができないという技術的限界がある。
さらにこの仮説に対する反論としては、シナプス間隙のノルアドレナリンやセロトニンの低下が
うつ病の原因であるとすれば、抗うつ薬は即効性があってしかるべきである。
うつの改善には最低2週間要することを考えると、この意見は一理あると言える


166: ハイイロネコ(三重県):2013/01/18(金) 21:14:18.57 ID:rWTOZkI40
>>160
ラットじゃなくそこそこの仮説を人体でもっと手軽に実験出来れば治療法の発展も早いだろうけど
そうはいかないだろうから難しいんだろな

170: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:22:11.07 ID:0aCGVGbY0
>>166
人体実験だしね。ラットだとしゃべれないから、こいつが鬱状態かってのを行動で評価するしかない。
もちろんそのためのスコアシートもあるし、それを専門にやってる研究機関や業者さんもいるけどね。
ちなみにラットの頭蓋骨に穴あけて、生かしたままシナプスに細い管ぶっさして、薬物濃度を調整して
行動の変化を見るってすごい実験もあるよ。

また、統合失調症の薬物モデルなんかだとラットに覚醒剤打って幻覚症状が出たものを疾患モデルとして
使ったりする(そのため基礎医学よりの精神疾患研究者は覚醒剤研究者などの資格を持ってたりする。

16: スペインオオヤマネコ(関東・甲信越):2013/01/18(金) 09:40:11.97 ID:JBUZh5FrO
俺も思春期は相当なストレスだったからな
納得

17: ボルネオヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 09:41:41.53 ID:38J/fU9/0
うつ

失職や失恋など明確な理由のある人間の自然な感情としての気分的落ち込み
数週間にわたって持続することは稀であり休養で自然に回復することがほとんど

うつ病

理由のない激しい落ち込みを主な症状としストレスをきっかけとすることも楽しい気分から一転して落ち込むこともある
脳内分泌系の異常が原因であり身体の不調も伴うことが多く最悪の場合には自殺を引き起こす
投薬治療と適切な休養さえあれば通常一年以内に治るが長期化するケースも

新型(擬態)うつ病

上記の落ち込みと似ているが原因が異なるもの
統合失調症の陰性症状や人前で落ち込んで見せることによって気を引こうとする人格障害
単なる甘えなど様々な状態が総称してこう呼ばれる
うつ病の概念がメジャーになるにつれて安易なうつ病の診断や誤診・素人の誤った判断などが増えたことが背景にある
甘えであれば治療は必要がないがそうでない場合は専門的な対応が必要

190: ボンベイ(富山県):2013/01/18(金) 23:06:51.40 ID:tkWrGOlU0
>>17
俺仮面鬱だけど擬態欝も入ってるわ

20: ジャガー(チベット自治区):2013/01/18(金) 09:45:12.20 ID:/PTVpfrZ0
> こうした症状は、集団飼育に戻しても治らなかった

なったら人生終了かよ

24: ボルネオヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 09:46:23.78 ID:38J/fU9/0
>>20
抗鬱剤を使えば治る

27: ヨーロッパオオヤマネコ(東海地方):2013/01/18(金) 09:54:56.36 ID:vKHoGnBfO
>>24
薬を飲んだら余計に副作用でおかしくなる
メントレで克服しろ

それで医師・製薬会社・厚労省「ウマー」

85: スノーシュー(dion軍):2013/01/18(金) 17:21:30.00 ID:A7OK+Pfq0
俺は、
拘るのやめたり思い込み激しいの直したら良くなったよ。
自分で自分を追い込むのは良くなかった。

35: しぃ(中国地方):2013/01/18(金) 11:01:58.57 ID:VNgBzMPY0
鬱病って再発がめちゃくちゃ多いって聞くけど、うつの薬って一生飲み続けちゃダメなの?
血圧や糖尿病の薬みたいに。

薬飲んでれば気分が落ち着いてまともな生活送れるなら、別に飲むの辞めなきゃいいと思うけど。
だんだん効かなくなるとかあるのかな?

