1: いちごパンツちゃん ★ 2015/11/02(月) 19:34:34.91 ID:???*.net
シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる
ナショナル ジオグラフィック日本版 11月2日(月)7時40分配信

永久凍土から凍結状態で、保存状態はきわめて良好

ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層から、凍った状態のホラアナライオンの子どもが複数体発見された。これほどの保存状態で発見されたのは、同種としては初めて。

公開された写真からは、発見されたホラアナライオンのうち少なくとも1頭は、毛皮までそのまま保存されていたことがわかる。このサンプルは、少なくとも1万年以上この状態だったことになる。

「私の知る範囲では、先史時代のネコ科の動物がこのレベルの保存状態で発見されたことはありません。つまり、これは本当に驚くべき発見です」と言うのは、ネコ科の化石を専門とする米デモイン大学のジュリー・ミーチェン氏だ。

ホラアナライオンは、1810年に初めて文献に登場して以来、ユーラシア大陸や北米大陸でその痕跡が見つかっている。しかし、これまでに発見された化石は、骨と足跡に限られていた。

科学者らは、発見の詳細については口をつぐんでいる。

ロシアのサハ共和国科学アカデミーの古生物学者アルバート・プロトポーポフ氏は、11月17日に予定されている記者会見で初期所見を発表するため、今は質問に答えないとしている。同じ記者会見の場で、同地域でのもうひとつの大発見である「ユカ」(ケナガマンモス)についても取り上げるという。

それでも、インターネットはホラアナライオンの話題で持ちきりだ。氷河期の子ライオンの写真は、ネコ科の愛好家と古生物学者の双方をにぎわせている。ミーチェン氏は言う。「初めて見たときは信じられませんでしたが、どうやら真実のようだとわかったときは、畏敬の念を抱きました」

ホラアナライオンは、現在のライオン(Panthera leo)の亜種である。ゴツゴツした洞窟だけでなく広い草原でも行動していたため、ステップライオンの別名を持つ。

今回の発見の重要性は見た目だけにとどまらない。科学者は、「これらの幼獣の死因に関する情報や寄生虫保有量を知ることができるはず」とミーチェン氏は言う。さらには、胃の中に母乳が残っていれば、親ライオンが何を食べていたのかを知ることができるかもしれない。今回の発見は、それほど古くない極寒の世界への新たな窓を開いたのである。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151102-00010002-nknatiogeo-sctch

画像






2: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:35:19.97 ID:7+zUpzq80.net
なんかかわいいぞ

8: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:36:27.90 ID:XZLx21750.net
眠るように死んじゃったのかな。

9: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:36:28.00 ID:DV/ZlS4r0.net
ホラーなライオンだな

65

 【事前予約5万人突破!】大迫力!共闘マルチバトルRPG 自分だけのモンスターで勝利を目指せ





19: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:38:49.03 ID:IuN/No/CO.net
現在のライオンの亜種って・・・ちょっとロマンを感じる。

20: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:39:37.96 ID:sXRbyaYK0.net
チューバッカかww

83539

45: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:44:42.00 ID:lbCTXgqB0.net
>>1





どう見ても犬にしか見えない件について。

137: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:15:15.89 ID:Re5Iwnio0.net
>>45
どう見ても目元が猫だろ

64: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:49:02.32 ID:8MRIUY4E0.net
>>45
どう見てもライオンの子供だろ





てか50万年前くらいの動物なのに今の動物と見た目同じってのはつまらんな

94: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:02:34.35 ID:HzbWefej0.net
>>64
1万年ちょっと前、つい最近までいた動物

71: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:50:08.46 ID:CDn4APsX0.net
>>64
サーベルタイガー的なロマン欲しいよな

48: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:44:58.83 ID:5NtfDiJK0.net
no title

52: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:46:12.64 ID:qAAx/NJxO.net
眠ってるみたいだな

56: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:46:51.71 ID:6LtcqcE10.net
サヨナライオンみたいなお名前

61: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:48:42.39 ID:QHHCYSmj0.net
昔は、シベリアの辺りにもライオン住んでたんだな。
人類の歴史は短すぎる

94: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:02:34.35 ID:HzbWefej0.net
>>61
ホラアナライオンやアメリカライオン(ピューマじゃない化石種)も同種だった場合、
ライオンは、アフリカ大陸全域とユーラシア大陸の大半、北米大陸を制覇していたことになる

もっとも史上最大のネコ科動物の候補であるアメリカライオンについては、
ジャガーに近い、ジャイアントジャガーとでも呼ぶべき動物だったのではとの説もある(どちらにしてもヒョウ属だけど)

62: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:48:43.31 ID:m2PC/9XVO.net
子供だけか…
餌取りに出掛けたまま帰ってこない母ちゃんを待ちながら死んだのかなあ…

68: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:49:49.98 ID:znYjit5L0.net
クローンできないのかな?

