1:俺雑 ◆4jq2Aej3tU :2014/09/16(火) 22:42:25.89 ID:QcpX2H+D0.net
具体的にどういう死因だよ



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:42:46.49 ID:kJq8zkf60.net
プッツンしてチーンだよ

4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:43:24.32 ID:VGWk2B700.net
あれ見るたびに笑うからやめて欲しい

5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:43:28.29 ID:AUCeetu20.net
「もおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」→死





6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:43:42.55 ID:Ac8pT8cJ0.net
周瑜www

200px-ZhouYu

周 瑜(しゅう ゆ、175年 - 210年)は、中国後漢末期の武将。

小説『三国志演義』でも、孫策の挙兵にかけつけ、江東制覇に協力し、孫策の死後も孫権に仕え、張昭と並ぶ重臣となった。赤壁の戦いでは史実と同様、主戦派の重鎮として登場するが、劉備の使者として呉に滞在していた諸葛亮にその出会いのときから翻弄され続ける損な役回りを負わされている。自らの策を全て見透かす諸葛亮を危険視し暗殺を企むも果たせず、終始ライバル視しながらも遂に敵わず病に倒れる。臨終の際にも諸葛亮からの挑発的な書状を読み、「天はこの世に周瑜を生みながら、なぜ諸葛亮をも生んだのだ!(既生瑜、何生亮)」と血を吐いて憤死するという最期となっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/周瑜


20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:47:50.00 ID:NiyR5Kxd0.net
天は何故この周瑜を(ry

8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:43:57.64 ID:VMFRtkSF0.net
怒りすぎて脳の血管が切れたか
やけになって首かっさばいたか

12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:44:49.22 ID:Nt2f+y/Z0.net
本日のボニファティウスVIII世スレ

150px-Bonifatius_VIII_Grabstatue

ボニファティウス8世(Bonifatius VIII 1235年ころ - 1303年10月11日)は、中世のローマ教皇(在位1294年 - 1303年)。フランス王およびコロンナ家と争い、最晩年に起こったアナーニ事件の直後に「憤死」した。学術・文化の保護者としても知られる。

ギョーム・ド・ノガレとシアッラ・コロンナは、教皇御座所に侵入し、ボニファティウス8世を「異端者」と面罵して退位を迫り、弾劾の公会議に出席するよう求めた。教皇が「余の首を持っていけ」と言い放ってこれを拒否すると、2人は彼の顔を殴り、教皇の三重冠と祭服を奪った。これについては両者の思惑が異なり、シアッラは教皇を亡き者にしようと考えていたが、ノガレはのがれられないよう教皇をつかまえてフランスに連行して会議に出させ、いずれは退任させる腹づもりであった。2人は激しい言い争いになり、それが翌日までつづいたが、そうしている間にローマから駆けつけた教皇の手兵によりボニファティウス8世は救出された。教皇の監禁は3日間にわたり、ナポリ王カルロ2世とシチリア王フェデリーコ2世が教皇に対して暴力が振るわれていることを聞きつけて、その救出のための準備をしていたという。ボニファティウス8世は民衆の安堵と大歓声に迎えられてローマへの帰還を果たしたが、辱められた彼はこの事件に動揺し、この年の10月11日、急逝した[5]。高齢と長年の不摂生で腎臓を患っていたのが死因であるとされているが、人びとはこれを「憤死」と表現した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ボニファティウス8世 (ローマ教皇)


13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:45:39.66 ID:nb/CRZDU0.net
怒りのハンスト死みたいなのも憤死扱いだったりして

ハンガー・ストライキ(Hunger strike)とはマハトマ・ガンディーにより始められた非暴力抵抗運動の方法の一つである。何らかの主張を世間に広く訴えるために行うストライキの一種。「飢餓(ハンガー)によるストライキ」という意味である。略して「ハンスト」ともいう。

ハンガー・ストライキは命を賭けた抗議の示威行為である。投獄された同胞の待遇改善を求めハンガー・ストライキを始め、マスコミに時々刻々と様態を報道された北アイルランド独立運動の闘士は死に至るまでストライキを止めなかった。その後、同国では各地で暴動が起こった。このように死を賭したハンガー・ストライキは強い社会的影響力を及ぼすことがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ハンガー・ストライキ


14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:45:58.34 ID:/DNAJ4ty0.net
イヴァンの3か4だったきがする

16:俺雑 ◆4jq2Aej3tU :2014/09/16(火) 22:46:14.26 ID:QcpX2H+D0.net
歴史人はマンボウか何かか?

17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:46:28.51 ID:nf/E/Ubn0.net
イメージとしてはこんな感じらしい

img_0

ちなみに俺は「鼻血を吹きすぎて死亡」と「飛んでいた鳥が落とした亀が頭にぶつかって死亡」の二人の死因が忘れられない
誰だっけ

18:俺雑 ◆4jq2Aej3tU :2014/09/16(火) 22:47:36.43 ID:QcpX2H+D0.net
>>17
前者はアッティラじゃね?

