1: ごまカンパチ ★ 2016/12/25(日) 03:58:58.52 ID:CAP_USER9.net
 絶滅した類人猿ギガントピテクスは、かなりの大きさだった。化石から、身長は3m、体重は500kgほどだったとされる。

 動物にとって、大きいことは有利だ。捕食者に食べられにくいし、食料を探すときにも広範囲をカバーできる。
ギガントピテクスは、現在の中国南部にあたる熱帯雨林に600万〜900万年にわたって生息していたが、
今からおよそ10万年前、更新世の後期に絶滅した。
原因は、気候が変化したなかで、この類人猿の大きな体が仇になったらしいことが、新たな研究でわかった。

「ギガントピテクスは、その大きさゆえに、大量の食料に依存していたと考えられます。
更新世の間に、多くの森林がサバンナの草原に変化していきました。巨大な類人猿にとって、単純に食料供給が不十分だったのです」
と、今回の研究を行ったドイツ、テュービンゲン大学のエルベ・ボヘレンス氏は語る。

 果実を食べていたギガントピテクスは、新しい環境で主な食料源となった草、根、葉に適応できなかった。
体がもう少し小さかったら、何とか生き延びられたかもしれない。
「この巨大な類人猿の親戚には、オランウータンのように特定の環境に特化しながらも生き延びたものもいます。
代謝が遅く、少ない食料でも生きられたからです」とボヘレンス氏は解説する。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/010700002/?s_cid=bpn_TopMR






6: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:01:40.49 ID:Ij73jsRA0.net
でも300万年も続いたんだな

74: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:40:09.54 ID:tpicAnFr0.net
>>6
600万から900万年間な
少なくともうちらより全然長い
上から目線で言える事じゃない

19: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:11:34.15 ID:vvWVW/db0.net
こいつらが絶滅してるなら何が今の人間になったんだよ



 【イチオシ】「美少女×ゾンビ」の斬新なアドベンチャーRPG





2: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:00:03.46 ID:unusH26v0.net
木星にいるべ

63: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:34:01.10 ID:0e9AHJ9B0.net
>>2
ガニメデじゃなくて?




71: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:38:51.90 ID:W4N0wLSC0.net
>>2
それピテカントロプスな




472: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:53:23.68 ID:/5gZUL6N0.net
>>71
完全にそれと間違えてたわwww

7: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:01:43.08 ID:uq/ZUNmf0.net
マンモー!




10: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:04:38.39 ID:O/YQeL0V0.net
>>7
マジかw
 

14: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:08:00.17 ID:DAb7ItM80.net
>>7
いやらしい

340: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:56:20.93 ID:66MbXmRZ0.net
>>7
ゴンゴンゴンゴン

9: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:04:35.69 ID:FbcGRmaW0.net
>「哺乳類は温血動物のため、代謝が大きく、摂取したエネルギーの多くを熱に変換するからかもしれません」

ん、恐竜だってそうだろ?

11: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:06:41.66 ID:kQsFrRaH0.net
>>9
変温動物

26: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:13:36.61 ID:2+iX1XWi0.net
>>9
変温動物なら体温の維持にエネルギーを使わないので
エサが同じサイズの恒温動物に比べて、かなり少なく済む
巨大な爬虫類なら、かなりの長期間の絶食にも耐えられる

84: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:48:29.96 ID:sNjusJXX0.net
>>11
>>26
最近じゃ恐竜も恒温動物だったなんて言われているけどな

87: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:50:33.53 ID:eP0oNPuV0.net
>>84
ティラノサウルスの絵がニワトリになっちゃってるしな
俺たちの知ってるティラノサウルスと違う…

114: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:21:14.41 ID:tpicAnFr0.net
>>87
先日見つかった琥珀に入ってる恐竜の尻尾に
羽生えてて話題になったな

琥珀の中から9900万年前の恐竜の尾が発見されたとする論文が、12月8日に科学誌『カレント・バイオロジー(Current Biology)』に掲載された。尾には、骨や軟部組織だけでなく、羽毛まで残っていたというから驚異的だ。

 恐竜が生息していた時代の羽毛が琥珀の中から発見されることはこれまでにもあり、羽毛の痕跡のある恐竜の化石も発見されたこともあるが、保存状態の良い羽毛が恐竜とはっきり関連づけられたのは今回が初めてだ。この発見により、恐竜の羽毛の進化とその構造についての理解が深まることが期待される。(参考記事:「恐竜から鳥へ 羽はどうやってできたのか?」)

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/120900476/




499: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:05:57.30 ID:BYtQCExC0.net
>>11
何いってんの?
恐竜は鳥の仲間だから結局のところ恒温動物だろ
鱗じゃなくて羽なんだよ羽根!