45: パンパスネコ(四国地方):2013/01/18(金) 11:16:01.83 ID:TsdxUFGEO
>>35
これを飲めばきれいに気分が良くなるというものではないと思う
多分、脳内の不足分や過剰分を調整してるだけなんじゃないか

それに肉体的に副作用が多すぎる
腎臓、肝臓がやられるし、それだけでも疲労感で無気力になるし、腎臓、肝臓は痛めると回復に時間が長くかかるw

自分は回復して社会復帰もしたけどなー

22: スコティッシュフォールド(禿):2013/01/18(金) 09:45:29.95 ID:7Vgxk2Wd0
これは虐待児がその後うつ病とかになりやすいっていうモデルだろ
幼児期に激しいストレス(放置含む)を受けると、ストレス耐性がダメージをうけて発達しないんだよ

幼少期に虐待を受けると、ストレスと闘う主要な遺伝子の機能が弱体化する可能性があるという研究が発表された。
生涯を通じてストレスに弱くなる恐れも否定できない。
この新たな研究では、幼少期に虐待経験がある自殺者とない自殺者、
そして自殺以外の死者の三者間で脳の比較が行われた。
 カナダ東部モントリオールにあるマギル大学に在籍し、今回の研究を共同で行ったモシェ・スジフ氏は、
「幼少時に虐待を受けると、そのしるしがゲノムに残るようだ」と話す。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=46943684


脳の海馬領域における神経損傷仮説

うつ病の神経損傷仮説
近年MRIなどの画像診断の進歩に伴い、うつ病において、脳の海馬領域での神経損傷があるのではないかという仮説が唱えられている。そして、このような海馬の神経損傷には、遺伝子レベルでの基礎が存在するとも言われている

心的外傷体験が海馬神経損傷の原因となるという仮説
また、海馬の神経損傷は幼少期の心的外傷体験を持つ症例に認められるとの研究結果から、
神経損傷が幼少期の体験によってもたらされ、それがうつ病発病の基礎となっているとの仮説もある。
コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンであり、ストレスによっても発散される。
分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。
また、このコルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、
近年心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。


54: 黒トラ(チベット自治区):2013/01/18(金) 12:32:39.57 ID:bGjwXeU4P
閉鎖病棟に10代の女の子が多いとこを見ると
成長過程でのストレスが大きいのだろうな

98: シンガプーラ(禿):2013/01/18(金) 17:42:04.77 ID:J7+sykMHi
ストレス耐性遺伝子がストレスに弱いとか終わってるな

31: スコティッシュフォールド(東京都):2013/01/18(金) 10:47:28.46 ID:Itm0wX0i0
うつ病の実験ってマウス実験で出来るんだw

33: ボルネオヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 10:57:53.27 ID:38J/fU9/0
>>31
学習型ロボットですら学習により無気力な状態になりうる
今回の実験は「うつ病的状態」を作り出せただけでうつ病そのものの根本的メカニズムが解明されたわけじゃない
仮にこのマウスと会話が可能で医者に見せることができたとしても診断名は鬱病なのか統合失調症なのか
適応障害なのかもわからないだろう

62: ジャガーネコ(群馬県):2013/01/18(金) 16:20:59.44 ID:zh51ue4Z0
ぼっちマウスか…

68: サビイロネコ(大阪府):2013/01/18(金) 16:50:08.46 ID:BNLoc8Ws0
(´・ω・`)マウスにひどいことしたよね

79: 縞三毛(家):2013/01/18(金) 17:06:50.95 ID:DEcdyt+A0
孤独は人間をカラッポにするからな!が科学的に裏付けられてしまったか
成長期のぼっちが生涯の負債になるとか辛いな

77: アメリカンワイヤーヘア(沖縄県):2013/01/18(金) 17:04:08.12 ID:CR/+ug4c0
引きこもりは鬱病だったのか

78: スナドリネコ(東京都):2013/01/18(金) 17:05:07.08 ID:PkDF2Wh70
思春期に不登校でヒキると、うつ病や統合失調症になる、ということか?

