1: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)14:33:26 ID:UEG 
性癖捻じ曲がりすぎだろ

九相図(くそうず、九想図)とは、屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画である。

名前の通り、死体の変遷を九の場面にわけて描くもので、死後まもないものに始まり、次第に腐っていき血や肉と化し、獣や鳥に食い荒らされ、九つ目にはばらばらの白骨ないし埋葬された様子が描かれる。九つの死体図の前に、生前の姿を加えて十の場面を描くものもある。九相図の場面は作品ごとに異なり、九相観を説いている経典でも一定ではない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E7%9B%B8%E5%9B%B3



24: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)14:55:39 ID:0ZJ
実際、死体を見続けるちゅう修業があったんや
まあ、それではあまりに不衛生ちゅうんでこういうもんができたわけやが
仏教に帰依して自分の死体を辻に捨てさせた皇后もいたちゅうことよ

26: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)14:56:09 ID:xPO
ちょっと饑饉でもあればいくらでも転がってた気がしないでもないけどな
残雪かと思ったら白骨やったとか逸話あるくらいやし

90: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:21:35 ID:FzL
性癖じゃなくて煩悩を滅却するためのものやぞ?






33: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)14:59:17 ID:0ZJ
チベット仏教じゃ鳥葬で鳥が食いやすいように死体をばらす
それを出家したばかりの小僧に見学さすそうやが、源流はそこらにあるんやろ

41: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:02:59 ID:61x
鳥葬は今も現役なんやっけ

126: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:33:54 ID:O4G
チベットの鳥葬は別に禁止されてないよ
2015年に西藏自治区天葬管理条例って言う保護管理する条例が出来たから
それが伝言ゲームで話変わってるんちゃう?
鳥葬見たがったり野次馬根性の観光客増えたから出来た条例

141: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:38:04 ID:EOs
>>126
2015年にこの法が必要だったてことはそれ頃は鳥葬の観光が行われてたってことよな

144: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:40:45 ID:6vb
>>126
ナショナルジオグラフィックも鳥葬が観光対象になっとるって動画つくっとるな

https://youtu.be/BreEms4m_6U

194: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:54:19 ID:DVl
仏僧は基本的に男性であるため
九相図に描かれる死体は、彼らの煩悩の対象となる女性(特に美女)であった。
題材として用いられた人物には檀林皇后や小野小町がいる。檀林皇后は信心深く、実際に自身の遺体を放置させ九相図を描かせたといわれる

これって死者に対する冒涜にならんか?

198: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:54:38 ID:VVm
>>194
ヒェッ…

203: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)15:55:32 ID:zHr
ドグラマグラにこんなん出てきたな

269: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:10:41 ID:04o
結局九相図って医学的なあれなん?

275: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:11:42 ID:lVE
>>269
仏教画でしょ

272: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:11:32 ID:C11
>>269
奈良時代の宗教学と医学はほぼ同義やで

307: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:16:57 ID:O4G
>>272
九相図は鎌倉以降がほとんどじゃないかな
江戸時代が一番多い

299: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:15:53 ID:P4D
インタビュー:親鸞仏教センター
http://www.shinran-bc.higashihonganji.or.jp/report/report12_bn08.html

>単純に考えると、男性出家者である僧侶、それをバックアップする男性貴族、あるいは武家などの男性権力者、彼らが現世における煩悩を滅却するために女性の死体でなくてはならなかったという理由が考えられます。ただし、中世の仏教説話を読んでいくと、必ずしも女性の死体のイメージというものが、男性に対してだけメッセージを発信しているわけではないことがわかります。説話のなかでは、女性に対しても、罪障の身である自分自身の存在の危うさを自覚し、その上で発心することで、他者をも導くこともできるという女性教化の側面が語られています。


たしかに女しか描かれてないなと思ったがこういう考えもあるんやな

319: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:18:23 ID:YDC
仏教に昔からある不浄観に基づく修行の一つやのに
レスバする要素ある?