208: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:31:12.50 ID:F3vwTlyH0.net
>>26
恐竜が変温動物ならともかく
彼らの多くが羽毛を持っていたこともわかっているし
予想以上に活動的だったこともわかってきた
恒温動物と考えるのが妥当だろう

恐竜は巨大だとおもわれがちだが
実際は、現生哺乳類がそうであるように
巨大な種は一部だけで、ほとんどの種は小型だ。
大型な恐竜は絶滅が小型より、やはり早かったように思うがな

149: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:17:19.45 ID:GNNL6I4o0.net
>>9
https://www.google.co.jp/amp/www.afpbb.com/articles/amp/3063063?client=ms-android-sonymobile

変温と恒温の決着はついてない
てかそれらの中間説が出てきた
これが一番有力っぽい?

473: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:53:32.38 ID:GYQ4WgB90.net
>>9
爬虫類は自分で体温調節できないんやで
暑くなればやたら動いて食べる
んで寒くなれば何ヵ月も食べないし動かなくなる
奴らはそれでも平気
流石に氷河期を食べないで寝ながら乗り切る事はできなかったけどな

520: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:17:34.79 ID:MpNFU/cv0.net
>>473
恐竜は鳥類に近いというのが最近の学説。

525: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:21:12.35 ID:nvhj1ZL90.net
>>9に突っ込んでる情弱が多いな

530: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:26:20.23 ID:pZiMx48o0.net
>>525
恐竜は爬虫類では無く鳥類に繋がっていて
恒温動物で体表もウロコじゃなく羽毛に覆われていた
ってのが最近の主流の学説だよな

12: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:07:11.29 ID:Fu+mjs430.net




27: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:13:48.48 ID:7SdAKHKw0.net
>>12
それ、サイクロプスじゃね?

49: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:25:07.54 ID:ngKMT7c+0.net
>>27
ギガンテス

192: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:12:04.48 ID:l9ighFQb0.net
>>49
ギガンテスは緑だろう。
アトラスはオレンジだったけか。




15: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:08:22.81 ID:GsaRmfCm0.net
ちんこも大きかったのかな

185: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:54:30.94 ID:M0nF+HUp0.net
>>15
そりゃもうギガントペニクスだよ

16: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:10:10.98 ID:vvWVW/db0.net
長いな。とても平和的なやつらだったんだろう。
こいつらが絶滅しなかったら今でもギガントピテクス。

ギガントピテクスは、現在の中国南部にあたる熱帯雨林に600万〜900万年にわたって生息していたが、
今からおよそ10万年前、更新世の後期に絶滅した。
原因は、気候が変化したなかで、この類人猿の大きな体が仇になったらしいことが、新たな研究でわかった。

20: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:11:38.51 ID:Y3Md/Ljn0.net
これまでに発見されたギガントピテクスの化石は3個の下顎骨と歯のみ

23: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:11:54.40 ID:/JLgr2mq0.net
「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで認識されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の非哺乳類型の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる

25: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:13:34.37 ID:dRtoVPX/0.net
ギガントカナシス

28: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:15:36.38 ID:AqBwU2rBO.net
大男は早死にする(´・ω・`)

487: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:00:32.55 ID:uNp+vQon0.net
>>28
これは事実みたいだな
プロ野球選手とか、相撲とか、運動してると更に

29: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:15:49.15 ID:2+iX1XWi0.net
飢餓には実はネズミなどサイズの小さい動物の方が弱い
体表面積に対して体積が大きい方が熱を保ちやすく
体重あたりのエネルギー消費が少なくなるため餓死はしにくくなる

33: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:17:10.14 ID:Ky4kFw5o0.net
>>29
でも厳しい氷河期を生き残った小さなネズミが哺乳類の祖先でしょ

45: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:22:04.89 ID:2+iX1XWi0.net
>>33
氷河期以前に既に大型哺乳類はいた

102: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:08:14.09 ID:MhspZBXe0.net
>>33
30年前の説やないか

38: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:19:17.02 ID:uq/ZUNmf0.net
>>29
寒いところの哺乳類はデカいと言うのもそれかな

201: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:23:43.35 ID:9+kC81/B0.net
>>38
ごく単純な数学的問題。
・面積は長さの2乗に比例して増加
・体積は長さの3乗に比例して増加
よって、寒冷地における適応は巨大化
と出る訳で。

215: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:38:18.60 ID:F3vwTlyH0.net
>>201
それは必ずしも正しいとはいえないと思うが
熊は、もっとも寒冷な地のホッキョクグマが最大種で
もっとも温暖な地の熊は最小種だっていうが
一方で熱帯の種でもキリンのように大型な種もあれば
長鼻類も、アフリカゾウの方が寒冷地に適用したマンモスより大きかったのだしな

30: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:15:51.73 ID:b2XM2jcsO.net
化石が一つ見つかっただけで、いろんなことを断定的に「実は、だった。」みたいに発表していいのか?


今後、地球上のほとんどが破壊されて滅び、再び知的な生物が誕生した1億年後におとけ氏の化石が発見されたら、「1億年前の生物は手足がなかった!」って発表されるのか?