77: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:53:15.27 ID:TwDdfQqK0.net
近くにこのライオンを捕食してた人間も凍ってるはずだから探そう

86: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:57:06.49 ID:ValR+G0o0.net
なぜ腐る前に凍ったの
雪の中倒れたとか?

88: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:58:39.30 ID:BH9nvIBb0.net
きれいな顔してるだろ。
ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。

89: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 19:58:51.05 ID:nv6yiJs90.net
氷期とはいえ凍り付くような所にライオンが生息していたという事か

133: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:14:05.40 ID:VyylgDl60.net
>>89
森林をすみかとする虎はシベリアみたいな亜寒帯にも住んでるし。
ライオンは昔はステップ地帯全域に幾つかの亜種が住んでいてアメリカにもいた。
ユーラシア大陸には今でもアフリカライオンと近いインドライオンが少数いる。
ギリシャ神話にもヘラクレスの偉業として「ネメアの獅子」と戦って倒す話があるが、これはヨーロッパホラアナライオンだとする説もあるそうだ。

287: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:38:42.17 ID:OggCRXWC0.net
>>133
200年くらい前までは中近東にもライオンが生息していたんだよね
銃の発達と人口増大の犠牲になった

289: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:40:02.79 ID:CkA8VZZW0.net
>>287
アルスラーンの原作に出てくるしな

90: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:00:06.46 ID:wPYvSYTR0.net
親が食ってたものが人間だったらどうするんだろうな。

92: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:01:04.26 ID:g+ZhKQx30.net
>>1
ジュラシックパークで再生だ!!!

95: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:02:34.86 ID:cOQXYtLL0.net
>>1
画像見るんじゃなかった・・・

96: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:02:38.27 ID:3qO63A5g0.net
一万年前に生きてたのがこれってすごいな

97: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:04:05.19 ID:gJWsAm+6O.net
致命的なウイルスが同居していない事を祈るよ

100: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:04:20.06 ID:JQf47nMy0.net
今西暦2000年だから、1万年ってそんなに昔じゃないよね?

103: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:05:12.98 ID:VmDJ1+3n0.net
>>100
俺が生まれrちょっと前の話だなぁ

117: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:09:35.49 ID:wPYvSYTR0.net
>>100
1万5千年くらい前まで別種の人類がいた可能性があるとか

106: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:05:52.11 ID:klkNRwDi0.net
引きこもりのライオンなの?

107: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:06:01.99 ID:5h8QaIhw0.net
ホラの穴出身

111: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:07:32.86 ID:RJIo3lAs0.net
解凍したら鳴き出しそう

112: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:08:02.76 ID:SfNeCfDg0.net
1万年以上前のが残っているのはスゴいね

116: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:09:19.03 ID:HzbWefej0.net





左から北米のアメリカライオン、ユーラシアのホラアナライオン、アフリカの現生ライオン

126: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:12:35.92 ID:54sTifNm0.net
>>116
ほらあなかわいい

128: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:12:46.95 ID:6kws1XW00.net
>>116
洞穴は口元がかわいい

119: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:09:55.39 ID:muG6Wg9p0.net
no title

123: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:11:35.88 ID:l2OKmSmW0.net
マンモスといい急速冷凍で一気に死んじゃった原因が知りたいわ

143: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:18:13.12 ID:nl/Lms9e0.net
>>123
ポールシフトだよ
ほんの2、3分で赤道が北極になるとかね

回転軸が変わるポールシフト

初期のポールシフト理論は、1958年のチャールズ・ハップグッドの著書The Earth's Shifting Crust と1970年のPath of the Pole により広まった。ハップグッドは、片方、または両方の極に氷が集まりすぎると、地球の回転バランスが不安定になり、コア周囲の外皮のほとんど、またはその全てが滑り、その結果回転軸が変化してバランスが保たれるのではないかと予測した。

この、1万2千年から2万年ごとに発生するポールシフトの結果、激しい気候変動が地球の大半に発生し、赤道地域は温帯に、そして温帯だった地域は赤道や極になるとしている。

