1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:38:58 ID:rBi
「一句詠まなきゃ」



3: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:42:41 ID:P1y
彡(;)(;)「すっごい悲しいンゴ…」
彡(゚)(゚)「一句詠んだろ」

4: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:43:17 ID:Slr
当時の人からするとツイッターで呟くようなもんなんやろな

12: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:52:15 ID:cJU
>>4
想像したらしっくりきて草

65

 【事前予約7万突破!】史上初!実写と3Dグラが融合 した本格競馬ゲーム





5: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:43:33 ID:pqH
パッと思いつかないんやけど、何がそんな流れやったっけ?

8: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:45:57 ID:VCo
>>5
作者「ムスッメが死んでしまったンゴ・・・悲しいンゴ・・・」
作者「せやからムスッメのつもりになって紀行文書いたろ!」

6: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:44:15 ID:icO
驚いた古文の登場人物「あなる!」

7: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:45:25 ID:P2v
平安時代の貴族は俳句詠むことが平和に繋がると信じてたししゃーない
中世ヨーロッパの信仰みたいなもん

36: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:31:30 ID:cKf
>>7
平安時代の貴族が俳句を詠む???
そらもびっくりやな

11: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:51:27 ID:j0q
旦那の浮気を手伝う妻の心情なんかわかるわけないやろ

13: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:52:21 ID:fTg
ぶっちゃけたまにええやん!って思う恋の歌あった

14: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:54:03 ID:lvr
古文に出てくるやつのメンタリティー嫌いやわ

15: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:55:00 ID:Jwf
子供が波に流されたンゴ

親不知 子はこの浦の 波枕 越路の磯の 泡と消え行く

16: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:56:34 ID:zMb
>>15
ガチ泣きしてる子供をホームビデオで笑いながら撮ってる親思い出した

17: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:57:29 ID:bHL
清少納言の伏見稲荷神社にお参りに行っただけでバテて自分の情けなさに涙が出てきた
みたいな話はワロタ

20: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:58:54 ID:xVa
>>17
基本引きこもりみたいなもんやから体力はないやろな

19: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:58:41 ID:qTE
ひゑ〜〜〜〜〜wwwwwww

21: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)20:59:16 ID:Tey
普通に鬼とか妖怪が出てくる姿勢がすきや

23: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:01:01 ID:boq
平安時代
蹴鞠して和歌読むンゴwww

平成時代
フットサルしてFacebookに上げるンゴwww

24: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:01:05 ID:Q34
昔の男「浮気したンゴ、嫁さんカンカンンゴ...
    せや、一句詠んだろ!」
昔の女「ええ歌やし許すンゴ」

25: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:01:30 ID:XDf
百人一首「はあ…叶わぬ恋辛い…殺してクレメンス…」
今のツイッターと言ってること変わらんな

26: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:01:36 ID:8Gw
今でいうツイッターみたいなもんやろ
喜怒哀楽呟いてるけど
人の不幸ほど好まれたから、自虐ネタが和歌集に多く載せられる

27: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:14:23 ID:VCo
在原業平と言うバカだけどツイッターは上手いイケメン


在原 業平
代表歌
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くゝるとは — 『古今和歌集』『小倉百人一首』撰歌。落語「千早振る」も参照。
世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし — 『古今和歌集』撰歌。
忘れては 夢かとぞ思ふ 思ひきや 雪踏みわけて 君を見むとは — 『古今和歌集』巻十八、雑歌下。
から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ — 『古今和歌集』撰歌。
名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと — 『古今和歌集』撰歌。
月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ 我が身ひとつは もとの身にして —『古今和歌集』巻十五、恋歌五。
https://ja.wikipedia.org/wiki/在原業平

28: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:20:39 ID:kRe
男が恋の歌を歌ったら最初の返歌は必ず素っ気ない感じにしないとあかんのやったっけ
ぐうまどろっこしい

29: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:21:35 ID:Ny7
短カス「君がため 惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな」

百姓A「こいつまたなんかつぶやいてたンゴwwwwww」
百姓B「自分語りくっさ」
百姓C「なお相手はワイの模様」
百姓D「ワイやぞ」
百姓E「命惜しくない定期」

35: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:28:56 ID:jIm
>>29
命惜しくない定期が的を得てて草

31: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:22:35 ID:1pM
人はNTRが好き はっきりわかんだね

32: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:22:37 ID:Xh8
防人歌ほんとすこ
もう帰れないという悲壮感が漂ってる