399: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:51:08.44 ID:RW2G1KT40.net
>>30
そうだよ
オタマジャクシと蛙の化石が発見されても別々の生物として発表される
ウサギの化石からはデカい耳は復元されない
マンボウの化石を見た未来人はマンボウは空を飛んでいたと判断する
カバの化石を見たら凶暴な肉食獣と結論付けて草食動物だと言った学者を笑う
ペンギンの化石を復元しても蟹股じゃなくて直立した足を持つ翼の短い鳥になる

407: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:55:25.85 ID:plgqQ5PC0.net
>>399
ティラノサウルスだって昔はゴジラみたいに、次は羽毛のない鳥みたいに、そして現在では羽毛のある鳥そっくりの生物として想像されてるんだし。

31: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:16:04.12 ID:dpargQxK0.net
生き残った奴が雪男だろ、知ってた。

260: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:21:48.67 ID:CJXWRiAP0.net
>>31
雪男のものとされる体毛のDNA鑑定結果では正体はシロクマだってさ。
本当の雪男がどうなのかは知らん。

35: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:18:40.83 ID:2+iX1XWi0.net
>クラウセット氏は実際、種は大きくなるほど絶滅率が高まることを発見した

大きい動物ほど寿命が長く一世代あたりのサイクルが長くなるので
進化を得られる可能性が低くなるので大きい動物は強く、完成はされているが
種としては絶滅の方向に向かっていると言うのは常識だったと思うけど

36: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:18:48.23 ID:pGbNiuCR0.net
恐竜もだが大きいと滅びる運命なんだよ

37: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:19:14.78 ID:r4UgDrUq0.net
恐竜は完全な恒温じゃないがまったくの変温動物でもないって話あったけど

39: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:19:50.51 ID:7IkJHwiR0.net
デカイと平時はいいが、気候変動すると一気にピンチになるよな。

44: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:21:48.08 ID:wa6ixFkc0.net
どうでもいいけど温血動物って言い方始めて聞いたわ
小学校の教科書にすら恒温動物としか書かれてなかった気がするが最近作られた言葉か

47: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:23:08.14 ID:uq/ZUNmf0.net
>>44
むしろ古い言い方かと

46: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:22:17.42 ID:3TZ2W+Nb0.net
恐竜の時代って7400万年も続いたのか…
その頃は暖かくて食い物も死ぬほど沢山あったから頭を良くする必要無かったんだろうなあ…
きっと天国だったんだろうな 

60: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:33:04.73 ID:CXNy7qFB0.net
>>46
人類だって暖かくて食料が豊富な地域では
永遠に頭使わず発展しないじゃん

51: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:27:53.12 ID:Wk/2WgN70.net
女に弱すぎて滅亡したんじゃないのか

52: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:28:09.58 ID:2+iX1XWi0.net
海洋生物を含めれば実は現代がもっとも
巨大動物が多い時代でもある
シロナガスクジラなんて地球史上最大の動物だから




70: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:37:57.75 ID:2s0oStlh0.net
>>52
シロナガスクジラってよく聞くけど全く見る機会がない。
本当にいるだろうか?

53: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:28:24.25 ID:YietdiZ50.net
やっぱり昔は巨人がいたんだって
巨人っても3メートル以上くらいの

196: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:18:22.65 ID:Rn2mjLrv0.net
>>53
それでも、十分巨人だわ。

頭丸かじりされるぞ

55: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:29:33.32 ID:a1UpzhQd0.net
2m以上のデカイ連中ってそいつらの生き残りじゃないの?

66: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:36:27.95 ID:1fwsA/+40.net
恐竜と良い、大型の生物は環境の変化に弱いんだろうな
ゴキブリはいつまでも生き残ってるし

68: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:36:46.07 ID:VPJlB6QP0.net
高身長ほどガンになりやすいというしな

79: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:46:05.99 ID:3Ufo95w80.net
>哺乳類は温血動物のため、代謝が大きく、摂取したエネルギーの多くを熱に変換するからかもしれません
体が大きいほど熱が変動しにくくなるので体温を保つエネルギーは少なくて済む
はい論破

143: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:06:08.15 ID:z/lmwHeL0.net
>>79
お前同じ体重の恐竜より食わんの?

80: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:46:53.99 ID:hYgtAwvT0.net
俺も19cmあるのでデカイ方だと思うけど。

81: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:47:02.32 ID:/u21/2SB0.net
小さくても滅び率は変わらない気がするんだが

88: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:52:20.67 ID:tBWdnyeBO.net
重力とか 心臓 地球の酸素の影響があるからだろうな

89: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:53:00.62 ID:tf0ow/rF0.net
マンモスは絶滅したけど、象は?
海中の鯨は?
いずれもデカいけど?

97: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:01:16.35 ID:Lj94S1rb0.net
>>89
自由研究のテーマにすればいいじゃん
マンモスとインド象の絶滅か生存の境界線はどこだったのか?

人間なんてニホンザルから比べればでかいのに現時点では生存してるでしょ?

