1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:31:58.62 ID:qEsOXrk80
220px-Tomoe-Gozen

『義仲は「お前は女であるからどこへでも逃れて行け。自分は討ち死にする覚悟だから、
最後に女を連れていたなどと言われるのはよろしくない」と巴を落ち延びさせようとする。
巴はなおも落ちようとしなかったが、再三言われたので
「最後のいくさしてみせ奉らん(最後の奉公でございます)」と言い、
大力と評判の敵将・御田(恩田)八郎師重が現れると、馬を押し並べて引き落とし、首をねじ切って捨てた。
その後巴は鎧・甲を脱ぎ捨てて東国の方へ落ち延びた所で物語から姿を消す。』

『最も古態を示すと言われる『延慶本』では、幼少より義仲と共に育ち、
力技・組打ちの武芸の稽古相手として義仲に大力を見いだされ、長じて戦にも召し使われたとされる。
京を落ちる義仲勢が7騎になった時に、巴は左右から襲いかかってきた武者を
左右の脇に挟みこんで絞め、2人の武者は頭がもげて死んだという。
粟津に着いたときには義仲勢は5騎になっていたが、既にその中に巴の姿はなく、
討ち死にしたのか落ちのびたのか、その消息はわからなくなったとされている。』

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:33:06.67 ID:qEsOXrk80
伝説によると、義仲は倶利伽羅峠に向けて進軍中に、
大清水村の一人の娘が川で布を晒しているところに通りかかった。
そのときの義仲の無礼に腹を立てた娘は、義仲を馬もろとも持ち上げて戸出村の方へ投げ飛ばした。
馬は田んぼ数十枚を越えて松の木の枝に引っ掛かった。
この村娘は、義仲にその豪胆さを気に入られて召し抱えられ、後に巴御前となったと伝えられている。
戸出中心部には巴御前に因んだ「巴町」という町が存在し、毎年、
戸出野神社秋季祭礼の際には巴町の子供が巴御前に扮して御輿渡御に加わることになっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/巴御前




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:33:21.62 ID:53gvmJQ+0
ジャンヌダルクもびっくりのゴリラっぷり

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:35:46.81 ID:b4EyGK1Q0
こいつやばいよな

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:36:43.05 ID:qEsOXrk80
>>6

なんか無双オロチとかに出てきそう

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:34:38.95 ID:tV+uefMX0
つまり谷だろ

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:39:46.82 ID:/nmtm2C+0
巴御前もQB産魔法少女だというのがワシの持論

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:43:03.86 ID:DjAteEkWO
>>14
巴だけに、か。
俺的には濃姫と淀君かな?

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:43:57.13 ID:qEsOXrk80
>>16

ワロタ

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:55:48.80 ID:GRZnM6b30
赤井輝子の方がすごくね?

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:57:58.78 ID:qEsOXrk80
>>20

甲斐の方の母さん?

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:01:08.98 ID:qEsOXrk80
甲斐姫

陸奥国中部で発生した葛西大崎一揆に呼応して伊達政宗の軍勢が会津領内の塩川に
侵攻するとの情報が入り、氏長は蒲生頼郷に加勢するため主だった家臣を率いて塩川へ出陣した。
浜田兄弟は福井城の留守役を任せられていたが、ある晩に謀反を企て本丸に攻め入ると
成田家の譜代の家臣や氏長の妻を殺害した
この一報を知った甲斐姫は謀反を起こした浜田兄弟に対して怒りを露わにしたという。
一旦は200余人を有する浜田十左衛門の兵に対し、十数人足らずの甲斐姫は追い詰められるが
「主に刃向かうは逆賊の非人である。忠義のためなら命を惜しまない関東武士の手並みを見るがいい」
と言い放つと攻勢に転じた。
虚を突かれた浜田勢は総崩れとなり、甲斐姫は馬を使って逃走を図る十左衛門に迫ると
これに斬りつけて落馬させ、その首を討ち取った。
浜田兄弟の謀反を知り福井城へ引き返した氏長の軍勢と黒川へと落ち延びる途中だった甲斐姫の手勢が合流。
これに蒲生氏の援軍が加わり福井城を包囲した。
将監は逃走を図ろうとしたが、なぎなたを携えて待ち伏せていた甲斐姫と対峙。
両者は互角に渡り合ったが、甲斐姫が一瞬の隙を見逃さず将監の太刀を払い落とすと、
すぐさま右腕を斬り落とし、生け捕りとした。
将監は磔のうえ斬首となり、首は城外に晒されたという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/甲斐姫

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:02:52.89 ID:VnJUhZbY0
泣く泣く首をぞかいてんげる。

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:03:09.18 ID:/nmtm2C+0
のぶやぼに一回だけ出てきたおおほうり鶴
時代が信長以前なので今後の登場も厳しそうだ

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:05:10.83 ID:qEsOXrk80
>>24

鶴姫?