極の氷以外の理論としては、以下のようなものがある。

高速な小惑星や彗星との、岩石圏がマントルから独立して動くような角度での衝突。
地球近傍を磁力を持った天体が通過し、一時的に磁場を再設定する。岩石圏が引きずられ新しい回転軸が生まれる。

ただし、現在の自然科学の世界では、大規模な(自転軸の)ポールシフトが頻繁に発生していたという考えはいずれも認められておらず、疑似科学やオカルト的妄言などとして扱われているのが現状である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88

124: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:11:47.49 ID:MlDqQBis0.net
これはマジで氷漬けマンモス以来の世紀の発見だが
「発見の詳細については口をつぐんでいる」
というのが気になるな

134: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:14:08.49 ID:7wxXhl7u0.net
>>124
取材に応じてコメントしてくれる学者がいなかっただけかと

144: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:18:29.93 ID:VyylgDl60.net
>>124
そりゃ今の段階で詳しい情報を出したら盗掘されかねないからだろう。
遺体が保存される条件のいい場所なら他にも状態のいい遺骸が埋まってる可能性が高いし。
マンモスの象牙なんかは現生ゾウの象牙の代わりとして採掘の対象になってる。

327: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 22:18:23.04 ID:6ahcCVF+0.net
>>124
多分半分の学者はぬいぐるみだと思っている

135: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:14:15.31 ID:UVs+BeOY0.net
>>124
見つけたときはまだ生きてたとかー

182: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:33:15.58 ID:DgW71/r3O.net
>>135
ワロタw

136: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:15:09.05 ID:Usm/6dUo0.net
きれいに保存されるタイミングってどんな状況なのかな
不思議

170: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:28:27.82 ID:ZSvNc2XfO.net
かわいい、飼いたい

177: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:31:10.94 ID:iaWzfsy10.net
濡れたコアラといい勝負だな

179: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:31:56.13 ID:7daoPFz/0.net
スゲーな、さっきまで生きてたみたいだ

184: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:34:23.29 ID:+/U8KWBQ0.net
ここまでピクルなし
失望したわ

219: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:51:43.12 ID:GeWG19550.net
>>184
だってアノ人塩漬けだし。

192: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:39:23.86 ID:AB0QlisP0.net
地球温暖化というのは過去にも繰り返されてきたし、縄文時代にも融けかかってる可能性が高いから、遺体組織も結構傷んでるんじゃね?

194: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:40:33.87 ID:Re5Iwnio0.net
>>192
傷んでたら毛は全部抜け落ちてると思う

198: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:42:58.56 ID:tMDyU6+U0.net
no title

200: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:43:26.53 ID:GCBA0DnR0.net
ホラアナライオンにも穴はあるんだよな・・・

212: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:49:29.00 ID:685Fag1r0.net
つい数ヶ月前に凍死したと言われてもおかしくない

216: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:50:50.49 ID:yz0D4cXM0.net
一万年も氷の下にいたら考えるのをやめちゃうな

232: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:58:48.42 ID:rYzud6cO0.net
1万年以上前に死んだライオンですら毛が残っているのに

250: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:12:56.80 ID:uiCCMHop0.net
人間だと生きたまま氷漬けになってもしわしわになっちゃうかな?
そもそも1万年前ならホモサピエンスで現生人類と変わらないから面白みもないか

258: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:16:54.81 ID:VyylgDl60.net
>>250
アイスマン(エッツィ)なんかは典型だけど、冷凍されると凍結した水分が細胞の外に出てくるので最後にはミイラ状態になる。
1万年前でも遺伝子まで調べられれば人類がどう地球上に広がっていったかという重要な手がかりになるので非常に重要な発見になるだろう。

275: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:27:59.85 ID:mAnUtjJkO.net
保存状態完璧
こわい。何か出来そうで。

276: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 21:29:11.86 ID:l6GWNWqR0.net
1万年とかすげえよなあ・・・
想像もつかんわ

315: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 22:11:45.21 ID:mmwJrmLE0.net
wikiだとこいつらにはタテガミや尻尾のフサフサがなくてライオンとは別の猛獣じゃないかって説も
あるようだが、ヨーロッパホラアナライオンにはタテガミとフサフサあるんだってな
そこら辺の事が色々分かるのかな?