90: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:54:24.39 ID:yO7xJE7X0.net
そもそも人のジャンルでいいのか?
ただの猿だったんじゃねーの

92: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 04:55:08.75 ID:JYXN8J570.net
熊と戦えそうだな

103: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:08:47.61 ID:+n6fGfFG0.net
このサイズで非力で骨折しまくりとかだったら悲惨だな

106: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:09:46.97 ID:e/GvquR10.net
歯とあごの骨しか見つかってない
3m 500圓覆鵑道がでかいから推定値として発表されてるだけ
ゴリラくらいしかないかもしれないとも言われてる
メガロドンと同じだよ

107: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:09:53.16 ID:RDvmgv800.net
さすがに大きすぎw
どうせなんかの化石と混ざってるんだろ

109: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:16:25.19 ID:uZ3JNSqb0.net
> ギガントピテクスやオオナマケモノのような巨大動物が、現在の地球上に存在しないのはそのためだ。

ゾウは?キリンは?

115: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:23:53.47 ID:e/GvquR10.net
>>109
次の行を読めや

133: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:58:24.86 ID:uZ3JNSqb0.net
>>115
>すべての動物種には、それぞれに見合った大きさの限界がある。

これだろ?
それぞれに見合った大きさの限界なんてその時代に存在するやつしか判断基準にならんだろ
キリンなんて人間から見ても、動物の世界でも異常な大きさだぞ
オカピというキリンの仲間がいるが、あっちが生き残ってたならわかるが
なぜ巨大なキリンは存在してるんだ?

ちなみにオカピの方が絶滅しかけていてやばいんだがな

147: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:13:38.55 ID:obuOZFva0.net
>>133

最近、2ちゃんにもあったけど

キリンがいなくなる? IUCNが絶滅危惧種リストに

国際自然保護連合(IUCN)は8日、キリンが絶滅する恐れがあるとして、絶滅危惧種を掲載した「レッドリスト」に加えた。 陸上動物で最も背の高いキリンの生息数は1985年の15万5000頭から2015年には9万7000頭まで減少したという。 生息地域の縮小や密猟、アフリカ諸国で相次ぐ内乱が数の減少の背景にある。

http://www.bbc.com/japanese/38246183

113: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:20:44.64 ID:IWzzgPMM0.net
たかだか100万年も持ちこたえないのに人類がこれからも生きられると思うのは無理ゲー
人工的に進化して異形の神々にならないとこの先生きのこれない

117: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:27:02.89 ID:61qMXAnD0.net
巨大生物が滅んだのは地球の重力が強くなったせいなのかな

121: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:35:49.33 ID:3m3QnhvP0.net
えっ
ワイは身長195cmあるけど?
絶滅してないで

122: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:41:03.37 ID:tGwGSRs/0.net
人間より長い歴史じゃん

124: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:43:31.14 ID:OqBps1Ow0.net
>>122
それだけ長い歴史があったのに文明の痕跡を残せてないのは
所詮ただの猿だったって事だなあ

132: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 05:57:57.59 ID:2gWVYEX70.net
駆逐されたんだよ

136: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:00:17.11 ID:FEF6eQsM0.net
もしも二足歩行だったら、ひざが壊れるんじゃないの。500kg

141: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:04:47.64 ID:0HX9lwGR0.net
3メートルで500キロってデブ過ぎるだろ

150: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:18:35.67 ID:HHuLUCXH0.net
>>141
現代人が1.7mで70kgとして3mだったら身長で1.76倍、これを3乗すると
5.5倍くらいだから体重に掛けると385kgになる。
まあデブってほどでもないよw

160: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:26:05.95 ID:obuOZFva0.net
>>150

横だが
BMI 55.6だってよw

188: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:58:42.01 ID:OqBps1Ow0.net
>>150
ゴリラ体形なら人間と同じぐらいの身長でも150キロオーバーするしな
人間よりはがっしりしてるけどゴリラよりはスマートなシルエットっぽいわ

155: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:23:02.62 ID:24GRvCSR0.net
>>141
ゴリラが180cmで180坩未蕕靴いらな
別にデブまでいかないだろ

159: 三河農士 ◆R2srkOAYfTmd 2016/12/25(日) 06:25:58.42 ID:JXqFz1w80.net
>>155
ゴリラはめちゃくちゃマッチョだしなあ。

145: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:11:06.28 ID:ebnq3s9M0.net
人間全部ジャイアント馬場さんのようになったらノンビリと暮らしやすくなる

152: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:21:18.84 ID:sYLXeKpl0.net
こっから人類に進化する可能性あったの?
類人猿て大きさも種類もいっぱいいるのに人間て個体差それほどないしつまんねーな

154: 三河農士 ◆R2srkOAYfTmd 2016/12/25(日) 06:22:37.95 ID:JXqFz1w80.net
石器を覚えたホモサピエンス(現人類)の集団戦法で狩られて絶滅したんじゃないのか。
氷河期で食糧が不足する中、競合する別の種族との縄張り争いに負け、食糧の乏しい地域に追いやられると
大食漢の巨人は滅びるってことなのでは。

465: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:46:53.61 ID:nkKBvBMa0.net
>>154
アウストラロピテクスが生まれてない時代に滅んだみたいだけど

467: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:49:37.29 ID:JqnK9x1i0.net
>>465
10万年前に滅んだって書いてある。
ホモサピエンスがゴリやチンパンと分化する前から居た。

469: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:51:24.38 ID:nkKBvBMa0.net
>>467
上では600万〜900万年前ってなってるが10万年前までいたの?