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:06:25.49 ID:qEsOXrk80
鶴姫


1541年(天文10年)にも大内氏配下の水軍の将・白井房胤らが侵攻すると、
神職となった兄・安舎に代わって安房が陣代となった。
安房は河野氏や来島氏と連合して迎撃、大内軍を撤退させることはできたものの、安房は討死を遂げた。
同年10月にも大内氏が侵攻すると、安房に代わって16歳の鶴姫が陣代として出陣し、
大内氏の武将・小原隆言を討ち取っている。
1543年(天文12年)6月、2度の敗北に業を煮やした大内義隆は、
陶隆房の水軍を河野氏の勢力域に派遣、瀬戸内海の覇権の確立を目論んだ。
河野氏とその一門は全力で迎え撃つが、鶴姫の右腕で恋人とも言われる越智安成も討死する。
鶴姫は残存の兵力を集結させて最後の反撃を行い不意を突かれた大内軍は壊走し、鶴姫らは勝利を収めた。
しかし鶴姫はこの戦の後に兄や恋人を想い、18歳で入水自殺したと伝えられている(鶴姫伝説)。
辞世の句は「わが恋は 三島の浦の うつせ貝 むなしくなりて 名をぞわづらふ」。
鶴姫が着用したとされる胴丸が大山祇神社に展示保存されている。これは、胸部が大きく膨らんでおり、
逆に腰部が細くくびれていることから、現存している中では唯一の女性用の胴丸とされている。
現在、鶴姫の一生を題材にした鶴姫祭りが毎年行われている。

Tsuruhime

http://ja.wikipedia.org/wiki/鶴姫_(大三島)

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:16:19.12 ID:1ADwfBBK0
巨乳まで読んだ

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:07:58.92 ID:ys07xRBA0
レスリングの吉d

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:08:36.78 ID:sJm+rvIJ0
鬼みたいに強くても女の子な子って可愛いよな

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:10:47.30 ID:qEsOXrk80
>>28




本当だ可愛いな

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:12:46.79 ID:qEsOXrk80


素晴らしい

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:16:01.49 ID:ujz3DezC0
ドリブルが上手そう

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:18:47.27 ID:ql8I6oOU0
静御前と戦ったらどっちが勝つの?

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:20:27.85 ID:qEsOXrk80
>>34

静御前は神の子と言われてるからわからん
力勝負なら巴御前

37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:21:43.10 ID:OEA9JPIGO
小池栄子はまり役だったぜ(´・ω・`)

788a33ae

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:21:58.15 ID:e4RS5zOO0
坂本乙女の方が体はでかそう

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:23:23.66 ID:/nmtm2C+0
義仲と項羽はよく似てて対比されるけど
愛妾だけは完全に逆だな

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:30:30.63 ID:juVlNzYFO
義仲の息子義高と頼朝の娘大姫の悲恋に涙して以来頼朝が大嫌いになった

44:ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 :2013/10/02(水) 23:33:27.91 ID:0XCdW0yo0
>>42
仕方がない。
頼朝は一族よりも武士全体の生活の向上にまい進したんやから。

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:41:37.51 ID:juVlNzYFO
>>44
それで嫁の不興を買って源氏滅亡の遠因になったじゃないっスかー
しかも殊勲甲の弟達だって用が済んだら誅殺するし配下同士の対立も放置
反映したのは嫁の実家だけですやん

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:47:48.24 ID:qEsOXrk80
>>45

義高は信濃の名族の子弟である海野幸氏や望月重隆らを伴い、頼朝の長女・大姫の婿という名目で鎌倉へ下った。
同年7月、義仲は平氏を破って入京する。しかし義仲は京を治めることに失敗し、後白河法皇とも対立する。
頼朝は都に源範頼と源義経を代官とした義仲追討軍を派遣し、寿永3年(1184年)1月、
義仲は宇治川の戦いで追討軍に敗れ、粟津の戦いで討たれた。
父・義仲が討たれたことにより、人質として鎌倉にいた義高の立場は悪化する。
4月21日(6月1日)、頼朝が義高を誅殺しようとしていることを知った大姫は、義高を密かに逃がそうとする。
義高と同年の側近で、いつも双六の相手をしていた幸氏が義高に成り代わり、義高は女房姿に扮して
大姫の侍女達に囲まれ屋敷を抜けだし、大姫が手配した馬に乗って鎌倉を脱出する。
しかし夜になって事が露見し、激怒した頼朝は幸氏を捕らえ、堀親家ら軍兵を派遣して義高を討ち取るよう命じた。
義高は4月26日(6月6日)に武蔵国で追手に捕らえられ、入間河原で親家の郎党・藤内光澄に討たれた。
こうして、義仲の家系は断絶した。享年12。5月1日(6月10日)に義高の残党が甲斐と信濃に隠れ、
謀反を企てているとして信濃国に大規模な軍兵の派遣が行われた。
義高の死を知った大姫は嘆き悲しみ病床に伏してしまう。
母の政子は義高を討ったために大姫が病になってしまったと怒り、
義高を討った郎従の不始末のせいだと頼朝に強く迫り、6月27日(8月5日)、光澄は晒し首にされた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/源義高_(清水冠者)

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:31:56.14 ID:TzFuiggq0
今日当った




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 23:51:17.00 ID:Q89PJmWD0
首ねじ切って捨ててんげり
って巴御前だっけ

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/02(水) 22:39:43.55 ID:iBHRszjL0
ヘッドロックで首をもぐとか化物かよ






【予約開始】ポケットモンスター X ポケットモンスター Y 
おすすめ



元スレ : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380720718/