1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:40:01 ID:awEsQQOyc 
1中 水よりお湯の方が早く凍る。
2三 氷を電子レンジでチンしても溶けない。
3捕 水中だとハサミでガラスを切れる。
4一 蛇の毒を飲んでも平気。
5左 北極と南極をつなぐトンネル作ってボール落とすとボールが行ったり来たりする
6遊 金色の折り紙は銀色の折り紙に橙色の塗料を塗ったもの
7右 果物は冷やした方がより甘さを感じられる 
8二 北枕は縁起は悪いが体にはいい。
9投 紙を何回か折ると月に届く



4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:45:14 ID:bXSoKothB
つまり蛇の毒は血液中に入らないと効果無いと言うことか

7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:47:18 ID:awEsQQOyc 
>>4
そうやね

まぁ口の中に傷口あったら意味ないけど

15: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:51:48 ID:u1nzSD5XZ
>>7
虫歯もアウトだっけか

18: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:53:46 ID:TalCWGP6p
>>15
体内に入るとアウトなはず
細胞だったか血液に触れたらヤバいのがヘビ毒やなかったかな?
触れさえしなきゃ胃液に負けるとかだったはず





2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:43:52 ID:TalCWGP6p
0℃より冷えても水が凍らないことがある

5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:45:29 ID:awEsQQOyc 
>>2
塩水とかそうやっけ

11: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:50:16 ID:TalCWGP6p
>>5
過冷却で調べてみればええで
ゆっくり冷やすとなることがあるやで
そこに刺激を加えると一気に凍ったりするはず

過冷却(かれいきゃく、英: supercooling、undercooling)とは、物質の相変化において、変化するべき温度以下でもその状態が変化しないでいる状態を指す。たとえば液体が凝固点(転移点)を過ぎて冷却されても固体化せず、液体の状態を保持する現象。水であれば摂氏零度以下でもなお凍結しない状態を指す。第一種相転移でいう準安定状態にあたる。

たとえば水を冷却してゆくとその融点である0℃で凍るのであるが、ごくゆっくりと温度を下げてゆくとより低温の水が得られる場合がある。その状態が過冷却にあたる。自然現象の雨氷や霧氷も過冷却によるものである。
過冷却状態にある水に何らかの刺激(振動など)を加えると、急速に結晶化する(接種凍結)。瓶に入っていれば叩いただけでみるみる凍結し、別の容器に移し替えようとすると注がれながら凍っていくので柱状の氷が形成されたりする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%86%B7%E5%8D%B4

3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:44:09 ID:hyZVT0ACI
9は42回だっけ?
対数取ればすぐ計算できたよね

9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:49:07 ID:7sDSL7lPH
8番はどういうこと?

17: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:53:23 ID:JSHxRzDAy
>>9
磁力がうんぬん
ワイ「万能鑑定士Qの事件簿」に書いてあったの見たで

万能鑑定士Q:全事件簿 (角川文庫)


北枕は、心臓への負担を和らげるため体にいいとされる考えがあり、『釈迦が北へ枕を向けたのもそのため』とする説もある。
風水では頭寒足熱の理にかなった「運気の上がる寝方」とされており、「頭寒足熱」説は体にいいとされる根拠の一つとなっている。また、「頭寒足熱」説以外に「地球の磁力線に身体が沿っていることによって血行が促される」とする説も存在し、先に説明した、過去の中国での生き返りもこれによって引き起こされたとの説がある。なお、地球の磁力線は水平面に平行しているわけではなく、伏角(地球の磁力線と水平面との角度)と呼ばれる角度だけ傾いているため、北枕にして水平に寝ても「磁力線に身体が沿った状態」とはならない。例えば、京都付近でいえば、北枕とした場合、水平面から50度ほど枕を下げた方向に磁力線が走っている。
他方、ヴァーストゥ・シャーストラではよくないとされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9E%95

19: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:54:25 ID:7sDSL7lPH
>>17
サンガツ

14: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:51:35 ID:eC94l1Nrf
3はまじ?

23: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:00:55 ID:awEsQQOyc 
>>14
画質荒いけど参考動画
http://www.youtube.com/watch?v=j2RLzzNNNwg


33: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:49:55 ID:GHm3Ksjxh
>>23
ファッ!?

29: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:36:13 ID:XUVf9HeFC
>>23
わいは騙されへんでこれはうっすい飴細工や

16: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:53:13 ID:tnKWPeewF
下位打線はマジでどうでも良くて草
ただ、上位打線は興味あるわ。ほんまなん?

25: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:08:18 ID:awEsQQOyc 
>>16
1番はムペンバ効果でググると説明が出る

ムペンバ効果 (ムペンバこうか、英: Mpemba effect) は、特定の状況下では高温の水がより低温の水よりも短時間で凍ることがあるという物理学上の主張。必ず短時間で凍るわけではないとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%90%E5%8A%B9%E6%9E%9C

27: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:32:58 ID:3gof3Q10D
氷が溶けても水かさは増えない

知識としては知ってるけど、何で?って聞かれたら答えられない

32: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:39:33 ID:awEsQQOyc 
>>27
水は氷にすると体積増えるからやで

通常気圧において凍る際は体積が約11分の1増加する。すなわち、比重が0.9168 と小さくなり、水に浮く。物質は温度が低くなるほど分子の振動が小さくなるため、通常であれば温度が低くなるほど密度は大きくなり、従って気相よりも液相、液相よりも固相のほうが密度が大きい。このように固相の方が液相よりも密度が低い物質は非常に珍しい。これは液相の水分子が水素結合で強固に結びついており、固相の場合よりも分子間の距離が小さい事が原因である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7

31: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)01:38:31 ID:TalCWGP6p
液体酸素は磁石にくっつく
https://www.youtube.com/watch?v=pGXeZs60pu4

35: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)10:08:03 ID:9Cxbs3M0t
ガラスは液体説は最近否定されてんだっけ
液体の性質を持った固体のようなものみたいな感じで

36: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)10:11:25 ID:9Cxbs3M0t
否定というか定義が変わったって感じか

ガラスは液体状態を凍結したような状態(粘度が極端に高くなった状態とも言える)であり、それは準安定状態にあると言える。従って、ガラスは熱力学的には非平衡な状態であり、非常に長時間を経過するとガラスは安定状態である結晶化すると考えられるが、それに対しては異論もある。また、ガラスは過冷却およびガラス転移により粘度が非常に高くなった液体であるという捉え方もある。なお、例えば古い建物の窓ガラスは、それが理由で上部のガラスが下の方に垂れたような形になっているとされたこともあったが、計算によれば千年くらいではとてもそのような差は起きず、実際はガラスの製法によるもので、建設当初からそのような垂れた形になっていたことがわかった 。また、同じくガラス化している約2000万年前の琥珀を用いた実験では、2000万年間の密度変化は2.1%にすぎず、数千万年の時間では分子構造がほとんど変化しない事が分かっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9

8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)00:47:23 ID:Fhv4jZJT3
勉強になった

【事前登録】他のスマホ用MORPGとは一線を画すゲームが登場!簡単タップの爽快アクション



期待の超大作!最大8人での協力プレイや、PCオンラインゲーム並みのコンテンツボリュームに注目





おすすめ

元スレ : http://hayabusa5.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1412782801/