1: :2014/05/29(木)
サイガ


1400-934x


2287-934x


サイガはジュンガル盆地およびモンゴルを含むユーラシア・ステップに生息する絶滅危惧種だ。彼らの奇妙な鼻は非常に柔軟で、群れの移動によって舞い上がる土埃をフィルターする機能も持つ。

The saiga is a critically endangered antelope that inhabits the Eurasian steppe, including Dzungaria and Mongolia. Its strange nose is extremely flexible and helps to filter out dust kicked up by the migrating herd.




翻訳元: http://news.distractify.com/dark/trivial-facts/animal-species-you-wont-believe-exist/




2: :2014/04/05(土)
キバノロ


3250-934x


4171-934x


キバノロはその特徴的な牙から「ヴァンパイア・ディアー」との異名も持ち、牙は主に縄張り争いに使われる。

Chinese Water Deer have earned the nickname “Vampire Deer” for their prominent tusks, which are used in territorial battles.

3: :2014/04/05(土)
Pyura Chilensis (日本語名なし)


5136-934x


6125-934x


信じがたいかもしれないが、この「岩」は命ある有機生命体だ。彼らはチリの沿岸にて、岩に擬態することによって捕食者の目を欺いている。さらに興味深いことに全ての個体が雌雄同体であり、自殖することが出来るのだ。

It can be difficult to believe, but these “rocks” are living, breathing organisms. Their appearance allows them to blend into Chilean beaches and avoid predators. Interestingly, these creatures have both male and female organs and can breed individually.

4: :2014/04/05(土)
アオミノウミウシ


7122-934x


「ブルードラゴン」とも呼ばれるこの幻想的な生物は実はウミウシの仲間である。オーストラリアや南アフリカの東南の沖合でよく見られるが、ダイバーはこいつに刺されないように気をつけなければならない。

Called the “blue dragon”, this fantastical creature is actually a one inch long sea slug. Commonly found off the East and South Coast of South Africa and Australia, divers should beware the powerful sting of this beast.

5: :2014/04/05(土)
ヒゲワシ


8113-934x


この美しい鳥はエベレストやヒマラヤ山脈といった、ヨーロッパからアジアにかけての高山地帯に生息している。羊や子どもを襲うと信じられていたため一時は駆逐されかけたことがあり、WWFによると現在では1万羽程しか残っていないと推計されている。

These beautiful birds inhabit Everest, the Himalayas and other mountainous regions in Europe and Asia. They were nearly eradicated because people used to fear that bearded vultures would attack lambs and children, and now, the WWF estimates only 10,000 are left.

6: :2014/04/05(土)
ピパピパ


9105-934x


南アメリカ原産のこのカエルの葉っぱのような見た目は、捕食者を欺くためのものだ。また彼らはユニークな子育ての方法を取り、オスがメスの背中に卵を産み付け、卵が孵化すると皮膚にあるポケットから這い出てくるのである。

Native to South America, the leaf-like appearance of the surinam is a natural defense against predators. The toads have a unique breeding method, where the male plants fertilized eggs into the back of the female who carries them until they emerge from pockets in her skin.

7: :2014/04/05(土)
Sarcastic Fringeheads(日本語名なし)


1098-934x


11145-934x


名前に反して(Sarcasticは”皮肉っぽい”の意)この魚はかなり獰猛である。アメリカ西岸の海で見られるこの魚は、30cm程にまで成長し、不気味なほどに大きな口を持つ。仲間内でこの口を押し付け合うのは、キスをしているのではなくお互いに優位性を示しているのである。

While the name would have you think otherwise, these fish are far more vicious than they are sarcastic. Found in the waters off the West Coast of America, fringeheads can grow 12 inches long and have eerily large mouths, which they press up against each others, as if kissing, to assert authority.

8: :2014/04/05(土)
トビヘビ




12111-934x


多くの人にとっては悪夢のような話だが、このヘビは木に登った後そこから飛び降りてくる習性がある。体を平たくして、肋骨を広げることによって、空中を滑空することが出来るのである。

In what is many people's worst nightmare, this serpent climbs trees and then jumps down. By flattening its body and flaring out its ribs, the snake can glide through the air.

9: :2014/04/05(土)
フクロアリクイ




もしアリクイとリスを掛けあわせたらフクロアリクイのような見た目になるだろう。実際には、このオーストラリア原産の有袋類はタスマニアデビルの親類であり、体長35cmまでに成長するが、シロアリや蟻を捕食するのに使う長い舌も合わせれば全長はもっと長くなるだろう。

If you crossed an anteater and a squirrel, you’d get a numbat. In reality, these Australian marsupials are more closely related to the Tasmanian devil. They grow to around 14 inches long, with their massive tongue, adapted for eating termites and ants, adding another few inches.

10: :2014/04/05(土)
ブロブフィッシュ(ニュウドウカジカ)


1583-934x


オーストラリアおよびタスマニアの沿岸の海深くにこの”ユニーク”な魚は生息している。ブロブフィッシュの肉体は、水よりも密度の低いゼラチン質の物質で出来ており、この魚にユニークな見た目を与えると共に、泳ぐことなく海底よりも高い位置に浮いていることを可能としている。

Deep in the waters off the coast of Australia and Tasmania is the ‘unique’ blobfish. The flesh of a blobfish is a gelatinous mass that’s less dense than water, giving the fish its unique look, and allowing it to float above the seafloor without swimming.