84: スノーシュー(dion軍):2013/01/18(金) 17:18:47.05 ID:A7OK+Pfq0
>>78
それの場合は根っこはイジメだろ。

196: アジアゴールデンキャット(兵庫県):2013/01/18(金) 23:47:15.68 ID:SZyxo9ud0
これ引きこもりが原因で欝になるって話だけど
普通は欝が原因で引きこもるようになるのが大半じゃね

102: ボルネオヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 17:50:17.15 ID:iNhdxSVE0
SSRIが効かない理由が判明したな

64: サバトラ(西日本):2013/01/18(金) 16:26:06.21 ID:z6XSp1Qx0
やっぱセロトニンじゃなくてドーパミンだね コーヒーとタバコで元気に
なるのはドーパミンのおかげ

25: スコティッシュフォールド(禿):2013/01/18(金) 09:48:29.55 ID:7Vgxk2Wd0
いや、やはりセロトニンだよ ただし、なぜセロトニンが低下するのかはわからない
事実として中脳から前頭前野に投射するニューロンのシナプスでセロトニンが低下していて、セロトニンを増やすと鬱が改善する

80: ボンベイ(東京都):2013/01/18(金) 17:08:25.52 ID:9IntgK7u0
ドーパミン再取り込み阻害薬・・・即効効く
セロトニン再取り込み阻害薬・・・即効性無し、何時効果出るかも分からない

これでなんでセロトニン仮設なんかが存在したわけ?

168: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:18:38.48 ID:0aCGVGbY0
>>80
そもそも両者の仮説は独立してない。ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンが
それぞれ相互作用しているというのがモノアミン仮説だから(仮説といいつつ
詳細が分かっていないだけで、三者が全て関わってるのはほぼ間違いない)
ついでに言うと、SSRIもSNRIもDNRIもNASSAも、他のモノアミンのトランスポーターにも多少影響を与えるし、
受容体のダウンレギュレーションなんかも考えると全部意味はある。

88: 黒トラ(やわらか銀行):2013/01/18(金) 17:29:03.29 ID:FAMvFFQ4P
中卒ヒキニート「うつは甘え。もっと頑張れ」

105: アメリカンショートヘア(東京都):2013/01/18(金) 17:55:38.63 ID:nRGEgQ7B0
うつの子はストレス耐性が無さ過ぎる気がする。
自分の彼女がうつ病なんだけど、
俺が変な格好で服着たら、「やめて」とか
テレビドラマ見てる最中に、「この役の人さあ〜」と喋るだけで、
「ドラマ見てるときに喋りかけるのやめて」とか、ことあるごとに「やめて
やめて」が多すぎる。
あと、他人のことなのに、他人の不幸でやたら悲しんだり。

俺は、他人がどうなっても自分が良けりゃの傾向が強い人間だし、適当人間
だから、彼女を見てると、「やめてやめて言うなよ。尻の穴ちいせえな!
もっと適当に生きろよ!」とか思うときあるけどね。変えられないのかなあ。

107: アムールヤマネコ(大阪府):2013/01/18(金) 17:59:45.07 ID:huElFKY30
>>105
そういう傾向があると隣人トラブルを起こしやすい。
結婚したら大変だぞ。

111: ジャガランディ(東京都):2013/01/18(金) 18:04:27.73 ID:JYftI4Dm0
ちょっとストレス受けただけで欝になる奴も居れば、壮絶ないじめを受けていても欝にならない奴も居る。
やっぱり甘えだろ。

117: バーマン(東京都):2013/01/18(金) 18:09:50.67 ID:MHiNGwFi0
>>111
人によってストレス耐性が違うだけ
それが甘えならチビも甘えになる

116: スナネコ(長野県):2013/01/18(金) 18:09:47.22 ID:7I8SBrWe0
鬱病に掛からない方法を教えてやろう
ストレスを感じるな、感じないように頭を使って自分を調整しろ。これ大事ね。
日本の教育に入れた方が良いかもしれない。

124: スコティッシュフォールド(愛媛県):2013/01/18(金) 18:14:42.49 ID:nLeCocO/0
ただの甘え
周囲が対応しようとするからつけあがる
放置して困窮させれば嫌でも働く

127: サバトラ(やわらか銀行):2013/01/18(金) 18:22:42.06 ID:S8/kjW0O0
>>124
放っておくとね断食をはじめて
ガリガリになったところで「たぁ・・・すぅ・・・けぇ・・・てぇ・・・」って電話が来るんだよ!!