防人歌(さきもりのうた)とは、大化の改新の後、九州沿岸の守りについた防人が詠んだ歌である。

わが妻は いたく恋ひらし 飲む水に 影さへ見えて 世に忘られず
(現代語訳) 私の妻はとても恋しがっているようだ。飲もうとする水に影までもみえていて、決して忘れられない。
唐衣 裾に取りつき 泣く子らを 置きてそ来ぬや 母なしにして
(現代語訳) 唐衣にすがって泣きつく子どもたちを(防人に出るため)置いてきてしまったなあ、母もいないのに
https://ja.wikipedia.org/wiki/防人歌

34: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:27:35 ID:boq
万葉集のころは和歌は本当に歌だったらしいな
まだ長歌だった時代やな

39: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:51:12 ID:b8V
>>34
歌というか声に出して読んでたんや
国風暗黒時代挟んで古今和歌集以降は紙に書くの前提

49: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:55:04 ID:boq
>>39
防人歌は文字書けない防人が歌ってた歌を貴族がまとめたって聞いたことあるで

37: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:40:42 ID:HWh
最古の物語
〜やから一大事なんか!分かったで!
場面を変える
〜やから一大事なんか!分かったで!
これの繰り返しやで

40: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:57:11 ID:1bq
辞世の歌ってあったしな
秀吉も詠んでたっけか

41: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:57:57 ID:bHL
>>40
あれどういうシステムなんやろな
実際は死ぬどれくらい前に詠んだんやろか

42: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)21:59:34 ID:VCo
>>41
インスピレーション系とストック系はあったよな

43: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:00:16 ID:1bq
>>41
わからない
本当にそうだとしたら、現代から見れば暢気に見えるけど

十返舎一九は爆笑するけど

辞世の句は「此世をば どりやおいとまに せん香と ともにつひには 灰左様なら 」。
https://ja.wikipedia.org/wiki/十返舎一九

44: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:03:03 ID:HGd
でも昔の人は自分語りで炎上しないから楽やな

47: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:11:24 ID:acI
>>44
匿名性が無かったから叩きたい奴も怖くて何も言えないんやで

50: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:29:08 ID:HGd
>>47
なるほどなあ

45: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:03:21 ID:WGE
今までは 人のことだと 思ふたに 俺が死ぬとは こいつはたまらん

あらかじめストックしとかないとこんなことになる

48: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)22:13:17 ID:WGE
貴族やけどアホすぎてどうしようもない奴とかおったやろうし
ゴーストライターとかおったんやろなぁ

51: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:32:37 ID:TzO
マジヤバイ
春とかマジヤバイ
雀とかもマジヤバイ

53: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:47:46 ID:Yf5
当時は写真とか無かったし
残したいものは韻踏ませて短くして覚えやすくするしかないものね

54: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:49:06 ID:Dqm
漫画で覚える古文・古典のほうがおぼえやすいなあ

55: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:50:43 ID:2XR
貴族「あの子可愛いンゴねぇ…」
貴族「よっしゃ!夜その子の寝床に行くンゴ!」

56: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:52:40 ID:C98
>>55
断るかどうかは女が決めてたらしいで

57: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:52:54 ID:kRe
>>55
あんまりガン見できるチャンスってなかったんとちゃう?
可愛い子がいるって噂を聞く→夜這いするってイメージもあるなぁ

58: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:55:09 ID:AGb
貴族「あの子絶対かわいいンゴ!夜這したろ!」
貴族「ブサイクだったンゴ…」

60: 名無しさん@おーぷん 2015/10/16(金)23:59:01 ID:C98
夜這いしに行ったら間違えて目当ての女の妹の部屋に入ってしまったとかそういう話もありそう

63: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)00:02:31 ID:k3g
>>60
嵌められて病気の姉妹に夜這いさせるように仕向けたなんてのもある

62: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)00:02:11 ID:CnF
道長「ムスッコがいないンゴ」
皮の聖「出家させちゃったンゴ…許してクレメンス」
道長「ええんやで。寧ろワイの方がムスッコのことをわかってなかったンゴ」
道長妻「いいわけねぇんだよこの野郎!」

69: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)00:31:37 ID:TvK
言霊信仰もあったからなあ

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされた。『万葉集』(『萬葉集』)に「志貴島の日本(やまと)の国は事靈の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ」(「志貴嶋 倭國者 事霊之 所佐國叙 真福在与具」 - 柿本人麻呂 3254)「…そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり…」(「…虚見通 倭國者 皇神能 伊都久志吉國 言霊能 佐吉播布國等 加多利継 伊比都賀比計理…」 - 山上憶良 894)との歌がある。これは、古代において「言」と「事」が同一の概念だったことによるものである。漢字が導入された当初も言と事は区別せずに用いられており、例えば事代主神が『古事記』では「言代主神」と書かれている箇所がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/言霊

