1: :2014/07/04(金)
スヌーズボタンを活用する


genius_tips_01


住所や電話番号といったランダムな数字を覚える際にはただ繰り返すのではなく、数分間に渡って15秒ごとにその数字を繰り返すことで記憶に定着させる事ができる。それ以上感覚を開けてしまうと、記憶の彼方に消失してしまうのだ。




翻訳元: http://acidcow.com/pics/61124-how-to-improve-your-memory-in-no-time.html




2: :2014/07/04(金)
体の一部と関連付ける


genius_tips_02


この方法は奇妙に思えるかもしれないが、実際に有効だ。何かを記憶する際、それを体の一部と一緒にイメージすることによってビジュアル化し、思い出そうとするプロセスを容易にすることが可能なのである。

3: :2014/07/04(金)
集中する


genius_tips_03


音楽を聞いたりテレビをつけたりしながら勉強する人は多いが、これは実際には何かを覚えることを阻害している。人間はマルチタスクをすることは現実には不可能であり、2つの事柄の間を行ったり来たりしているに過ぎないのだ。なので、情報を頭に入れる際には他の刺激は断ったほうがいいだろう。

4: :2014/07/04(金)
関連付ける


genius_tips_04


物事をリスト化しそれを他の何かと関連付けると記憶に残りやすい。最も簡単な方法は、リスト化された物事を順番に用いて一つの物語を作ることである。

5: :2014/07/04(金)
キーワードメソッド


genius_tips_05


これは他言語の単語を覚えようとする際に特に有効な方法である。覚えたい新しい単語の中に含まれる聞き覚えのある部分を、それと関連するビジュアルと結びつける手法である。

6: :2014/07/04(金)
ロッシのメソッド


genius_tips_06


「記憶の城」あるいは「家」と呼ばれるものを用いるこの手法は、ジャーニーメソッドやローマンルームメソッドとしても知られる。何かを覚えたいときには、頭のなかで部屋を思い描きそこに情報を収めていく。そうすることによって、何かを思い出したいときにはその情報が収まっている部屋、もしくは空間を訪れたらいいのである。

7: :2014/07/04(金)
塊メソッド


genius_tips_07


とある研究によると人は同時に5つから9つ(平均的には7つ)ほど同時に別々の事柄を記憶できるそうだ。しかし、電話番号のような情報は塊として覚えることで記憶に残すことが出来る。すなわち我々は10桁の電話番号を全てバラバラに記憶しているわけではなく、実は3つの塊として記憶しているに過ぎないのである。

8: :2014/07/04(金)
文脈化する


genius_tips_08


人の記憶には、情報を頭にインプットした時の状況と共に記憶化される「文脈依存型記憶」というものが存在する。研究によると被験者が水面下で学んだ事柄は、同じく水面下での方が思い出しやすいそうだ。

9: :2014/07/04(金)
音楽を用いる


genius_tips_09


何かを覚えようとする際は音楽で邪魔をしてはいけないと先ほど言ったが、音楽に歌詞などの文脈を付加することは記憶力を向上させれう上で有効な手段だ。低学年の時に数やアルファベットなどを学んだ歌などはこのメソッドの典型的な例である。

10: :2014/07/04(金)
匂いを用いる


genius_tips_10


匂いは記憶を思い起こす際の最も強力な感覚であり、これは嗅覚が脳の記憶を司る部分に直接働きかけるためである。あなたがテストのために勉強していて、香水をつけていたとすると、試験中に同じ香水をつけることによって記憶を呼び覚ますチャンスが高まるのだ。

翻訳ネタ募集中!タレコミはこちらからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=310618

これまでの翻訳記事はこちらから






おすすめ