1:ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/03/07(木) 00:32:34.45 ID:???
素人でも訓練すれば、プロ棋士と同じような「直観」的な思考回路が持てるという
研究結果を理化学研究所(埼玉県和光市)の脳科学総合研究センターが確認し、
米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に発表した。

直観的な思考は他者に伝えるのが難しく、仕組みの解明が期待される。

プロ棋士は、将棋の盤面を見た途端に直観が働き、「次の一手」が浮かぶとされる。
医師が診断画像を見てどこに異常があるかを見つけたり、システムエンジニアが膨大なデータの中から、
故障の原因を探すのも同じ能力だとされている。

同センターでは、プロ棋士の直観が働いている時に、脳のどこが活発に働くかを調べ、
習慣行動の形成に関連があるといわれている「尾状核(びじょうかく)」と呼ばれる部分が
働くことを突き止めて2011年に発表した。

今回は電気通信大の協力で将棋をやったことがない20〜22歳の男子学生20人に毎日約1時間、
4か月にわたってコンピューターで詰め将棋に挑戦してもらい、訓練直後と4か月後で
脳の活動にどんな変化があるかを調べた。

その結果、訓練直後には見られなかった、尾状核が活発に働いている様子が4か月後に確認できたという。
盤面を見た後に頭に浮かんだ複数の「次の一手」から尾状核が働くことでふさわしい手を選んでいるとみられる。
最初はほとんど解けなかった学生も訓練をするうちに正答率が上がったという。

答えを選択する時間が短いほど正答率が高かったが、これまでの研究でプロ棋士は時間に関係なく、
尾状核が活動していることが分かっている。尾状核が活発に活動するには長年の訓練が関連しているとみられる。

研究に携わった同センターの田中啓治副センター長は「尾状核の訓練方法が確立すれば、
医療やコンピューターエンジニアなど、(直観が働く)熟達者の効果的な育成方法が提案できる」と話している。

ソース:読売新聞(2013年3月6日 17時44分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130306-OYT1T00671.htm
画像:尾状核の場所(脳の断面図イラスト)



関連リンク:理化学研究所のプレスリリース
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2012/121128/index.html



2:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 00:45:03.06 ID:sSsliJ8B
大局観ってやつか

4:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 01:03:21.65 ID:0YqmMCmF
では、子供の直感はなぜ働くのか。

5:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 01:06:29.05 ID:jjSKRE/9
女の直感も膨大な訓練の裏付けなの?

8:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 01:08:02.60 ID:HO341Qe1
ちょっと4ヶ月ほど将棋練習するわ

11:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 01:28:21.25 ID:SmbFFMHp
子供の頃から将棋をやってれば直観力は身につく

17:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 03:02:25.90 ID:5zJ2+z7p
>尾状核の訓練方法が確立すれば、

昔から言われているように、物事に習熟すると尾状核が働くようになる、
だからその訓練方法は猛練習することだけ、だろw

「直観」云々、
歯を磨くときとか、母親が朝味噌汁を作るときの動きとか、
そういうのが尾状核だろう
何も考えずとも(ほとんど見ずとも)勝手にさらさら進められる

将棋なら、この列は飛車が効いているので候補からすぐはずず、
この下に追えば駒が多いので詰みそうに見える、
的なマーキングがパッとされる
最初はそういうことすらまったく手さぐりなのに対して
直観、とか大したことなのかそもそも

19:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 03:59:20.53 ID:WUxDo9KY
ある一定のレベル以上の訓練を受け入れられるかどうかが「才能」の本質かもな

25:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 06:08:37.21 ID:X0E42814
>>19「継続することができる」イコール「才能」とも言い換えられるわな

21:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 05:13:55.59 ID:xbEZOpyX
ロジカルな発想と言うのは生まれ付いてのものだから
カオス脳のへタレには無理だな

22:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 05:23:49.88 ID:undf0DL7
道順の最適化ってことだろう

24:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 05:44:11.06 ID:0edx/r/F
脳はサブコンシャスでかなり多くの計算をしてるらしいってのはわりと最近流行ってるっぽいね。
まぁ勘に頼るのにもその前に経験の裏付けとか必要だけど。

26:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 06:27:01.60 ID:TFNxAcXq
こういうときプロ棋士は直感とは言わず「第一感」と言わないか
当てずっぽうとは明らかに異なる能力だよね

30:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 06:59:48.00 ID:S2O03IdQ
直観ではなくて定跡を覚えただけだろw

32:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 07:16:48.32 ID:ZVZtv16R
>>30
それは何とも言えないな。
覚えるという言葉の定義による。
意識の部分での記憶という点においては、
いちいち手順を思い出さず、いきなり
結果にたどり着いているので、
直観という言い方が正しい。
それ自体、記憶のなせる技でもあるが。

37:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 08:23:30.12 ID:jYe6K1UI
才能なくても訓練で越えられるのか

38:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 08:29:22.07 ID:6aONq/qC
プロ棋士も訓練前は素人ですが

45:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 09:23:00.70 ID:EKPAXjmH
こんなの当たり前でないか?
経験に基づく閃きみたいなもんだから
大半の人間は訓練さえすれば同じ土俵に立てるのは当たり前
問題はその境地に至るまで努力できるか

41:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 08:49:35.99 ID:m0liGd0X
これはその通りだと思う。
沢山、それこそ数えきれないほど経験を重ねると、なんとなく「いける」「ダメだろう」
という見通しが立つようになってくるものだ。

14:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 01:49:14.03 ID:dRCF5xtP
まあ、俺みたいに500手先まで読めると先手が指した時点で御免なさい言えるからな。

28:名無しのひみつ:2013/03/07(木) 06:48:04.65 ID:2MJak9/m
>>14
ワロタw

直感を磨けば何でもスイスイうまくいく!




元スレ