snow_walking_02





1: 以下、暇人がお送りします:2014/03/08(土)
【雪国における奇妙な滑りコケ方】
イ慮汽優燭わかる人がいるのだろうか…ちなみに全て、実体験です。



Twitterの反応


だいたいやったことある。

武富士ww懐かしいですね(^O^) 雪国いた頃´↓イ呂茲やりました〜。

イ慮汽優燭蓮△海譬 http://t.co/ftrf6B2mh3 ですよねw懐かしい。



そうですそうですwww懐かしい!多分もう二十代前半がギリだと思われます…

召喚型もどうぞ(^o^)


【関連】雪国で暮らす人が教える慣れない雪道での注意ポイント


歩きやすい靴を履く

なるべく底がフラットな靴で歩きましょう。履き慣れたものが良いですが、履きつぶして靴底が磨り減っているものは滑りやすいので避けてください。なるべくグリップが深いものが安全です。

口の閉まるカバンを持つ

カバンはファスナーやボタンで口が閉まるタイプのものを持ちましょう。

手袋をする・帽子をかぶる

寒いからとポケットに手を入れて歩くのは大変危険です。

傘を差して歩くのは手が塞がって危険なので、髪が濡れないように帽子をかぶりましょう。

防水スプレーをかける

防水スプレーを持っていると便利です。靴、帽子、マフラー、コート、カバンなど水をはじかない素材のものには何でもスプレーしておきましょう。

ペンギン歩きをする

雪国の人に「どうやって歩けばいいの?」と訊ねるとほとんどの人が「ペンギン歩き」と答えます。 足はあまり持ち上げず、歩幅を小さく、リズミカルに一定のテンポを意識して歩きます。まさにペンギンのような歩き方になります。なるべく片足で立っている瞬間が少なくなるような歩き方を意識します。

滑りやすい場所を知る

横断歩道
店の入り口
日陰になっている場所
これらは雪国の人に注意するよう教えられた滑りやすい3大スポットです。

全文はこちら




コメントまとめ


「コメント欄まとめ」テスト中!
記事についたコメントを追加していきます。