476: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:54:11.27 ID:JqnK9x1i0.net
>>469
だから、600万年から最長900万年前の間に生まれて、10万年前に滅んだという事だろ?

484: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:59:35.76 ID:nkKBvBMa0.net
>>476
書いてあったごめんって言ったじゃないか

157: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:23:43.61 ID:VKfKivS/0.net
俺らも、より小さい人類が出現してたら危なかったのかな

162: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:27:29.24 ID:FEF6eQsM0.net
>>157 インドネシアに1mしかない程度の、別の人類種がいたそうだ。
数千年前くらいまでは存在したが、絶滅なんだとか。
化石などの証拠が一応出てるみたい。

170: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:34:02.14 ID:VKfKivS/0.net
>>162
そうなんですか。数千年なら、長い人類史からすると
比較的最近と言えなくもない……

もう少し文明が進んで、繁殖力、組織力と飛び道具(毒矢とか)を
駆使されると、もしかして、もしかしたかもしれないですね。

223: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:43:06.11 ID:X4vTHQkz0.net
>>162 >>170
ホモ・フローレシエンシスのことだと思うけど彼らが生きていたのは5万年前だよ。
当初1万2000年前くらいまでとの説が唱えられたことがあったから、その記憶違いだろ。

326: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:37:06.69 ID:Et+IR7LB0.net
>>223
インドネシアならトバ火山噴火で絶滅したんかな

199: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:21:14.72 ID:yaVA3Q010.net
>>157
古代エジプトの壁画に周辺がジャングルでキリンが歩いてるとかいうのがあったような

163: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:28:04.56 ID:GUFGsEYb0.net
ウイルスで死んだんじゃないの

168: 三河農士 ◆R2srkOAYfTmd 2016/12/25(日) 06:32:27.51 ID:JXqFz1w80.net
ギガントピテクスより少し小さくはあるが、ゴリアテの伝説なんかもこういう種族だったのかな。

169: papa 2016/12/25(日) 06:32:34.46 ID:sDDbPSQR0.net
年を経るごとに女房が巨大化していくのは先祖返りなのか……w

189: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:59:45.78 ID:0vg4FInpO.net
>>169
奥さんがいつまでもきれいで魅力的だと子作りが止められずすごい子沢山になっちゃうだろ?
人口抑制のため巨大化してるのです。

171: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:34:19.62 ID:0o+rDACp0.net
ギガント君なら近所に住んどるよ
さっきまで変な赤い格好して暴れてたし
酒入るとテンション段違いなんだよね

173: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:37:26.27 ID:OBWckDC+0.net
太古の地球は小さかった今の地球サイズだと重力の影響で恐竜なんか重くて動けないらしい大昔いきなり地球が膨らみ膨張して一つだった大陸も割れて散らばり今の地球サイズになったとか

187: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:56:54.55 ID:RoLNRR5r0.net
>>173
太古っつっても46億年中、恐竜はせいぜい2〜3億年前だからなぁ。
そんなに変わってねーだろ。

190: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:00:50.61 ID:sPT3ncGE0.net
>>173
膨張して大きくなったなら重力は今のほうが小さいはずだぞ

224: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:43:08.79 ID:Qfk6SWQc0.net
>>173
月がいっぱいあったから、重力が小さかったんだよ。

186: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 06:54:56.47 ID:Zc22mhdE0.net
進撃の巨人はこの頃の話だったのか




194: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:17:41.89 ID:IiqI8bfe0.net
>化石から、身長は3m、体重は500kgほどだったとされる。

ゴリラのバケモノみたいなサイズだな。
現生マウンテンゴリラは170cmくらいで200kgくらいの、筋肉ダルマ。
でも絶滅に瀕しているから、自然環境でのサバイバルは本当に過酷だなぁ…

206: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:27:30.02 ID:yaVA3Q010.net
>>194
現代絶滅危機のやつは大体人間が関与してるので他時代と同列には言えない

209: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:31:43.56 ID:IiqI8bfe0.net
>>206
10万年前くらいだったら、ホモ・サピエンスも同時期に居たろ?
十八番の集団で狩ってって感じで、3mのゴリラも絶滅させちゃったのかもなぁw

204: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:25:04.23 ID:PWL1Rd8e0.net
相対したら、こんな感じ?




214: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:37:01.54 ID:IiqI8bfe0.net
>>204
そこまでのサイズ差は無いw
3m、500kgはアラスカのヒグマくらいの感じじゃないか?
ホモサピがワンパン喰らったら、首が飛ぶだろうけれども。

205: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:27:28.59 ID:MLngx0BP0.net
人間に滅ぼされたんじゃないのか?
神話だとギガース族と戦ったんだろ?

