1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:09:52 ID:P1jTcv+H0
三島由紀夫

「大内先生を想ふ」
ヂリヂリとベルがなつた。今度は図画の時間だ。しかし今日の大内先生のお顔が元気がなくて青い。
どうなさッたのか?とみんなは心配してゐた。おこゑも低い。僕は、変だ変だと思つてゐた。
その次の図画の時間は大内先生はお休みになつた。御病気だといふことだ。ぼくは早くお治りになればいゝと思つた。
まつてゐた、たのしい夏休みがきた。けれどそれは之までの中で一番悲しい夏休みであつた。
七月二十六日お母さまは僕に黒わくのついたはがきを見せて下さつた。それには大内先生のお亡くなりになつた事が書いてあつた。
むねをつかれる思ひで午後三時御焼香にいつた。さうごんな香りがする。
そして正面には大内先生のがくがあり、それに黒いリボンがかけてあつた。
あゝ大内先生はもう此の世に亡いのだ。
僕のむねをそれはそれは大きな考へることのできない大きな悲しみがついてゐるやうに思はれた。

平岡公威(三島由紀夫)、9歳の作文



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:10:58 ID:ZIWxtLn/0
すごすぎてもう分からない

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:11:11 ID:LHP5xNK+0
情景と心情がありありと浮かぶわ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:11:15 ID:Fxd2gR2f0
やっぱ普通ではないな

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:12:17 ID:ut6dKy59P
9歳でこれだもんな

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:12:58 ID:ORZwHExT0
先生が親に書いてもらったと勘違いするレベル

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:12:59 ID:m8ByZpSk0
すっげー

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:13:30 ID:ebNY6XBe0
大内先生ェ...

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:13:30 ID:V3QuCWvF0
天才は生まれたときから天才なのである

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:12:38 ID:7DMMadhVi
花ざかりの森も十代じゃなかたけ?

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:19:02 ID:92sqYaoV0
花ざかりの森(16歳)のが衝撃的だわ

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:19:58 ID:7DMMadhVi
>>34あれ16なんだ、18だとおもてた

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:13:59 ID:IeNi/F6j0
日の丸のやつ↓

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:14:35 ID:jhpgJXu00
>>22
「我が国旗」

徳川時代の末、波静かなる瀬戸内海、
或は江戸の隅田川など、あらゆる船の帆には白地に朱の円がゑがかれて居た。
朝日を背にすれば、いよよ美しく、夕日に照りはえ尊く見えた。それは鹿児島の大大名、天下に聞えた
島津斉彬が外国の国旗と間違へぬ様にと案出したもので、是が我が国旗、日の丸の始まりである。
模様は至極簡単であるが、非常な威厳と尊さがひらめいて居る。之ぞ日出づる国の国旗にふさはしいではないか。
それから時代は変り、将軍は大政奉くわんして、明治の御代となつた。
明治三年、天皇は、この旗を国旗とお定めになつた。そして人々は、これを日の丸と呼んで居る。
からりと晴れた大空に、高くのぼつた太陽。それが日の丸である。


三島由紀夫11歳の作文

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:14:01 ID:alYaBRLh0
これが天才か

24: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) 2013/09/04 22:14:35 ID:HWSAVdqK0
すげぇなー

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:17:29 ID:EUzXTGi/0
これマジなの?

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:17:32 ID:P1jTcv+H0
「冬の夜」

火鉢のそばで猫が眠つてゐる。
電灯が一室をすみからすみまでてらしてゐる。
けいおう病院から犬の吠えるのがよくきこえる。
おぢいさまが、
「けふはどうも寒くてならんわ」
とおつしやつた。
冬至の空はすみのやうにくろい。
今は七時だといふのにこんなにくらい。
弟が、
「こんなに暗らくつちやつまんないや」
といつた。

平岡公威(三島由紀夫)
8歳の詩

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:19:41 ID:gVnK5Vok0
>>32
>冬至の空はすみのやうにくろい。

かっけぇ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:24:01 ID:k5zs5Swn0
>>32
>けいおう病院
ここで初めて子供らしさが出て安心した

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:19:13 ID:P1jTcv+H0
「夕ぐれ」

鴉が向うの方へとんで行く。
まるで火のやうなお日様が西の方にある丸いお山の下に沈んで行く。
――夕やけ、小やけ、ああした天気になあれ――
と歌をうたひながら、子供たちがお手々をつないで家へかへる。
おとうふ屋のラッパが――ピーポー。ピーポー ――とお山中にひびきわたる。
町役場のとなりの製紙工場のえんとつからかすかに煙がでてゐる。
これからお家へかへつて皆で、たのしくゆめのお国へいつてこよう。

平岡公威(三島由紀夫)、9歳の作文

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:13:06 ID:OX/TmJEh0
後にホモだった事知った時はショックだった…

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:20:01 ID:fzRGgaPF0
9歳の頃からホモなの?