72: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)04:40:35 ID:bL3
知る、知らしめすが支配を意味したように女の子の名前を知る行為がかなり重要視されてたしな
今でいう電話番号レベルなんかな

76: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)08:23:33 ID:LLn
学生時代にこういう発想で読みたかったンゴねぇ…

78: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)08:28:57 ID:CNc
漏らした時の一句

79: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)09:15:55 ID:6Ws
「ヒマすぎて寝るくらいしかする事ないンゴ、せや一句詠んだろ」
「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む」

89: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)11:45:08 ID:Uon
女のすなるブログといふものを俺もしてみむとて、するなり。

93: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)13:15:03 ID:Fw8
>>89
ムスッメを失った悲しみの吐露やぞ

90: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)13:01:54 ID:Rm9
日本人劣化しまくりとか言われてるけど昔からこんなんだったんか

94: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)13:15:33 ID:n4A
>>90
千年単位の変態で有名やからね、仕方ないね

95: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)14:22:19 ID:Rm9
>>94
日本人は立派に伝統を受け継いどるね(白目)

91: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)13:05:14 ID:woH
どうでもいいけど一首ちゃうんか?

92: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)13:12:32 ID:Df3
紀貫之の親「ムスッコが悪い病気にならんように阿古久曽(ワイの息子は糞ったれ)って名付けたろ!」

96: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)15:34:12 ID:KcW
「ひゑッ!神社の前素通りしたら乗ってた馬死んだやんけ!」

「謝る代わりに一句読んだら生き返ったンゴwwww」

紀貫之は和歌の道に関わる者として、まだ住吉大社、玉津島神社にも参詣していなかったので、只今思い立って紀伊路に向かうところであった。旅の途中、にわかに日が暮れたとおもいきや、大雨が降ってきて、乗っていた馬が全く動かなくなる。 そこに灯火を持った宮守りが、なにやらこの神社には燈もなく宮守りもだれもいないと嘆きながら現れる。貫之は馬が動かなくなって困っていることを宮守りに話しかけると、宮守りは、それは下馬をしなかったからだという。貫之が馬に乗っていけない所だったのかと問うと、ここはもの咎めをする蟻通明神の社の神前であり、もしもそれを知ってここを通ったのであれば、命はなかったと言われる。

そうして宮守りの灯火で見ると、たしかに森の中に社がある。貫之は知らなかったとはいえ畏れもせずに通ったことを反省した。そして紀貫之だと告げると、宮守りから神様への手向けに和歌を読むようにとすすめられる。貫之は今の自分の詠む歌では神慮に叶いますまいといいつつ、「雨雲の立ち重なれる夜半なれば、蟻通とも思うべきかは」と詠むと、宮守りはたいそう面白いと讃え、そして和歌は素直であることが私心なく、良い歌は全てそうであると言った。今詠んだ歌もそうであるので、これを神が納受しないはずはないという。そこで貫之が馬を引き立てると、不思議なことに前のごとく歩みだした。これこそ歌によって神の心が和らいだからであった。

貫之は宮守りに祝詞を奏上してほしいと頼むと、宮守りは祝詞をあげ、そして、そのそも神慮を慰めるのに和歌よりも良いものはないと言った。さらに和光同塵は神と人が交わる結縁のはじめであり、神の世の七代は人の心も素直であり、欲望もなく、天地が開けしこのかたより舞歌もそうであったと言った。今の貫之の歌もそうであり、その心を感じた故に仮の姿を現したのだと言って鳥居の陰に隠れると、貫之は宮守りが蟻通明神であったことに気がつき、宮守りの姿はかき消すように消え失せた。そうして夜が明け、再び貫之たちは旅立って行くのであった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/蟻通

97: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)15:57:08 ID:Rm9
>>96
風雅を理解する日本の神々 有能

82: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)10:18:33 ID:KRX
一大事だって時に最初にやることがまず一句とか
昔の人はメンタルつえーな
目の前で火事がおこったり事件が起こってもまず一句なんやろか

85: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)10:43:56 ID:Rm9
>>82
一大事の時とりあえずスマホで写真とるみたいな感覚なんやろか

86: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)11:15:46 ID:T08

おすすめ

元スレ : http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1444995538/