70: デボンレックス(やわらか銀行):2013/01/18(金) 16:51:57.86 ID:iRPtfYC3I
鬱で何度も治療で仕事を休んでるのに熱心に朝一からパチンコに通ってる同僚がいる
単なる怠け者じゃないかと思ってる

73: ボルネオヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 17:01:59.68 ID:38J/fU9/0
>>70
今は簡単に診断もらえるからな
しっかり確かめて報告すべき

125: サーバル(東日本):2013/01/18(金) 18:16:09.37 ID:eeGDVVCHO
鬱傾向と鬱は医者にも判断出来ない事が多々ある。

鬱傾向なら気の持ちようでなんとかなる事もあるけど、鬱は完全な病気。

136: クロアシネコ(東日本):2013/01/18(金) 18:39:49.63 ID:yYP6oq6V0
うつが甘えってんじゃなくて
甘えをうつ病認定してる脳みそうんこ低能バカ医者が問題なんだよ
それで一回うつ病認定されようもんならこの甘えの病気アピールが酷いのなんの
諸悪の根源は糞医者

141: イリオモテヤマネコ(広島県):2013/01/18(金) 18:48:24.76 ID:K9w2rklF0
鬱感情を表現する日本語が今まで浸透してなかったのが悪い
だから鬱感情と鬱病の区別がつかないし落ち込み不安が少し続いただけで鬱病だと思い込むやつが出てくる

とっとと血液検査を実用化しろ

180: カナダオオヤマネコ(山陽地方):2013/01/18(金) 21:53:24.67 ID:MzIuzjshO
ネタや煽りじゃなく「うつは甘え」と真顔で言う奴は要注意な。
そんな風に自分の性根のせいにして必死に頑張る奴に限って、無駄に精神を摩耗させて
自滅しちゃうんだ。ソースは兄。

181: ラ・パーマ(東京都):2013/01/18(金) 22:04:11.31 ID:wWyMrVT20
>>180
「うつは甘え」って言ってた奴が新型うつになりましたw
周囲の理解がなくて辛いそうです

146: ラ・パーマ(新疆ウイグル自治区):2013/01/18(金) 19:07:19.26 ID:lIxTympG0
ドーパミンの分泌が多い人間はありとあらゆる点で有利
幼少時の教育は様々の条件・場面でドーパミンを分泌させるトリガーをどれだけ子供に与えられるかにある

157: ハイイロネコ(三重県):2013/01/18(金) 21:03:27.75 ID:rWTOZkI40
>>146
多過ぎると統合失調症になるし無理にさせなくても

158: イリオモテヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:04:49.20 ID:74kY/4cx0
>>146
落ち着きのない子供にならないか?

153: シンガプーラ(東京都):2013/01/18(金) 20:14:40.98 ID:Jmjcz1Z00
思春期までに虐待もしくは虐めがなければ大丈夫ってことだな
社会人になってからの鬱は比較的軽いので治りやすい
思春期までに鬱になったら一生苦しむ、始まる前に人生終わってる

154: ハイイロネコ(三重県):2013/01/18(金) 20:51:01.15 ID:rWTOZkI40
個人的な経験だともう無理っつーのを続けるとなるな
仕組みが分かっても早期治療なんか出来ないんじゃねーかなあ

159: アメリカンカール(新潟県):2013/01/18(金) 21:04:55.08 ID:ZaYA+zvk0
鬱のヤツって鬱が心の拠り所で逃げ道だから、下手にメカニズムなんて解明して治療法が確立しちゃいかんと思う。

161: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:07:40.16 ID:0aCGVGbY0
>>159
直ったら心の逃げ道を必要としなくなるから無問題

164: スフィンクス(香川県):2013/01/18(金) 21:10:26.10 ID:if4EidJ70
ドーパミン出す薬ってある?