211: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:34:50.18 ID:F3vwTlyH0.net
>>205
ギガントピテクスの種名は、ギリシャ神話の巨人族にちなんで命名されただけで
別にギリシャ神話の巨人族のことではないよ
これらの巨大種を、絶滅した巨人族であったと主張した学者もいたそうだが
現在では、これらの種は巨大な類人猿で、人類とは系譜が別れていると考えられている

210: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:32:22.88 ID:fYHt8A2tO.net
先進国ってだいたい少子化だよね?
で先進国からいろいろ助けてもらっている国が人口爆発。

将来は先進国なんてなくなり全て途上国みたいになるのかな。

213: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:36:36.69 ID:qhWUeFdh0.net
大きいということは成長に時間がかかり世代交代のスパンが長いから環境変化についていけない
ただ、環境変化が少なければ大きいことは有利に働く

鯨やゾウは絶滅することが運命づけられてる
人間も体はそれほど大きくはないが頭脳が巨大化してるからいずれ絶滅する

220: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:41:20.77 ID:F3vwTlyH0.net
>>213
巨大な種は、食料が多く必要になり。
環境変化に弱い。
人類のように、大型の種でありながら
寒帯から熱帯まで暮らしているのが非常に稀有なくらいだな

>人間も体はそれほど大きくはないが頭脳が巨大化してるからいずれ絶滅する

ほとんどの種より人類の方が大型だ。
人類くらい大型の種がこれほど数が増えているのが異常なことなんだ

219: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:40:32.03 ID:5J0/Ws7g0.net
まだ生き残ってるだろ
チベットのイエティ

221: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:42:44.46 ID:F3vwTlyH0.net
>>219
イエティの正体として、このような巨大猿を主張する人もいたな、
より小型な種ならともかく、これだけ大型の種がいまだに人類に発見されないってのは
もうありえないだろう

225: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:45:25.73 ID:IiqI8bfe0.net
>>221
だなあ。ロマンが無いけれど、陸上で人間より大きな新種が発見される事は無いだろうな。
人類と生息域がかぶらない、深海くらいだわな。新種発見は。

226: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:47:46.87 ID:F3vwTlyH0.net
>>225
そうだね、海の底なら、確かに未発見の大型の種が発見されるかもね
それこそヒトガタみたいなのが、出てくるかも

227: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:48:51.62 ID:zeTnlH/t0.net
柔道篠原とかチェホンマンみたいなのが交配した遺伝子なんじゃね

228: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:48:56.24 ID:EH3a/o0h0.net
人っていうかゴリラの先祖みたいな風貌やん

245: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:05:20.16 ID:IiqI8bfe0.net
>>228
ゴリラも多種多様の可能性を模索していたんだろうな。
この星で生きて行く為の可能性として。

結局マウンテンゴリラの系譜しか残らなかったが。筋肉ダルマ系は。
密林じゃオラウータンくらいか、巨大獣系は。

232: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:51:12.29 ID:qVn4Sd7o0.net
本当にいたのかすらいまいち微妙なのに

236: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:56:29.29 ID:9qUlMRvy0.net
まだ存していたかどうかもわからんのでしょう?

237: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 07:58:35.59 ID:qBeZCSKg0.net
昔の地球は重力が低かったって話もあるね

244: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:04:16.21 ID:41yQ5AKB0.net
昔の地球は酸素濃度が濃いから巨大生物が云々

海に帰ったんじゃないかな?
ニンゲンとしてさらなる進化を

247: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:06:54.93 ID:eyPkidNc0.net
もし生きてたら人類と地球の取り合いをやってるな

250: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:11:05.86 ID:5PAY0oiY0.net
>>1
人類の中では小さい種なのに、少子化して絶滅に向かっている日本人はどう説明するんだ?

253: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:16:09.10 ID:IiqI8bfe0.net
>>250
サイズ関係なしに、快適・快楽主義のエピュキリアン系が絶滅するだけの事かなw
子孫残すより、脳の快楽に従順。

281: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:40:13.39 ID:laFf3D0t0.net
>>250
本能ではなく脳みそで恋愛するようになったからだろうね
あと、子孫を残すのはその個体の安全装置(老化や体が不自由になっても生きていくため)
的な働きもあったけど、今じゃ金さえあれば子孫や配偶者に面倒を見てもらう必要もない
自分1人で自由を謳歌して、あとは社会におまかせってな風潮が蔓延してる

258: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:20:49.13 ID:gQ+ymoV/0.net
まぁ霊長類に限らず太古にはバカみてーにでかい哺乳類ゴロゴロしてたもんな
でもジャイアントモアとかオオナマケモノとか結構最近まで生きてたらしいな

264: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:25:07.93 ID:OGWi9voT0.net
3M超えの哺乳類は基本四足歩行の生物しかいないの見ると
食糧事情関係なしに重力下での二足歩行生物は今の人間サイズが
限界なんかね

宇宙ステーションで乳幼児から育てれば3M人間できるんじゃね

266: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:25:13.96 ID:mz+aaNBs0.net
>>1
>ギガントピテクスやオオナマケモノのような巨大動物が、
>現在の地球上に存在しないのはそのためだ。

は?
ギガントピテクスはたいしてデカくないし、




オオナマケモノはアフリカゾウと同じぐらいだし、




パラケラテリウムの方が圧倒的にデカイんだが?