11: :2014/04/05(土)
Lowland Streaked Tenrec(日本語名なし)


1677-934x


マダガスカルの熱帯雨林にのみ生息するこの奇妙な生物は、どこかハリネズミにも似ている。背中の針は防御機構として働くほか、複雑なコミュニケーションのシステムとしても機能する。針は振動するとかすかなチャタリング音を発し、幼体はこの音を通してコミュニケーションすることを学ぶのである。

Found only in the rainforests of Madagascar, this strange creature is somewhat similar to a porcupine. The barbs on the animal’s back act as both a defensive measure and a complex communication system. The quills produce a faint chattering sound when vibrated and families learn to talk through this sound.

12: :2014/04/05(土)
タカアシガニ


1775-934x


000bf279942af88aa355ceb2bb6da306_758_522_cropCenter-1-934x


この節足動物は高さ3.6m、重さ19kgにまで成長し、まさにクモのように移動するのである。ちなみにこのカニは本州の沿岸でしか見られない。

This arthropod can reach heights of 12 feet tall and weigh up to 42 pounds, all while moving like a spider - yikes! The crabs are only found in the waters off the island of Honshū.

13: :2014/04/05(土)
アリバチ


1869-934x


このもふもふしたパンダのような模様の生物は実は南アメリカに生息する羽なしバチの仲間である。未だに数回しか目撃されたことはないが、刺すことでも知られている。

This fluffy creature with panda markings is actually a type of wingless wasp from South America. It has only been spotted a handful of times but it is known to have a potent sting.

14: :2014/04/05(土)
ラブカ


1972-934x


大西洋および太平洋に分布するこの古代魚は、300に及ぶ鋭い歯が25列にわたって配置され、あらゆる獲物を噛みちぎる事ができる。また、生物学者によるとラブカはサメの中では最大の懐胎期間を持ち、子どもを生むのに3年半掛かると言われている。

In the waters of the Atlantic and Pacific Oceans this prehistoric beast boasts 300 trident-shaped teeth, aligned in 25 rows to rip through any prey. Scientists also believe that the frilled shark breaks the record for gestation periods amongst sharks, taking three and a half years to give birth.

15: :2014/04/05(土)
ガビアル


2068-934x


この長さ6mの爬虫類は160kgの重量を誇り、かつては主な河川のすべての頂点に君臨しており、彼らの長い顎は狩猟に役立っていた。しかし人間による乱獲が彼らの個体数をかつての2%にまで追いやってしまったのである。

These 20 foot long lizards weigh in at 350 pounds and used to dominate all major river systems, where their long, thin jaws proved adept at hunting and eating fish. Overfishing by humans has seen these reptiles reduced to 2% of their former strength.

16: :2014/04/05(土)
ディクディク


21118-934x


2288-934x


ディクディクはアフリカ東部および南部で見ることの出来る、非常に小さくて可愛らしい鹿の一種だ。成長しても全長30cmほどにしかならず、体重もわずか4.5kgほどにしかならない。

Dik-diks are an adorably small breed of antelopes found in the bushlands of eastern and southern Africa. When ‘fully grown,’ dik-diks reach a grand height of 12 inches and a weight of 10 pounds.

17: :2014/04/05(土)
キンシコウ


2361-934x


2459-934x


デイビッド・アッテンボローに”エルフ”と形容され、その他には”美容手術の失敗例”とも言われるこの不思議な猿は、アジアの高山地帯に生息しており、目撃されること自体が非常に稀である。

David Attenborough once remarked that these marvelous monkeys look like “elves” and others like “plastic surgery gone too far.” Found in Asia, at heights of up to 13,000 feet, these primates with a short stump of a nose are rarely spotted.

18: :2014/04/05(土)
デメニギス




2556-934x


デメニギスは大西洋、太平洋およびインド洋の深海に生息し、その透明な頭部と感度の高い目で知られている。彼らの緑色の目は深海に届く僅かな太陽光を察知し、獲物の補足に役立てているのだ。

The barreleye, found at depths of 2000 feet in the Atlantic, Pacific and Indian Oceans, is most notable for its transparent head and highly sensitive eyes. The green lenses above each eye allow the fish to filter out what little sunlight makes it down to these depths and focus on the lights of its prey.

19: :2014/04/05(土)
ジェレヌク




2651-934x


2749-934x


ジェレヌクはソマリ語で「キリンの首をもった」という言葉から来ている。高いところの葉を食べるために後ろ足で立ち上がることが出来るのである。

Gerenuk comes from the Somali language and means “giraffe-necked.” To feed from taller branches, gerenuks will stand on their hind legs.

20: :2014/04/05(土)
ミツクリザメ




2848-934x


293


この恐ろしい見た目をしたミツクリザメは全長2~4mに及び、1898年に最初に発見された。「生きた化石」とも言われることがあり、この生物は種の中で1億2000万年におよぶ年月の唯一の生き残りなのである。

The terrifying goblin shark measures between 8 and 13 feet and was first discovered in 1898. Referred to as a ‘living fossil,’ these terrifying animals are the only surviving member of a 125 million year-old family.

翻訳ネタ募集中!タレコミはこちらからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=310618

これまでの翻訳記事はこちらから










おすすめ