1:おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2014/02/28(金) 09:56:56.14 ID:???0
a0208786_2221222

 
「ぞうさん」などの童謡を作詞した詩人まど・みちおさんが
老衰のため死去。104歳。山口県出身。

2014/02/28 09:41

http://www.47news.jp/FN/201402/FN2014022801001388.html



3:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 09:58:13.12 ID:1pfILyqe0
今までご存命だったのか!!!

4:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 09:58:20.37 ID:qiw4RwJS0
明治生まれか

6:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 09:58:28.26 ID:2oB53ffA0
まどさん…(´・ω・`)

7:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 09:58:39.66 ID:NrMqMOim0
寿命が長いのね
ともあれ合掌

19:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:02:03.87 ID:qWiy3UzO0
ぞうさん
ぞうさん
おはなが ながいのね
そうよ
かあさんも ながいのよ

ぞうさん
ぞうさん
だあれが すきなの
あのね
かあさんが すきなのよ

20:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:02:12.31 ID:CPyEdGf7O
ぞうさんの旋律ってほんと象っぽいよね。いい歌だ。

130:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:32:42.15 ID:9YichixR0
>>20
音がきちんと話し言葉のイントネーションの抑揚と同じに作られてるんだよね
昔の歌は良くできてる

27:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:04:16.91 ID:m8Xt0xQ30
104歳大往生じゃねーか。よかったじゃん

32:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:06:13.84 ID:wzA3sPDk0
歴史上の人物レベル

46:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:09:00.11 ID:sSlz/hqC0
「ふしぎなポケット」と「ドロップスのうた」が特に好きだったわ

52:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:11:18.38 ID:ymv0qQVMP
「臨終」  まどみちお

神様
私という耳かきに
海を
一どだけ掬わせてくださいまして
ありがとうございました

きれいでした
この一滴の
夕焼けを
だいじにだいじに
お届けにまいります

59:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:13:42.95 ID:P5MJDR0J0
>>52
まさに天才

75:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:17:05.40 ID:p/jpZBAN0
>>52
ぞくっとした
いい詩だ

235:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:15:16.81 ID:Grx/J5Us0
>>52
深いな…

64:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:14:28.17 ID:MR8ELjhO0
・いちねんせ〜いに なったら〜
・むかし なきむし かみさまが〜
これもこの人だな

童謡の神様か

70:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:16:06.97 ID:oNQEXzBnO
ぞうさんの歌は、まど氏本人が言うには、鼻が長いことをからかわれて怒った象が「母さんも長いんだ」と逆ギレする歌なんだそうな

72:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:16:29.64 ID:EGrw4eQF0
「ぞうさん」の歌って1953年(昭和28年)に
発表されたものらしい。

60年前じゃんwww

77:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:17:15.81 ID:E0/cgg330
>>72
戦後か
もっと古いのかと思ってた

82:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:18:41.56 ID:zBLtDJrZ0
>>72
意外と最近なんだな
戦前からあると思ってたけど

90:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:20:56.38 ID:S3GfZgbd0
けしゴム


自分が書きちがえたのでもないが
いそいそと消す
自分が書いたウソでもないが
いそいそと消す
自分がよごしたよごれでもないが
いそいそと消す
そして、けすたび
けっきょく自分がちびていって
きえてなくなってしまう
いそいそと、いそいそと
正しいと思ったことだけを
美しいと思ったことだけを
身がわりのようにのこしておいて


まど みちお

119:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:29:21.77 ID:ai/aPU4G0
>>90
いいな、これ

215:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:05:06.91 ID:sN5Il4an0
>>90
深いな…

261:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:26:41.02 ID:1OT1O+U90
>>90
すげーなー
すげー

104:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:23:45.11 ID:qZc0Njfw0
「うたを うたうとき」 まど・みちお

うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎます

からだを ぬいで
こころ ひとつに なります

こころ ひとつに なって
かるがると とんでいくのです

うたが いきたい ところへ
うたよりも はやく

そして
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです

109:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:25:01.26 ID:xVygECNM0
なんだか良く知っている童謡が軒並みこの御仁の作なのだが、スーパースターかね

120:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:29:23.17 ID:GSTrUvZPO
教科書で必ず目にする名前だよな

149:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:37:16.48 ID:NrMqMOim0
あわてんぼうの歌もこの人なのか
ガキの頃、なぜか好きな歌だった

166:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:43:14.28 ID:8E1/gNSq0
「いちねんせいになったら」 もこの人だね
104歳まで生きたら当時の友達100人も死んでるだろうな

170:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:48:13.79 ID:qZc0Njfw0
「まちかど」 まど・みちお

まちかどは
まいにちまいばん
まじめに
まちかどっとしている

まちの空のましたで
まず通るのは
また通るもの
まま通るもの
まだまだ通るものなど まちまちだが
まぎれもなくみんな
まえむいてまがっていく

まちかどに まちかどっとされたまま
まるで通るもののない まよなか
まうえの空の まんなかでは
まんまるい月が まったくひとり
まちかどっとされている まね

まあ まがわるいのだろう
まちかどたるもの まねにでも
まにあわせにでも だれかに
まちかどっとされたままでいなくては

230:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:12:43.67 ID:1E110F5L0
『ぞうさん』(作曲:團伊玖磨)
『やぎさんゆうびん』(作曲:團伊玖磨)
『おにぎりころりん』(作曲:小森昭宏)
『いちねんせいになったら』(作曲:山本直純)
『ふしぎなポケット』(作曲:渡辺茂)
『ドロップスのうた』(作曲:大中恩)
『みずあそび』(作曲:滝廉太郎)
『あわてんぼうの歌』(外国曲)

名曲だらけ

238:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:18:03.48 ID:S1iBLu6J0
わからんちゃん

なんにも わからん
わからんちゃんが いてね
おしごと はじめた
とんかち もって
とんてんかん ちんぷんかん
とんちんかん

みんなが わらった
わらったっても へいき
まいにち まいつき
まいねん しごと
とんてんかん ちんぷんかん
とんちんかん

そのうち できたよ
わからんものが できた
わからんちゃんたら
ひらりと のった
とんてんかん ちんぷんかん
とんちんかん

みなさん さよなら
つきまで いってきます
ぐらぐら よたよた
よぞらに きえた
とんてんかん ちんぷんかん
とんちんかん

248:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:22:12.39 ID:S1iBLu6J0
せんねんまんねん

いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビをワニがのむ
そのワニを川がのむ

その川の岸ののっぽのヤシの木の中を
昇っていくのは
今まで土の中でうたっていた清水
その清水は昇って昇って昇りつめて
ヤシのみの中で眠る

その眠りが夢でいっぱいになると
いつかのっぽのヤシの木になるために
そのヤシのみが地べたに落ちる
その地ひびきでミミズがとびだす
そのミミズをヘビがのむ
そのヘビをワニがのむ
そのワニを川がのむ

その川の岸に
まだ人がやって来なかったころの
はるなつあきふゆ はるなつあきふゆの
ながいみじかい せんねんまんねん

254:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:24:46.30 ID:S1iBLu6J0
ぼくが ここに 

ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくに かさなって
ここに いることは できない

もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけしか
ここに いることは できない

ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに いるときも
  
その「いること」こそが
なににも まして
すばらしいこと として

292:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 11:47:00.13 ID:pb8z17HN0
「おんがく」 
1984年作詞、 木下牧子作曲(1995年)

かみさまだったら
みえるのかしら
みみを ふさいで
おんがくを ながめていたい
目もつぶって 花のかおりへのように
おんがくに かお よせていたい
口にふくんで まっていたい
シャーベットのように広がってくるのを
そして ほほずりしていたい
そのむねに だかれて

131:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:32:42.96 ID:Q87Y+KaJO
子供にもなじみやすい詩
好きでした
お疲れ様でした

143:名無しさん@13周年:2014/02/28(金) 10:36:21.60 ID:IirIZPBj0
これは大往生ですな
ご冥福をお祈りします
安らかに






おすすめ


元スレ : http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1393549016/