268: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:25:45.84 ID:wOQTvew30.net
300万年続いたらそこそこ頑張った方じゃないの?

269: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:26:42.55 ID:Y1uhzI2Y0.net
環境が変わらんうちはデカイのは有利だったりするんだけどね
今でもアフリカ像が天敵無しなように

276: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:35:24.91 ID:X0FGy5Kc0.net
190ぐらいあるやつは165ぐらいのやつの倍は食うからな
3メートルだったら10倍以上は楽に行くんだろうな

279: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:39:46.15 ID:1uFRFCia0.net
女の方が長生きなのも男より体が小さいからか

280: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:39:58.62 ID:Y1uhzI2Y0.net
アゴの骨しか見つかってないからな
口だけデカい猿かもしれんし

サメのパターンみたく




287: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:52:16.41 ID:pYTKGD2a0.net
類人猿要するに猿の一種だな
人間の心臓で3m以上は脳に血液が送れないから
猿だと四足歩行だから可能

288: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 08:57:52.52 ID:T+bKeB2x0.net
3mで500Kgって、同じ割り合いで言うと身長150cmで250Kgだよね。太り過ぎだろ

291: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:03:33.53 ID:qwjrRh4m0.net
>>288
お前は一次元世界の住人か
同じ割り合いで言うなら身長150cmで62.5kgだろ

293: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:06:55.92 ID:XLGFFbQfO.net
同じ体型のまま身長が倍になったら高さが倍、横幅も倍、体の厚みも倍になって2×2×2の体重は8倍になるらしいな
だから例えば17060圓療曚世辰燭340480圓砲覆襪ら自重を支えるの大変だな

304: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:18:19.75 ID:pn7AQh+Q0.net
>>293
1行目が出てくるのに、どうしてその結論に至るのか。
17060圓療曚自重を支えるのに何の苦労もしていないのと同じように
340480圓離皀里睇當未鵬瓩瓦靴討い襪隼廚い泙垢
足の裏の面積や足の骨格・筋肉も同じ比率で大きくなっていますからね

306: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:21:25.61 ID:qwjrRh4m0.net
>>304
骨格の強度が3乗されずそのままなら立つことすらできないけどな

314: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:28:11.61 ID:mj9c/cDs0.net
>>304
いや、自重を支えるための足の裏の面積は身長の二乗に比例だが
体重は三乗比例だとするなら、同体型を拡大しただけなら接地面積
当たりの負荷重量は増加する。同じ理屈で骨の断面積当たりの負荷も
増える。
だからゾウなんかはああいうズングリ体型で足が太い。

374: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:29:02.49 ID:TtkTnle10.net
>>314
二乗三則なんちゃらの法則ね
それでガンダムも不可能といわれてるよね

412: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:00:02.22 ID:mz+aaNBs0.net
>>374
ガンダムは可能だけど、中の人が激しく揺さぶられて死んじゃう。

417: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:01:21.39 ID:cMVYpPZb0.net
>>412
骨を、炭素繊維で作れば、問題なくなる

425: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:13:14.07 ID:MAWffixZ0.net
>>314
筋力も筋肉も断面積に比例するから2倍サイズだと
2倍の筋力で8倍の体重支えなくちゃならんと
よく言われてるけど実際どうなんだろうね?

430: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:16:31.29 ID:uXVIujlf0.net
>>425
それで骨も筋肉も増えると更に重くなってしまうというスパイラルになってしまうんだよな

431: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:17:25.67 ID:RW2G1KT40.net
>>425
同じ猫科の猫とライオンを比較すると、猫をライオンのサイズまででかくしたら実際のライオンよりも体重重くなるんだよな
同じサイズまで拡大したらライオンの方が猫より軽い
なので巨大になればなるほど2乗3乗の法則は当てにならない
生まれたばかりの赤ん坊を大人のサイズまで拡大しても計算通りの体重にはならんよ

299: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:12:01.12 ID:6W78ICDs0.net




むっちゃビビってるww

303: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:18:16.02 ID:AYxwrQTp0.net
今の人間もいずれ絶滅するんだろうな

310: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:26:57.44 ID:wO/6RX7UO.net
>>303
今の人類が文明を保持できるのが、後5千年程度。人類が生存できるのが3万年から5万年
ホモサピエンスは多産故に滅びる希な大型哺乳類になるだろう

308: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:22:43.39 ID:/HYhIzhl0.net
今の人類より長く続いたんじゃない
人類300万年はもたないよ

320: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:31:35.53 ID:psVMbzvy0.net
一時的にハルクみたいにギガントピテクス変身できたら
ボクシング、柔道、アメリカンフットボールなんかで
スパースターになれそう。

338: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:50:29.99 ID:/d/FRkjk0.net
ギガントピテクスって下顎と歯しか見つかってないから身長と体重は想像でしかない。
顎と口が異様にでかいだけのサルでしかないかもしれない。だとでかいから絶滅したとは限らない。

339: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:52:56.79 ID:kqJijlIs0.net
>>338
下顎と歯しかない生物かもしれないぞ