165: コドコド(家):2013/01/18(金) 21:11:52.01 ID:IYPg7l4J0
>>164
輸入すればある

175: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:31:04.89 ID:0aCGVGbY0
>>165
ドーパミンの欠乏でなる病気っていっぱいあるから(どっちかというと神経内科よりだけど)
国内で入手できる薬でも鬱病の保健適用されてないだけで実はいっぱいあるよ。

167: ハイイロネコ(三重県):2013/01/18(金) 21:15:00.26 ID:rWTOZkI40
>>165
それって過剰に摂取するとやばくねーの?

175: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:31:04.89 ID:0aCGVGbY0
>>167
やばい。っていうか多分鬱病に対する治療効果が出る前に、幻覚症状が出たり
手足が勝手に動いたりする状態の方が先に出ると思うよ。
ちなみにドーパミンの前駆体なのにこれを投与するとなぜか抑鬱症状がひどくなることもある。

そこが脳研究の面白いところなんだけど、複数の神経伝達物質、それの受容体に働く補酵素、
が絡み合ってるから、これが不足してるからこれを補えばOKという単純なものじゃないんだな。

実際、精神科の薬って似た薬理作用を持つのに複数の薬があって、患者さんによって合う合わないが
明確にあるんだよね。だから精神科医はエンピリカルに、そしてある程度EBMに基づいて、
どの薬が合うかを慎重に試していくのさ。で、気付いたらすごい薬の量になって、あれれ、やばい、
でも急にやめるのはもっと危険だしどうしよう、みたいな感じになることもままある。
入院中なんかだとまずい反応が出てもすぐ対応できるから、薬の整理をするには入院中が
一番手っ取り早いんだよね。

176: ジャガー(茨城県):2013/01/18(金) 21:33:35.63 ID:3BTwTC0L0
>>175
ちょっと聞きたいんだけどさ
去年の頭くらいからレクサプロってのを処方されるようになったら
劇的にうつの調子がよくなったんだけどさ

それまで色んな薬飲んでも全然効かなかったのに(SSRIも飲んでた)
なんでなの?

178: ベンガルヤマネコ(東京都):2013/01/18(金) 21:40:24.61 ID:0aCGVGbY0
>>176
まぁ仮説は色々考えられると思いますが、ぶっちゃけ>>176さんに合っていたんだと思いますよ。
実際は、セロトニン受容体といっても5-HT1A,5-HT1B,5-HT1D,・・・、5-HT7と11種類あって、
SSRIもそれぞれの受容体に対する作用の強さとか、他のモノアミン受容体に対する作用の強さとか、
バラバラなのです(グラデーションみたいなものをイメージしてください)
他にも同じ薬でも肝臓などでの代謝経路も違うので、その人の生まれつき持ってる酵素活性の強さなどにも
影響を受けたりすることもあります。

レクサプロ(一般名Escitalopram)は、割ととがったセロトニン選択性を持ってるから、>>176さんの場合は
セロトニン濃度の低下が抑鬱状態に一番寄与してたのかもしれませんね。

179: ジャガー(茨城県):2013/01/18(金) 21:53:20.19 ID:3BTwTC0L0
>>178
なるほど、人それぞれで違うのね
丁寧にありがとう

>セロトニン濃度の低下が抑鬱状態に一番寄与してたのかもしれませんね。

セロトニン足りなさ杉ワロタwwwってことなのねw

187: 黒トラ(dion軍):2013/01/18(金) 22:29:45.57 ID:8yEiPGgPP
メカニズム解明って;
結局、ストレスじゃん。

189: サビイロネコ(大阪府):2013/01/18(金) 22:55:54.67 ID:BNLoc8Ws0
>>187メカニズムの一部だしな


医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣
宮島 賢也
中経出版
売り上げランキング: 748



元スレ : http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358462951/









オススメ一覧