345: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 22:40:30.78 ID:0hPowq/v0.net
クローン技術で生き返らせるのかな。マンモスはずっと研究してるよな。

352: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 22:59:47.83 ID:HzbWefej0.net
現在のネコ科の大型種は、
ピューマ属1種、チーター属1種、ウンピョウ属2種、ヒョウ属(ヒョウ、トラ、ライオン、ジャガー、ユキヒョウ)5種の合計9種

これに加えてかなり最近(1万数千年前、更新世末期)まで、スミロドン属(サーベルタイガー)、ホモテリウム属(シミタールキャット)がいた

最大のネコ科動物は現生ではアムールトラ

これを上回る大型種として、
ヒョウ属では>>1のユーラシア大陸のホラアナライオン、北米大陸のアメリカライオン
それにジャワ島で発見された更新世後期のトラの亜種と思われる化石(ンガンドンタイガー)

スミロドン属は、一般にサーベルタイガーとして知られるfatalis種は意外と小柄で、
少なくとも同時代に同じカリフォルニアにいたアメリカライオンよりは一回り以上小さかった
ただ、南米ではスミロドン属で、アメリカライオンに匹敵するような巨大種の化石が見つかっている

ホモテリウム属についても、アフリカ・ユーラシア・北米・南米と、ヒョウ属と並ぶ広範囲に進出した属であり、
実際かなり大きな化石も見つかっているそうなので、相当な大型種がいたはず

最後にトラとライオンの雑種であるライガーも、なぜか成長のリミッターが解除されるらしく、
巨大化した個体が確認されている

354: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 23:01:21.78 ID:bXroqfAI0.net
ホラアナライオンとサーベルタイガーはどういう関係になるんだ?

Smilodon_Knight

356: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 23:06:52.20 ID:VyylgDl60.net
>>354
巨大な牙を持つ種はネコ科では何度か別個に現れては消えてる。
イヌのように集団で狩りをしない独居性の肉食獣にとっては一撃で獲物を倒せる手段として有効なものだったんだろうが、何度も絶滅してる所を見ると何か重大な欠陥があったんだろうな。

359: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 23:10:18.77 ID:Qt+Urg+P0.net
>>356
牙が邪魔でごはんを食べにくいからじゃね?

387: 名無しさん@1周年 2015/11/03(火) 00:17:17.99 ID:XF4MTc400.net
>>359
納得した

374: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 23:51:39.93 ID:oTMUecWs0.net
>>359
地味にそれが正解っぽいよな。+これまた地味に重いから敏捷性が失われたのかもな。
サーベルタイガー等、巨大な犬歯を持つ生物は色々と地球上に誕生したが、

とどのつまりは狩りはヘタだったと思う。中二病形態に拘り過ぎたのかも知れない。

382: 名無しさん@1周年 2015/11/03(火) 00:04:55.64 ID:4YRHxTY90.net
>>374
あの牙が武器として微妙だったと推測されているようだね

ttp://ghop.exblog.jp/6562866/
研究はスミロドンの頭骨と、現生ライオンの頭骨を元に3Dモデルを構築し、
シミュレーションを実行することで行われた。両者のサイズはほぼ同じである。

 その結果、スミロドンの顎の力はライオンに比べてかなり弱いことが明らかになった。
以前からスミロドンの牙や頭骨の強度は獲物に飛び掛って仕留める際の物理的衝撃に
耐えられないのではないかという意見が存在していたが、シミュレーションの結果は
それを裏付けるものである。ライオンのように獲物を追いかけ、飛び掛って
その牙を立てようものなら、暴れる獲物によってスミロドンの牙や顎がダメージを受ける可能性が高いのだ。

大型の哺乳類に特化したスミロドンは獲物である大型哺乳類の北米における絶滅と
共にその姿を消した。彼らの立派な牙は、より小さな獲物を器用に仕留めるには立派過ぎ、
すばやい獲物を仕留めるには彼らは鈍重すぎたためと考えられている。

369: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 23:40:58.93 ID:SOslf7EB0.net
すげええええ!
古生物学史上に残る発見だな

189: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:37:31.93 ID:bGiwTR2qO.net
>>1
保存状態、最高やね
今にも目開けそうや

127: 名無しさん@1周年 2015/11/02(月) 20:12:45.21 ID:cxCzOYPO0.net
ホラアナライオンを復活させようとしてホラアナライオンを絶滅させた謎の病原体まで復活させてしまうストーリーで映画化

65

 【事前予約5万人突破!】大迫力!共闘マルチバトルRPG 自分だけのモンスターで勝利を目指せ
おすすめ 


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446460474/