1:以下、暇人がお送りします:2014/04/04(金)
カレー、ラーメンは「和食」なのか? 専門家の意見は〈AERA〉

001

 ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。しかしよく考えてみると、一体どこからどこまでが和食なのだろうか?

 寿司にとんかつ、てんぷら、カレーライス……日頃食べている料理の、どこまでが和食なのか。改めて考えると難しい。『和食と日本文化』(小学館)などの著書がある国士舘大学教授の原田信男さんは、「日本人が作り出した日本にしかない料理」と定義する。独自の発展を遂げたカレーライスやラーメンも、和食に入るという。

 原田さんは、「和食の原型が完成したのは室町時代」と言う。それまでは、貴族階級は干物や生ものに、めいめいが調味料を付けて食べていた。だが、室町時代に中国から精進料理が入ってくると、素材を加工し昆布出汁をベースに味付けして出すようになった。

 江戸時代後期になると、料理屋が発達し、料理本やグルメガイドが出版されて、上流階級の食文化が庶民にまで広まる。

 1871(明治4)年、天皇の「肉食再開宣言」後、西洋料理、中国料理が積極的に取り入れられ、和食と組み合わせる折衷料理が発展し、現在に至る。

「和食の内容は時代によって違うし、文化は様々な国や地域との相互関係の中で発展するもの。いま一度和食の成り立ちについて知ることも必要なのでは」(原田さん)

 一方、和食にカレーやラーメンを入れるかは微妙、と言うのは、『家庭料理の近代』(吉川弘文館)などの著書がある東京家政学院大学名誉教授の江原絢子さん。江原さんが考える和食とは、ご飯に汁やおかずを合わせる料理だからだ。

「歴史の中で一番長く続いてきたのが、コメなど穀類を炊いたご飯を主食にする文化です」(江原さん)

続きはこちらから
http://dot.asahi.com/aera/2014033100064.html

2: Twitterの反応:2014/04/04(金)

和食というか「日本食」って感じ

— にょろこ (@ankoro_nk) 2014, 4月 2



3: Twitterの反応:2014/04/04(金)

和食っちゃぁ和食。。。でも和食には入れたくない気もするな。

— 三平 (@sanpeibros) 2014, 4月 2






4: Twitterの反応:2014/04/04(金)

肉じゃがも元はビーフシチューを真似たものだそうだからあながち間違いではないのだろうな

— 謙虚なナイト (@Buront_aion) 2014, 4月 3



5: Twitterの反応:2014/04/04(金)

定義として「日本人が作り出した日本にしかない料理」としてるけど、これは問題おおあり!

— 朝雲霧懸@_(┐「ε:)_ズコー (@Asagumo63) 2014, 4月 2



6: Twitterの反応:2014/04/04(金)

「和食」は懐石や精進料理、「日本食」は日本の家庭料理(ラーメン、カレー含む)と認識してますけど?

— 梅吾郎 (@pochishan1) 2014, 4月 2



7: Twitterの反応:2014/04/04(金)

和食ではなく日本食でしょう。

— ふじやまぱぱ (@fujiyamapapa) 2014, 4月 2



8: Twitterの反応:2014/04/04(金)

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。しかしよく考えてみると、一体どこからどこまでが和食なのだろうか? 寿司にとんかつ、てん…

— はてブ料理 (@HatebuFood) 2014, 4月 2



9: Twitterの反応:2014/04/04(金)

確かに難しい話だけどやっぱラーメンとかは和食ではないなー

— 【悪戦苦闘中】YKK-AP (@APSuke) 2014, 4月 2



10: Twitterの反応:2014/04/04(金)

とんかつ、粉モンでも意見が分かれる。

— yukio326jp (@yukio326jp) 2014, 4月 2



11: Twitterの反応:2014/04/04(金)

だから、ユネスコに登録されたのは「自然の美しさや季節の移ろいの表現」「年中行事との密接な関わり」等の4観点を含む「和食文化」だってば。年中行事じゃトンカツもラーメンも食わないだろ。

— filinion (@filinion_es) 2014, 4月 2



12: Twitterの反応:2014/04/04(金)

日本食でいいじゃん

— かわごえきよひで (@dobdob_ja) 2014, 4月 2




【関連】カレーライス、ラーメンは「和食」に入る? -和食に関するアンケート


食のプロを育成するスクールを持つ教育機関である辻調グループはこのほど、「和食」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は、全国の20代〜60代男女を対象として10月9日〜11日にインターネット上で実施。572名から回答を得た。

<中略>

002l

「『和食』を構成する重要な要素」を聞いたところ、1位は「季節の食材」の76.6%。次いで「盛り付けの美しさ」(68.2%)、「季節感の表現」(59.6%)、「日本産の食材」(57.2%)、「器や皿」(56.8%)が続いた。

003l

また「『和食』と聞いてイメージするメニュー」については、2位の「刺身」(9.3%)に34.2ポイントもの大差をつけ、「寿司」が43.5%で1位となった。「外国人にごちそうしたい『和食』メニュー」については、「寿司」(62.9%)、「天ぷら」(40.2%)、「刺身」(14.7%)、「すき焼き」(14.3%)、「そば」(11.0%)だった。

004l

国民食「カレーライス」は「和食だとは思わない」

今回、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」とは、「日本人の食における様々な社会的習慣」を指す。つまり、我々の日常に溶け込んでいるカレーライスやラーメン、ナポリタンのように日本独自の変化をたどったメニューも「和食」という定義で登録される。

「焼きそば」は半数近くが和食のイメージを持っている

そこで、これらのメニューに対し「『和食』と思うかどうか」を聞いたところ、「焼きそば」は「和食である」との答えが44.6%だったものの、「ラーメン」は28.3%、「カレーライス」は22.7%、「ナポリタン」は18.2%、「カリフォルニアロール」は12.2%と、「和食である」との答えが比較的低い数字となった。

詳細はこちらから

【関連】アメリカ人 「日本人はカレーを独自に改良した。カレーはもはや世界に誇れる日本の文化だ」


1: アビシニアン(新疆ウイグル自治区):2012/06/19(火) 12:50:57.91 ID:yRMcZK4tP
img_247632_6031249_0

世界中で人気のある多くの日本食だが、オリジナル料理が必ずしも日本発祥ではないものも多く、カレーもその一つに挙げられる。

筆者はカレーについてのユニークなストーリーについて記している。
インド発祥のカレーは、英国経由で日本に伝えられたが、日本ではまったく異なる食べ物となったと指摘。
18世紀の英国では、植民地インドのカレーが紹介され評判になったという。
しかし、多種多様のスパイスを使いこなすのは至難の業だったため、
英国の企業がスパイスをあらかじめ調合した世界初のカレー粉を作った。

このカレー粉はインド料理のカレーとは異なっており、
ブイヨンとスパイスを合わせた粘り気のある英国風シチューだったようだ。
英国人の商人がこのカレー・シチューを19世紀後半になって日本に導入し、
日本のシェフはさらに日本特有のものへと変化させていったと筆者は解説している。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0612&f=national_0612_018.shtml



6: マーゲイ(滋賀県):2012/06/19(火) 12:52:31.50 ID:Sgvr3e6t0
やけに詳しいな全然知らんかったわ

34: ぬこ(埼玉県):2012/06/19(火) 13:00:21.85 ID:NuY8WX940
アメリカ人ってカレー食べるのか

25: バーマン(関東・甲信越):2012/06/19(火) 12:58:33.98 ID:tWzfDj+MO
日本に最適化したカレーが多いだけでカレーはインドの物だ
本格的なカレーはちょっと感動するくらい美味い

詳細はこちらから








おすすめ