349: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:06:50.52 ID:d1UmR60J0.net
食い物が減ってきたら力の強い大きい奴が独り占めしそうだが

351: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:08:46.50 ID:pDLisfuG0.net
>>349
数の暴力には勝てないし そもそも維持すべき自己が負担になればあっさり絶滅するだろ そりゃw
効率の悪い生き物は淘汰されるのが必然なんだよ

350: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:08:02.80 ID:d1UmR60J0.net
強力な捕食者が現れたんじゃないかな

353: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:09:16.11 ID:kDoAIL8R0.net
チビ男のワイ。長生きはできても子孫は残せないもよう。

357: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:13:02.34 ID:/XlsSr510.net
現生人類も大きすぎるだろ
消費しすぎだよ

そろそろ74億人だし
1800年10億、1900年20億

しかもツナチク爆食だし
東南アジアも、アフリカも、人口も、欲望も、爆発中

382: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:33:52.71 ID:Ea8Y+mj00.net
>>357
まあ人類も地球が生み出した天然自然のものに違いは無いよ

365: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:21:12.47 ID:6VQIeeKM0.net
なぜ絶滅したことにする?
環境の変化によって、体格が徐々に縮小して現在の人間になった。
そのほうが自然だろ
大陸人の体の大きさはギガントピテクスが祖先だからだろ

369: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:26:32.48 ID:94TUS/lj0.net
>>365
類人猿は人間の祖先なんかじゃない

人間は始めから人間だった

366: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:21:18.87 ID:+V7hlmdj0.net
でもでかいやつほど小さいものを食ってる可能性あるじゃん。

ギガントピテクスも実はシロアリ専門の食事してたかも。
舌が残ってないんでなんともいえんが。

392: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:49:42.39 ID:yDI5PMQB0.net
900万年生息したってことは、様々な気候変動を乗り越えたわけだ
人類なんてまだたった20万年そこそこだろ

それがたった10万年まえに絶滅した
それって、人類が絶滅に追いやったのではないの?

404: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:53:57.56 ID:GhE5Rgfk0.net
ネズミ1「体が大きいと絶滅しやすいんやて」
ネズミ2「マジかい!?」




408: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 10:56:16.72 ID:cMVYpPZb0.net
>>404
ねずみ3「3メートルまで大丈夫や」

427: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:13:39.57 ID:4l6/pFJN0.net
巨人伝説ってあちこちにあるもんな
やっぱり神話って古代の記憶を伝えてるんだな

439: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:22:23.27 ID:BFZE4x4M0.net
300万年も生きてて農耕出来なかったんか

444: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:26:01.54 ID:w29uYGfh0.net
この手の大型生物は食い物がなくなって絶滅するとかゆう話をよく聞くんだが
食い物がなくなったらそれなりに数が減るとかでは駄目なの?
なんで食物連鎖の上位の種が全部死ななきゃならんのか不思議

448: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:30:39.35 ID:JqnK9x1i0.net
>>444
個体数がある限界を下回ると、種が自滅するんじゃなかった?

458: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:38:58.28 ID:M5v6s+Ng0.net
確かに、100m級の人間がいたら食べ物の量とか半端ないわな

463: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:45:07.01 ID:JqnK9x1i0.net
こんなにデカかったら木に登れないだろ。

468: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:51:03.39 ID:T8UhGJHn0.net
人間的なイメージすると多分間違ってるよな

492: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:02:50.18 ID:76QUtqc60.net
これが実は生き残りだったというわけか。









懐かしいなw

501: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:07:23.86 ID:Mw6dswtB0.net
てか今の小学校じゃ恐竜は爬虫類とは教えてないのか・・・それのがショック

513: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:14:07.58 ID:tzwB1nGF0.net
300万年も繁栄して、10万年前まで生き延びてたのだから、充分勝ち組だろ。
現世人類なんてまだ5万年足らずの新参もので、あと1000年持つかも怪しい雑魚。

514: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:14:09.89 ID:z1CJQBb90.net
巨人とかは割りと最近までいたと思うぞ

コロンブスが世界中うろちょろしだした頃より前は一部にそういうのが生き残ってても全然おかしくない

縄文時代に生き残っててもそこまで驚くことじゃないだろ、そして伝承に残り消えていったんだ

528: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 12:23:33.47 ID:u1ngnq500.net
ゾウ、キリン、クジラ、ジンベイザメなど、恐竜時代に匹敵するかむしろ今の動物の方が
でかいんだよな。

432: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:18:37.68 ID:NQJnxNO00.net
300万年もの間生息していたなら成功だ

455: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 11:37:35.02 ID:VpI0CAxhO.net
ホモ・サピエンスはまだ40万年も生きてないぞ
こいつらの方が繁栄しとるがな

305: 名無しさん@1周年 2016/12/25(日) 09:21:06.37 ID:glAZ88Bg0.net
たぶん進化の過程で、ちょうど良い大きさが今の生物ってことだろうな。



 【イチオシ】「美少女×ゾンビ」の斬新なアドベンチャーRPG


おすすめ 

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482605938/