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:26:57 ID:gH5hrYUm0
>>39
ボクシングをやり出してからじゃね?

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:21:51 ID:SgbmSpSq0
なぜ世の優れた男性はゲイが多いのか

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:23:39 ID:P1jTcv+H0
>>47
しかし、近代百合小説の嚆矢が三島の短編だということはあまり知られていない

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:23:38 ID:Z62akWYc0
現在のラノベ作家に見せてやりたい

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:26:31 ID:LQ14s6po0
>>49
むしろ純文学()にこそ見せてやれよ・・・

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:28:32 ID:7DMMadhVi
>>56いや、今これ出てきてもねえ、ってなるだけだろうね。

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:25:44 ID:UzzyoS6qi
書斎の本の話をするとどの本のどのページに何が書いてあったか覚えてたらしい

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:37:03 ID:HF5bXtWOO
昔の人の成熟度は何なんだ
きけわだつみの声なんか読んだ後で現代のいっぱしの社会人がテレビインタビューなんかでへどもどしながら月並み以下の事喋ってるの見ると悲しくなるんだが

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:27:05 ID:y0e21Xf0P
昔の人は成熟度が高い
特攻隊員の手紙とかも今のゆとりじゃ考えられないようなレベルだからな
まあその中でもこのホモは抜きん出てるけど

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:54:53 ID:Okyl8iIp0
昔は子供でいられる時間が短かったから他の子も皆早熟だったろうけど特別賢かったんだろうな

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:28:02 ID:y15NZuH90
辞書を読んでたからだろ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:28:09 ID:scmBdo2x0
9才のときなんざうんこちんこしか言ってなかったわ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:21:19 ID:1ExHPEXK0
人間の内面は13歳までに完成されるらしいな
それ以降は内面を美しく表現する方法は成長しても本質自体は変わらないらしい

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:29:08 ID:FgiSxdhF0

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:33:46 ID:k5zs5Swn0
チャイムがなりました。図工の時かんです。でも、大内先生の元気がありませんでした。
みんな、どうしたのかな?と心配していました。ぼくは、へんだなあと思っていました。
次の図工の時かんは大内先生は休みでした。びょう気だということでした。ぼくははやくなおればいいなあと思いました。
まっていた、たのしい夏休みがきました。でも、それはこれまでの中でいちばんかなしい夏休みでした。
7月26日お母さんはぼくに黒わくのついたはがきを見せてくれました。それには大内先生が亡くなったことが書いてありました。
午後三時におそうしきに行きました。おせんこうのにおいがしました。
そして正面には大内先生のがくがあり、それに黒いリボンがかけてありました。
ああ大内先生はもうこの世にいないんだ。
僕はとても悲しくなりました。

今だとこんな感じか

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:34:51 ID:Gy9K1qKNi
今金閣寺読んでるんだけど、読んだ人みんな意味を理解できてるの?名作扱いされてるってことはそういうことだよな?

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:37:29 ID:7DMMadhVi
>>73できない。あれ自体三島の事件に対する憶測だしね。

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:41:07 ID:Gy9K1qKNi
>>76
よかった
半分も理解できていなくて、ここまで俺はアホだったのかと不安になったわ
芥川の或る阿呆の一生も、訳わからんまま読み終わったあとで解説みたらそんな感じだった

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:40:10 ID:oIVWT5/nO
>>73
三島由紀夫の対談集で評論家から叙事詩だって言われてた。燃やしてからを描くのが小説だみたいな感じ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 23:09:42 ID:sY7av/dO0
金閣寺は天人五衰でセットで見ろってお前らが言ってた

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:39:27 ID:HH/6Z5PS0
ホモってスペック高くない?

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:42:54 ID:rohc8Fnh0
>>78
美輪明宏の若いころの美貌は奇跡神寵のレベル

20120124_eikura_61
Miwa+Akihiro

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 22:45:16 ID:XMDoxChq0
>>81
すげぇ美少年だよな
ライチ光クラブみたい

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 23:08:18 ID:P1jTcv+H0
いま生きてたら88歳?
日本は惜しい人を失った

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04 23:03:05 ID:oIVWT5/nO
この人が今生きてたらどんな小説書くのかな

若きサムライのために (文春文庫)
三島 由紀夫
文藝春秋
売り上げランキング: 26,319





【予約開始】ポケットモンスター X ポケットモンスター Y 


おすすめ


引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378300192/