250px-Brogi,_Carlo_(1850-1925

イタリアを去った後、アッティラはドナウ川を越えて彼の宮殿へ帰り、再度のコンスタンティノープル攻撃を計画し、東ローマ皇帝マルキアヌスが止めた貢税を再び要求した。だが、アッティラは453年前半に死去してしまった。歴史家プリスクスによる同時代の記録によると美しく若いイルディコ(もしも発音が濁っていなければ、ゴート族出身を思わせる[50])との結婚式の宴会の最中にアッティラは大量の鼻血を出し、意識を失って窒息死したとある。他の見方として、彼は大量の飲酒か食道静脈瘤によって内出血を起こして倒れたと考えられる[51]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アッティラ


30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:53:01.98 ID:QXcT4JV50.net
>>17
庭に隕石が落ちてきて死亡も追加で

趙思温(ちょう しおん、生年不詳 - 939年)は、遼(契丹)の軍人・政治家。字は文美。盧龍軍の人。

938年、耶律牒に従って後晋に冊礼使としておもむき、帰還すると、検校太師の位を加えられた。
939年、庭に隕石が落ちて、亡くなった。太師・魏国公の位を追贈された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/趙思温


26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:51:14.33 ID:RFZC6uJv0.net
>>17
落ちてきた亀に当たって死亡ってマリオみたいな死因だな

31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:54:03.46 ID:nf/E/Ubn0.net
おお、みんなありがとう
後者解決した。アイスキュロスっていう悲劇詩人だった
まさか自分の死因が一番の悲劇になるとも知らずに

200px-Aischylos_Buste

アイスキュロス(Αισχύλος, Aischylos, 紀元前525年 - 紀元前456年)は、古代アテナイの三大悲劇詩人のひとりであり、アッティカ悲劇の確立者。

カメを岩へ落として食べるヒゲワシに、頭を岩と間違えられカメを落とされたという伝説的な死因が伝わっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アイスキュロス


23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:49:14.47 ID:XHogGRNW0.net
三国志を思い浮かべた

25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:50:25.75 ID:gMa42oBp0.net
爆殺事件は流行った

作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)は、1928年(昭和3年、民国17年)6月4日、中華民国・奉天(現瀋陽市)近郊で、関東軍によって奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件。別名「奉天事件[1]」。中華民国や中華人民共和国では、事件現場の地名を採って、「皇姑屯事件」とも言う。終戦まで事件の犯人が公表されず、日本政府内では「満洲某重大事件」と呼ばれていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/張作霖爆殺事件


27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:52:24.82 ID:nb/CRZDU0.net
臥薪嘗胆の人ってリベンジできたからよかったけどさ
血行障害とビタミンAの過剰摂取で死んでたらたぶん憤死扱いだったな

34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:57:18.28 ID:NuLb9h9l0.net
憤死などという現代日本人には想像もつかない死因があったのは、古人がバイタリティも情動も激しいせいだったからだろうが、
逆に考えると、われわれの感情の起伏が乏しくなったせいで、憤死が縁遠くなってしまったと言えるのかもしれない

35:俺雑 ◆4jq2Aej3tU :2014/09/16(火) 22:58:26.18 ID:QcpX2H+D0.net
単純に高血圧なだけじゃね

39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 23:04:02.70 ID:+EOKJgJy0.net
孫策

46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 23:14:06.05 ID:NiyR5Kxd0.net
>>39
孫策は狩りしてるときに暗殺されたんじゃなかったっけ

225px-Sun_Ce_Portrait

孫 策(そん さく、175年 – 200年)は中国の後漢末の武将。

突然の死
200年、孫策は曹操の主力が袁紹に向かっている隙を狙い、曹操の本拠である許都攻略を計画する。[6]しかしその矢先、許貢の残党により長江のほとりで襲撃されて重傷を負ってしまう。『三国志』討逆伝によれば、一族の陳瑀の件で以前より孫策と対立していた陳登が報復として厳白虎や許貢の残党を扇動し孫策の背後を突かせようとした。孫策はそれに怒り陳登討伐に向かったが、その途上で狩りの最中に許貢の残党に襲われたとある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/孫策


47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 23:26:50.41 ID:lUhoUTH90.net
とにかく冷静ではないな

9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 22:44:04.51 ID:PghztGC+0.net
俺も憤死で明日休みたい

44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/09/16(火) 23:09:08.07 ID:VUuaJ07MO.net
歴史家は憤死と書くことで自らの思いを仮託してるんだろ
実際は心臓や脳の急性疾患から体調を崩しての病死まであるはず





おすすめ

元スレ : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1410874945