351: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:29:41 ID:04o
もう性癖スレへの軌道修正は無理そうやね(ガッカリ)
ほな・・・

364: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:41:17 ID:aCt
有名な九相図はほとんど江戸時代だし
ある程度余裕できたんで仏教観をダシに絵師が新たな表現に挑戦した面もありそうやね

369: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:43:44 ID:rtj
>>364
これはあるかもな
たしか江戸時代にグロが流行って規制された時期あったし

373: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:46:10 ID:P4D
>>364
河鍋暁斎とかはそうかもね

375: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:46:41 ID:Lra
諸行無常を教えるためじゃね

376: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:49:32 ID:P4D
男には性と肉体の不浄を教え女には罪深い身なればこそ人を救えると説く
世俗向けの宗教画としてよくできてるわ

383: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:55:36 ID:eax
医療という概念や
解剖学という概念がない時代の
医学的行為を含む自然科学的研究という名の好奇心

385: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)16:55:56 ID:P4D
てか九相図を描かせたパトロンって大体公家か有力寺社だから文芸的価値のほうがでかいんちゃう

389: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:01:16 ID:sI0
昔の日本って鳥葬やったんか?

392: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:04:26 ID:P4D
>>389
化野、鳥辺野、帷子ノ辻は京都の三大風葬地やで
そもそも火葬が庶民に広まったのは明治から

403: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:13:52 ID:6vb
>>392
江戸時代の全国の火葬率は2割程度って推測されとるみたいやな
あと、昔は火葬は高コストやったとも

http://hikari-ending.com/blog/2017/05/04/%E8%BF%91%E4%B8%96%E3%83%BB%E8%BF%91%E4%BB%A3%E3%81%AE%E7%81%AB%E8%91%AC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2/

411: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:19:13 ID:P4D
>>403
今みたいにガスや電気がある訳じゃないからな
仏教渡来したばかりの奈良〜平安時代で火葬されるのは皇族や高僧だったし

393: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:04:32 ID:6vb
>>389
昔は基本は土葬やで
火葬は仏教が入ってからやし、
仏教が入って以降も、土葬の方が多かった時期が長かったで
昭和くらいまでは一部地方ではまだそこそこ見られてて、
平成以降は99%くらい火葬になっとるはずや

417: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:23:43 ID:vDm
なんでそんな事するんや

419: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:24:33 ID:Xpf
>>417
エッチな気持ちをしずめるため

422: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:25:17 ID:FYq
人間の体はこうなってまうんや諸行無常やで

じゃないんか・・・

448: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:33:13 ID:lVE
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 角川選書
山本聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。

こま?

458: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:36:51 ID:KdY
>>448
九相図って伝来物なんか

455: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:35:53 ID:P4D
九相図以外にも大江定基の説話とかあるし不浄観自体は色々な媒体で説かれてるな

477: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:46:28 ID:UEG 
いわゆる九相図とは、死体が腐敗し白骨となるまでのプロセスを九つの相で表わす、東洋的な絵画である。
これについて、山本聡美は『九相図をよむ』(角川選書)の「序」に、「死体の変化を九段階に分けて観想(いわばイメージトレーニング)することによって自他の肉体への執着を滅却する、九相観(九想観)という仏教の修行に由来する」ものだと説いている。


らしいぞ(赤坂憲雄/歴史と民俗のあいだ(第8回)
https://www.iwanami.co.jp/files/web_serials/akasaka/DOCs/08.pdf

491: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)18:06:26 ID:P4D
手頃な九相図関係の本なら山本聡美の「闇の日本美術」がええんちゃう、第一人者やし
餓鬼草紙や病草紙なんかも載ってるけど仏教的な死生観を知るにはええと思う

485: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:54:20 ID:DDj
呪術で出てきた九相図ってなんか元ネタあるんやろか思ったらこんな絵なんやねえ
なるほの

416: 名無しさん@おーぷん 21/03/07(日)17:23:22 ID:Xpf
諸行無常やなぁ






おすすめ

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615095206/